市販の育毛用品、店頭販売はこんな感じ

育毛商品やサイトの評判は、口コミで判りますが、一般ドラッグストアで売られている育毛商品は、どんな価格帯?ユーザーは?リアル店舗では、皆さんどうしているの?そんな疑問を今回は解決です。

 

ドラッグストアで見てみた「育毛商品」アレコレ

今回、商品をチェック&話を聞いてきたのは、地方の複合ショッピングモール内ストア、東京本社の全国に1000店舗以上を展開するチェーン店です。ここでは、第1種医薬品として有名な商品は扱っていない、とのこと。

 

まず商品価格帯ですが、解りやすい所にあるのが、500円〜1000\のトニック系、同価格帯のシャンプーもありますね。その棚の上に2000\〜1万\近い「育毛剤」が置かれています。ビギナーとベテランが選択しやすい並びです。その裏にシャンプー、こちらは1000円以上と、やや高め、ヘアスタイリング剤と一緒になっているため、両方を熱心に見比べる人あり。

 

ちなみに、この店舗の近所にある札幌本社のドラッグストアチェーン店は「第1種医薬品、育毛剤」がど〜ん!と置かれていました。
この「育毛界の目玉商品」食い争いにならないよう、片方にしか置かれていないのかもしれませんね。と納得してみる。

 

こちらは、その下にシャンプー、ボディソープなどがあり「メンズケア!」が解りやすいレイアウト、シャンプー、育毛用品などの細かい商品はレディスなどの向かいの棚に陳列、メンズスキンケアなどメンズアイテムがひとくくりに置かれているため、何を選んでいるのか、他人には解りにくいメリットあり。

 

メンズケアも当たり前‥と言いつつ、やはり多すぎるレディス商品に比べると狭い世界、「メンズということは解りやすく」となっています。
男の肩身はこんなもんだねぇ。

 

ちなみに、何となく商品の色が黒い、モノトーンだ。売り場全体が重いカラー、という意味でも解りやすいですね‥。パステルカラーとか出てくる時代になれば、男性のケア事情も変化するかも。りゅうちぇるに期待。

 

店員さんに訊いてみた「育毛商品の売れ筋、選び方」

たまたま捕まえた店員さん(服装から見て薬剤師)、運のいいことに?ちょうど2,30代、髪はオシャレ系、AGAの心配は今の所無いと思われる男性が質問に答えてくれました。

 

さて気になる年齢層は?

A「基本的に近所の人が多く、そういった人が一定年齢以上なので、単純に上の世代が多いですねぇ。
育毛商品となると、定番の育毛剤をリピートして買う人が、大半ではないかと思います。」

 

売れ筋商品は?

具体的なメーカー、商品名を訊くと「ああ、親父っぽい。老舗。」と思える育毛剤のラインアップ、既に「薄毛確定」した人が、習慣として買っているみたいです。
実店舗だとポイントも付くし、といった所でしょうか。本当にユーザーがいないのか、こっそりネットで買っているのか?は謎ですね。

 

A「予防意識のある人は、稀ですね。相談自体殆ど受けることがないです。」

 

‥ちょっと残念そう、薬剤扱い有資格者としては、やはりもう少し店員を活用してほしい、といった所でしょうか。
確かに、低価格帯のトニックなど、もう少し店員の記憶に残る売り方をされても良さそう。

 

薄毛予防については、どうお考えでしょう?

A「まず予防の意味で、育毛剤は買わないでください。薬と同じで「症状に対する効果」というための商品ですので。

 

また、買う際は「症状」を店員に告げるといいです。乾燥と皮脂過剰では商品も異なりますので。薄毛対策=恥ではないので、どんどん商品については普通にお聞きください。シャンプーなどを試されるのはいいと思います。」やはり「育毛剤=薬=安直に使うな」ということ。

 

AGA思い込み世代としては、客観的に意見を聞くという意味でも、店舗で薬剤師のアドバイス活用を考えてもいいかも。

 

若い世代への薄毛対策アドバイスは?

「何といっても価格が安いので、500円台のトニックなどから試されては?もちろん、シャンプー&トニックセットの方が効果は期待できると思います。」

 

‥あのぅ〜〜組み合わせとか商品の価格差って、どういう意味があるんでしょうか?

 

「‥う〜〜ん、はっきり言って個人差ですねぇ〜〜!大体の商品が1か月程度の使用量になっていると思われるので、“まあいいかな”と思ったら継続使用してみる、とかですね〜。数回で合う合わないを決めるのは無理ですね!」
ちなみに、売れ筋トニックは、ライン遣いでも有名なメーカーの想像通りの商品です。

 

効果もですが、使用方法、使用感などは、やはり使ってみないと合うものは解らない。とのことで、お手頃価格(2000¥以下)のアイテムは「好み」となりそうです。話を総合すると、まず「手頃なシャンプー&育毛トニック」を使うことから始めるといいですね。

 

この辺の商品は、店舗販売だと結構なお買い得、まず買うこと、使ってみることで「ケア習慣」を付けるといいかもしれない、と思った次第。30になったあたりで、スキンケアなんかも、楽なのを買ってみると「メンズケア」に慣れていいかもしれないです。

 

薄毛対策がこじれると、考えすぎて、手遅れ親父になり「いきなり育毛剤」で地肌が傷み、また悩んでネットを見る・・とかになりそうなので、やめた方がいいようです。

 

市販の育毛剤をドラッグストアの店員さんに聞いてみたおまけ

 

「薄毛誤魔化し用の地肌パウダーは、頭皮に悪くないのか?」
A「う〜ん、その前提で出しているのでいいとは思いますが‥メーカーに聞いてください!すみません。」

 

「男女別の商品は気にした方がいいのか?」
A「おそらく害はないと思いますが、せっかく性別分けで開発されているので、守らない意味がないです。」

 

なるほど〜のお答え、ありがとうございました!

このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛グッズ総合人気ランキングランキング

ランキング一覧へ 育毛剤の基礎知識 育毛シャンプーの基礎知識 育毛サプリの基礎知識 女性用育毛剤の基礎知識