ウィッグ・かつらを長持ちさせる秘訣はメンテナンス

ここがポイント!ウィッグ・かつらのメンテナンス方法!

 

今回のコラムのテーマはウィッグやかつらのメンテナンス。これまでかつらだけは買ったことなくて、正直なところ、かつらのメンテナンスの方法についてはよく知らなかったので、今年になってかつらを買ったという知り合いからいろいろ情報を入手してみました!この知り合い曰く、ハゲ隠し用にかつら作ったんですけど、でもメンテナンスが結構大変で、実際こんなに大変とは思わなかった。

 

でもかつら使うようになってから、周囲の視線が気にならなくなったし、精神的な余裕も出来た。だからかつら買ったのは正解だったんだけど、でも毎日のお手入れに結構時間かかるのがデメリットかな。かつらのメンテはとにかく毎日きっちりやるのがポイント。メンテナンスさぼってると、かつらの寿命縮めてしまいますよ!との事。かつらの寿命を縮めないメンテナンス方法に迫ってみよう!

 

ウィッグやかつらってどのくらいの期間使えるの?

 

ウィッグやかつらにも寿命があるって知ってますか?しかも意外に短い。ウィッグやかつらの寿命は1年から2年、上手にメンテしていても3、4年間程度といわれてます!どうですか?正直なところ、結構短いな、と感じるんですけど、みなさんはどうですか?

 

一個数十万円もするウィッグの寿命がたった1年、これは予算的にかなり厳しい感じがする。だけど、上に挙げたウィッグの寿命はあくまでも目安。ウィッグの寿命の長い・短いは、製品のクオリティ、使用されている材料の種類、使用頻度、そしてメンテナンスの良し悪しなどに大きく左右されます。

 

実際に同じウィッグを10年間以上使ってるって人もいるらしい。大事に丁寧に使えば、それだけ長持ちするし、反対にメンテナンスをきっちりやってないと、1年もしないうちに劣化してしまうこともある。ウィッグを長持ちさせるコツは、正しいメンテナンスの方法をきちんと把握しておくことが重要だ!

 

ウィッグやかつらの材料とは?

 

ウィッグの材料は基本的に三種類、人毛、人工毛、そしてこの二つのミックスされたもの。人毛は見た目や触感などがリアルなので、自然な仕上がりになるが、人毛であるがゆえに時間の経過や紫外線による影響を受け、早く劣化してしまう。人工毛は丈夫で長持ちするが、見た目的には人毛に劣る。ミックスは二つの長所を得るために作られたもの。ウィッグのメンテナンスを上手に行うには、自分のウィッグの材料や特徴をしっかり把握しておくことが必要だ。

 

知りたい!ウィッグのメンテナンス方法!

 

ウィッグは髪の毛の部分とベースの部分の二つのパーツから出来ている。髪の毛の部分には汚れが付着しやすいし、また頭皮に直接触れるベースの部分には汗や皮脂がこびりついてしまう。ファッション目的で短時間付けてるだけならまだしも、一日中ウィッグ・かつらを付けたままの方は、ウィッグを定期的に丁寧に洗ってあげないと、自然消耗が加速する。でもウィッグって、どんなふうにメンテナンスすればいいんだろうか?

 

シャンプーはやっぱりするの?

 

ウィッグも自分の髪同様、シャンプーやコンディショナーで洗うのが鉄則。使用するシャンプーやコンディショナーだが、これはウィッグ・かつら専用のものを使うほうが良いという話もあれば、普通のシャンプーで代用して大丈夫という話もある。どんなシャンプーを使ったほうがいいかは、材料やタイプにもよるので、この点に関しては一概には言えない。

 

大手のかつらメーカーの場合、シャンプーやトリートメントなど、専用のウィッグ・かつらケア製品を一緒に販売していることが多い。ウィッグ専用のシャンプー・コンディショナーがある場合は、これを使うほうが安心かもしれない。かつらメーカーが専用のヘアケア製品を勧める理由は、かつらの素材やタイプによって、シャンプーを変える必要があるから。人毛、人工毛、ミックスとそれぞれの素材の特徴によって、ヘアケア製品を使い分けしないと、これまたかつらの寿命を縮めてしまう。

 

ウィッグ専用シャンプーを使うかどうかはとりあえずおいといて、かつらのシャンプーの仕方について考えてみよう。かつらのシャンプーは1週間から10日に一回程度が目安。かつらの材料によってはお湯はNGなので、これについても要注意だ。洗面器などに水を入れ、シャンプーを混ぜ入れ、その中でかつらをつけ洗いするのが基本。

 

このとき力を入れてもみ洗いしてしまうと、脱毛やベース部分の破損や型崩れにつながります!ウィッグはあくまでも優しく洗うことが大切。そのあとコンディショナーやリンスで髪の艶を整え、タオルの上で軽く水をふき取り、あとはウィッグスタンド(かつら台)で乾燥。乾かすときも優しく扱い、ウィッグスタンドか、型崩れするおそれのない場所において自然乾燥。力任せにごしごし水分をふき取ったり、ドライヤーの熱風を吹きかけると、髪がちりちりになって、これも寿命を縮める原因になってしまう。

 

毎日やってるうちに慣れてくるのかも知れないけどね、ウィッグのメンテナンスは正直かなり大変そうだ。でもちゃんとお手入れしないと、頭皮も不潔になりそうだし、買った以上は頑張ってメンテに励まないと買った意味がない。

 

シャンプーして乾燥させたら、今度はブラッシング。ブラッシングしないと髪の毛が絡みあって見た目も妙なことになる。乾燥したウィッグは優しく丁寧にブラッシング。人工毛は静電気が起こりやすいので、ブラシは静電気の起こりにくいものを利用し、必要であれば静電気防止スプレーも使うことがポイント。毛先から少しずつブラッシングして、絡みやもつれをほぐしていく。

 

ウィッグの型崩れを防ぐには?

 

ウィッグはとにかく型崩れしやすい。ウィッグは保管方法に配慮することも、メンテナンスの一環。使わないときにウィッグをのせておくウィッグスタンドは、かつらユーザー必需品。頭の形に出来た丸型のスタンドにウィッグをのせておくと、型崩れするおそれがまったくない。ウィッグスタンドがあれば便利だが、持っていなくても大丈夫。ウィッグの形に合う丸いものの上にのせておくようにしよう。

 

定期的なメンテナンスはウィッグ修理専門店で!

 

どんなに毎日のお手入れを丁寧に行っていても、使っているうちに消耗してしまうのは仕方ない。ベースの部分の破れやほころびは自分で修理することは無理。プロの手で修理してもらわないといけない破損や自然消耗も当然ありえる。ウィッグのメンテナンスには、自宅で出来るものもあれば、専門店でやってもらわないと無理なものもあることを覚えておこう。

 

ベース部分の破損や髪の毛の脱毛、自毛とのバランスの調整や長さなど、自分では出来ないメンテナンスはウィッグメーカー、あるいは修理専門店にやってもらうしかない。修理にかかる費用についてだが、これはショップやメーカーによってまちまち。メーカーがやってるメンテナンスサービスは結構高いけど、それなりに安心感がある。

 

どんなメーカーのかつらでも修理・メンテしてくれる専門ショップなら、修理にかかる費用を比較して決められるというメリットがあり、コストを抑えることも可能だ。どんなサービスを利用するにしても、かつらを買った以上は定期的にプロに修理や調整を頼む、これもかつらのメンテナンスの大切なポイントだ。ウィッグ・かつらは購入費用だけでなく、メンテナンス費用も最初から見込んでおかないとね。

スペアがあるとさらに便利

 

上手なメンテナンスの方法については分かったけど、でもどんなにメンテナンスを丁寧に行っても、毎日つけるかつらだから、自然消耗するのは当たり前。これはメンテナンスの方法とはちょっと違うけど、かつらを長持ちさせるのにもっとも有効なのは、かつらを二個用意しておくこと。

 

ちょっと考えてみるとすぐに分かるが、同じかつらを毎日付けて、毎日洗って乾かしていると、自然消耗するスピードが早まってしまう。二個あれば、交替で付けられるから、自然消耗のスピードも抑えられるし、破損や綻びのリスクを減らすことも可能だ。ゆっくり消耗していくから、かつらはそれだけ長持ちするというのが、スペアかつらのメリット。

 

でも結構高いかつらを最初から二個用意すると、初期費用は倍増してしまう。最初からスペアかつらを作るのは、お財布に余裕がないと難しいかもしれない。一個のかつらが消耗するたびに買い換えるのか、それともスペアを利用して長持ちさせるのか。かつらってほんとお金かかりますね!

 

ウィッグ・かつらのメンテナンスまとめ

まとめ

 

かつら・ウィッグのメンテナンスについていろいろまとめてみましたが、いかがでしたか?結構面倒な気もするけど、自毛同様に大切に扱わないと、すぐに駄目になってしまう、という厳しい現実が!かつらは買ってつけるだけじゃ駄目。良好な状態にキープしていくには、シャンプーやコンディショナー、ブラッシング、乾燥と、自分の髪の毛とまったく同じようなケアが必要だ。

 

自宅での毎日のメンテナンス以外にも、定期的に消耗や破損したところを直していくことも大切。なんだかんだ言って、ウィッグやかつらはメンテナンスにもかなりお金がかかってしまう。育毛剤とかやめていっそかつらにしたら、薄毛の悩みも一気になくなるのに、と思ってる方もいるだろうが、これは非常に甘い考えだ。かつらはメンテナンスが肝心。メンテナンスにかかる手間や費用のこともしっかり考慮して、かつら購入に踏み切ってください!

このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛グッズ総合人気ランキングランキング

ランキング一覧へ 育毛剤の基礎知識 育毛シャンプーの基礎知識 育毛サプリの基礎知識 女性用育毛剤の基礎知識