自毛植毛を受けるタイミングはいつ?

自毛植毛の種類やメリット・デメリットについてまとめてみました!

 

薄毛対策にはいろんな方法がある。シャンプーなどのヘアケア製品を頭皮に優しいものに変えることから、育毛剤・養毛剤の使用、そしてAGA治療から増毛・植毛まで、どんな方法で薄毛対策を行うかは、本人の考え方次第。ちょっと抜け毛が増えたかな、という程度であれば、育毛剤や養毛剤から始めてみるのが基本だが、薄毛がどんどん進行していくと、育毛剤以外のオプションも考慮に入れていくことになる。

 

AGAクリニックで遺伝子検査を受けたり、AGA治療薬を服用することを選ぶ人も多いが、なんらかの理由によりフィナステリドやミノキシジルといった薬を使えない場合、増毛や植毛といった選択肢を選ぶ道もある。

 

増毛や植毛は費用がかなりかかりそうだが、でもいったん施術を受けてしまったら、それで薄毛の問題がすっきり解決できそうだ。ということで、今回のテーマは自毛植毛。自毛植毛についてぜひ知っておきたいポイントをまとめてみました!

 

自毛植毛という選択肢もあるよ

 

自毛植毛というのは、髪がたっぷり残っている後頭部や側頭部の髪の毛を薄い部分に移植するという方法。自分の髪の毛を移植するワケだから、無事に定着したらごく自然に髪が増えたように見えるので、周囲の人にバレるおそれもない。頭にメスを入れて切るのが怖いが、自毛植毛にはメスで切らない方法もある。まずは自毛植毛の方法について詳しくみてみよう!

 

FUT法とはどんな方法?FUT法のメリット・デメリットとは?

 

自毛植毛の方法の代表がこの二つ、FUT法とFUE法と呼ばれている施術法だ。どちらも似たような名称だが、この二つの手法はまったく異なる。現在主流なのはFUT法。日本だけでなく、世界的にも自毛植毛というとこのFUT法が標準となっている。この方法では後頭部の頭皮を細長く切り取り、ここから毛包ごとに移植株を作り、脱毛部分に移植する。

 

FUT法のメリットは一気にたくさんのドナー(移植するための自毛)を採取できること。切り取ったドナーをグラフトと呼ばれる単位に株分けし、これを薄い部分にバランスを考えながら植えつけていく。一度に広い面積に植毛できることがいちばんのメリット。

 

また帯状に取り出すので、ドナーの切断率が低く、植毛の定着率が高いこともメリットとして挙げられている。反対にデメリットは何かというと、メスを入れて切り取るので、後頭部に直線状の傷跡が出来ること。FUT法は費用的にもお得。FUE法の約半額程度で済むことから、自毛植毛の基本形はこのFUT法となっている。

 

FUE法とはどんな方法?FUE法のメリット・デメリットとは?

 

FUE法とはメスで切り取るのではなく、パンチを使い、毛髪をくりぬく方法。切るのではなくくりぬくということで、メスで頭皮を切りたくない方に向いている。FUT法と違い、一度にたくさんのドナーを取り出すことは出来ないので、少ない面積に移植する場合などに最適。頭皮が硬く、FUT法でドナーを切り取りにくい場合にもよく用いられる方法だ。

 

デメリットはドナーの切断率が高くなること。毛髪が切断されてしまうと、移植しても定着しないため、ドナーロスが生じてしまう。デメリットはというと、一つずつパンチしてくりぬくために、時間と手間がかかってしまうこと。このため費用はFUT法の倍近くに上ってしまう。

 

術後、どのくらいの期間で職場に復帰できる?

 

自毛植毛の術後のダウンタイムだが、これはどんな方法で植毛を行ったかや、どの程度の面積に植毛を行ったか、などによって変わってくる。FUT法・FUE法ともにダウンタイムは必要で、職場への復帰は手術当日や翌日は無理。自毛植毛を行っているクリニックでは、術後翌日から職場復帰が可能、と説明されることが多いようだが、実際のところ術後翌日というのは難しい。

 

メスを入れて頭皮を切るFUT法の場合、ドナーを切り取った箇所は横一線に縫合されるが、手術の次の日の段階ではまだこの縫合部分も乾いていない。メスを入れて切り、そして縫合するわけだから、職場に復帰できるほど頭皮の状態が回復するまでには、早くても3、4日はかかると考えたほうが良い。

 

デスクワークの方はある程度頭皮の状態が落ち着いたら復帰できるが、戸外での作業の方や体力を使う仕事をしている方は、一週間程度は待ったほうが良いだろう。メスを使わないFUE法の場合でも、毛根をくりぬくわけなので、若干の出血はやむを得ない。

 

FUE法の場合でも、職場に復帰できるのは2、3日後と考えておこう。職場への復帰のタイミングは職種や業務内容によっても変わってくるので、FUT法・FUE法どちらで手術を受けるとしても、術後数日間から一週間の間は安静にすべきだろう。

 

このかさぶたは一体何?自毛植毛後にかさぶたが出来る理由とは?

 

さっきから説明してきたが、メスを入れるFUT法でも、パンチで穴を開けるFUE法でも、鋭利なもので頭皮に触れるわけだから、当然出血が起こる。頭皮に傷がつき、出血したあとに出来るのがかさぶた。

 

ドナーを採取するときの傷もそうだが、グラフトを脱毛部分に植えつける際にも傷が出来る。グラフトを植毛する際、スリットと呼ばれる溝をメスで入れるが、この際にも頭皮に傷がつき、少量の出血が生じてしまう。これが自毛植毛のかさぶたの原因だ!

 

スリットの傷は最初は赤みを帯びているが、徐々に黒味がかったかさぶたになり、最終的には自然に取れてしまう。傷の部分が乾燥し、かさぶたが取れそうになるときに痒みが生じてしまうため、つい掻いてしまい、傷の治りを遅らせてしまうこともある。かさぶたがきれいに取れるまでには、術後10日から2週間程度かかることが多い。術後は頭皮を清潔に保ち、痒みや腫れがある場合には、経過観察のために診察を受けることがポイントになる。

 

ロボットで植毛?最新の植毛法ARTAS(アルタス)とは?

 

FUT法とFUE法のメリット・デメリットについて見てきたが、今度はARTAS(アルタス)と呼ばれる最新の植毛方法を紹介してみよう。アルタスはAGAルネッサンスクリニックで行われている植毛法。この植毛法は、なんとロボットによって行われている、まさに最先端の医療技術だ。

 

アルタスは従来のFUE法・FUT法の短所を補うもので、ロボットに装備された四つのCCDカメラにより、毛髪の生えている角度や深さ、方向、密度などを複合的にチェック。その上で毛根に傷をつけないよう、パンチでドナーを取り出していく。FUE法では毛根の切断率が高くなるが、アルタスは切断率がきわめて低い。

 

またFUT法ではメスを入れて切り出すため、傷跡が目立ったり、術後の経過に時間がかかっていたが、アルタス植毛ではこの問題も解決される。アルタス植毛はかさぶたも出来ないし、ダウンタイムがごく短く、術後の回復も早いので、術後2、3日で職場復帰が可能。正確にロスなく短時間でドナーを採取し、植毛することが出来る上、ダウンタイムも短い、これがアルタスのメリットだ。

 

ロボットを使った最新の植毛法アルタスは、今後自毛植毛の主流になるかもしれない。気になるのは費用だが、ルネッサンスクリニックでは、この点に関しても従来の植毛法とほとんど変わらないようだ。自毛植毛を受けようかどうか考えるいる方は、ぜひこのアルタスについても選択肢のひとつに入れてみよう!

 

自毛植毛を行う最適なタイミングとは?自毛植毛に制限年齢はあるの?

 

自毛植毛はタイミングが難しいと思う。どういうことかというと、たとえば左右の前頭部が少し薄くなってるとする。ここに自毛植毛で後頭部からドナーを移植すると、当然この部分の薄毛は解消される。しかしその後AGAによる薄毛が進行した場合、植毛した部分だけ浮き島のように髪が残ってしまい、かなり不自然に見えてしまうことがある。

 

自毛植毛は薄毛を一気に解決してくれるすごい方法なワケだが、でもAGAの進行を阻止してくれるわけじゃない。ということはまだ若いうちに自毛植毛しても無意味なのか?とも思うが、でも若ハゲと呼ばれるような年齢だからこそ、薄毛の悩みは深いんじゃないかな。だからまだ20代や30代で自毛植毛に踏み切る人も多い。

 

その後再び脱毛が進行した場合には、2回目、3回目の植毛を行い、植毛部分が不自然に見えないように整えいくことになる。自毛植毛には年齢制限のようなものはないが、とりあえずカウンセリングを受け、その結果慎重に決めるべき。

 

ただし、あまりに慎重になりすぎてしまい、後頭部や側頭部の髪の毛まで薄くなってしまったら、自毛植毛は出来なくなる。自毛植毛の絶対条件は、後頭部や側頭部に十分な髪が残ってること。自毛植毛を受けようと考えてる方は、手術を受けるのに最適なタイミングについて、信頼の置ける医師に相談しよう!

 

自毛植毛の種類やメリット・デメリットまとめ

まとめ

 

今回は自毛植毛について知っておきたいポイントをまとめてみましたが、どうですか?頭皮にメスを入れたり、特殊なパンチで穴を開けたりと、とにかくすごく痛そうなイメージがある自毛植毛。実際には痛みはそれほど感じないということだが、術後のダウンタイムに時間がかかることや、かさぶたや傷あとのことなど気になることもたくさんある。

 

自毛植毛のいちばんのポイントは、なんといっても一気に薄毛の問題を解消できること。手術後髪の毛が定着したら、あとは何もしなくてもいいので、面倒なこともない。自分の髪の毛を移植するだけだから拒否反応もないし、かつらをすることに比べたら、精神的なプレッシャーがまったくない。

 

良いこと尽くめのような気がするが、自毛植毛のいちばんの問題は費用。ごく小さな部分への植毛であれば、数十万円で済むが、薄毛が進行している場合、100万円、150万円以上かかることもざら。自毛植毛を考えてる方はまず費用のことから確認するようしよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛グッズ総合人気ランキングランキング

ランキング一覧へ 育毛剤の基礎知識 育毛シャンプーの基礎知識 育毛サプリの基礎知識 女性用育毛剤の基礎知識