最近抜け毛が増えたような気がする

抜け毛大丈夫?

抜け毛の始まりは薄毛の始まり。まだ薄毛にはなってない、大丈夫、大丈夫って、自分に言い聞かせてても、抜け毛が多いとやっぱり不安になるもの。シャンプーすると、手のひらに抜け毛がごっそり、バスルームの排水口にも無数の抜け毛。このままどんどん抜け毛が増えていくと、そのうち絶対薄毛の仲間入り

 

生え際が気になり始めた人や、父親がハゲてる人は、抜け毛がちょっとでも増えると神経質になっちゃうよね。忍び寄る薄毛の恐怖に脅える自分って、そんな大げさな、と思うかもしれないけど、ブラシや櫛についた抜け毛を見るたびに嫌な予感に襲われる人は多いはず。

 

薄毛のいちばん分かりやすい兆候は抜け毛。というわけで、最近抜け毛が気になるという方、抜け毛の原因についてちゃんと把握してますか?抜け毛を誘発する原因はたくさんあって、全部に目配りするのは結構大変。まずチェックシートで自分の状態をしっかり把握しよう。

 

今の状態は? 進行度 兆候
髪が細く柔らかい 1 猫毛化
髪にボリュームがない 1 夕方にはべたっとしてくる
頭皮がべたつく 2 頭皮の匂いが気になる
頭皮に痒みや赤みがある 2 頭皮が全体に赤みを帯びている
抜け毛が異常に多い 3 抜け毛の本数が急激に増えた

 

抜け毛の原因は?

抜け毛の原因の主なものを挙げてみると、まずは睡眠不足や運動不足などの生活習慣の乱れ。精神的なストレスや過労も薄毛につながることがあるので気をつけたいところ。必須栄養素が不足していたり、栄養に偏りのある食生活をしていると、髪の毛の正常な発育が阻まれてしまう。もう一つの問題は頭皮環境が悪いこと。
シャンプーの仕方が悪かったり、頭皮の皮脂分が多すぎても、少なすぎても、抜け毛が起こりやすくなる。シャンプー後、よく髪の毛を乾かさずに寝たりするのも抜け毛を増やす原因に!抜け毛の原因となりうる悪習を見直し、抜け毛を出来るだけ減らすように努力しよう!

 

 

抜け毛は何本までが許容範囲?抜け毛のボーダーライン!

一日の抜け毛の本数が200本を越えたら赤信号!どうも抜け毛の数が多いような気がする、これって気のせい?って楽観的に考えようとしても、入浴後の排水口を見ると、抜け毛の量が半端じゃない。髪の毛を梳かしたあとのブラシにも髪の毛がびっしり付いてる、朝起きると枕の上に抜け毛がいっぱい。これはやっぱり気のせいじゃない!どうしてこんなに抜け毛が多くなったのか、去年まではこんなじゃなかったのに…という方も多いはず。

薄毛とか抜け毛とかって、まだまだ自分には関係のない話って思ってるうちに、どんどん抜け毛の数が多くなっていって、最終的には薄毛の仲間入り。ってことがないように、抜け毛の症状が見られるようになったら、早目に対応策を取らないとね。男性にありがちな遺伝性の脱毛症は、40代、50代の中高年の問題なんて、たかをくくってぼんやりしてると、抜け毛の本数は増えるばかり。
でも抜け毛は誰にでもあること、頭皮と髪の状態が正常な人でもまったく抜け毛がないわけじゃない。じゃあ、抜け毛のボーダーラインっていうのはどこにある?と思った方。抜け毛の状態がどのくらいひどくなったら、本格的に抜け毛対策考えないといけないのか、これはちゃんと把握しておきたい問題。

 

質問:抜け毛の本数のボーダーラインは何本?

一般的にいって、髪の毛の状態が正常な人でも、一日に平均し50本から100本程度の抜け毛はあって当然といわれてる。だから抜け毛があるからっていって、すぐさまパニックに陥る必要はない。とくにシャンプーのあととか、髪をブラシやくしで梳いたあとなんかは、どんな人でも多少の抜け毛があって当然。髪には成長サイクルがあって、生え始め、成長、そして抜け落ちると周期を繰り返してる。退行期を過ぎた髪の毛は当然毛根から自然に抜け落ちるものだから、これは心配ない。
一日に50本から100本の抜け毛が安全圏なのに対して、100本を大幅に超えた抜け毛に関しては、黄色信号だと受け止めてもらいたい!
ここが抜け毛のボーダーラインっていうのを知りたい方、抜け毛のボーダーラインは一日200本。これを超える抜け毛がある場合は、頭皮の毛根の状態も、ヘアサイクルの周期もかなり悪化してると思って間違いなし。このへんでちゃんとした抜け毛対策を考えないと、抜け毛の本数はどんどん増えていってしまう。抜け毛についてもう一つ注意したいのは、抜け落ちた髪の状態に注意すること。

 

抜け毛の本数はまだボーダーラインを超えてないけど、でも明らかに100本は軽く越えてるっていう人。まずは抜け落ちた髪の毛をじっくり観察してみよう。髪の毛にコシがあって、太さも一定、毛根の部分が丸く膨らんでいれば、とりあえず心配なし。反対にだめなのは、柔らかく細い髪の毛や、ウェーブがかかったように凸凹があるもの。毛根の部分が細くなっていたり、途中で切れてるのもだめ。こんなタイプの抜け毛の人は、たとえ本数は許容範囲内であっても、今からすぐに頭皮の状態を整えるようにしたい。

 

そのままにしとくと、近い将来抜け毛がボーダーラインを超えてしまうのは確実。毛根部分が細かったり、全体が柔らかくコシのない髪は、ヘアサイクルが乱れ、頭皮の血行が悪くなってるしるし。効果的な薄毛予防は、抜け落ちた髪の毛の状態を観察し、抜け毛の本数を把握することから始まる!

 

→抜け毛は本数がわかりにくい!指の本数で薄毛の現状をチェック

 

抜け毛の症状 危険度
排水口の抜け毛増 3
朝枕の上に抜け毛増 1
ブラシにつく抜け毛増 3
短い抜け毛が増 2
細い抜け毛増 3

 

抜け毛改善に向けた対策を考える! 抜け毛を減らす食生活とは?

食事と抜け毛

効果的な抜け毛改善法教えます! 食習慣と生活習慣の見直しで、抜け毛は改善できる!抜け毛が増えてて、このままじゃ薄毛になりそうで怖い、という方、抜け毛に恐れおののいてるだけじゃ、抜け毛を食い止めることは無理。抜け毛を減らすには効果的な対策を取ることが必要。抜け毛が増える原因は一つじゃない。髪の毛と頭皮に悪い環境が重なった挙句、抜け毛という具体的な症状が出るわけだから、少しでも抜け毛を減らしたいと思ったら、いろんな角度から改善するようにしたい!

 

まず改善したいのが食生活。手っ取り早いからといってファーストフードや外食、インスタント食品ばかり食べてると、健康を損ねるだけでなく、頭皮環境を悪くする結果に終わる。髪の毛の正常な成長に欠かせない栄養素をきちんと摂取するのは、基本中の基本。
髪の毛に良い食べ物というと、まずは亜鉛。亜鉛がなぜ髪に良いかというと、髪の主成分ケラチンを合成してくれるから。亜鉛を多く含む食べ物の代表を挙げてみると、牛肉、レバー、生牡蠣など。亜鉛に加えてぜひ摂取したいのが、ビタミンB2やビタミンB6、必須アミノ酸を多く含む食べ物。
牛乳(乳製品)、卵、大豆、うなぎ、レバー、魚、バナナなど、こうしてみるとよく分かるけど、髪の毛に良いといわれてる食材の種類は、豊富で多様。ポイントはどれか一つの食材だけを食べるんじゃなくて、出来るだけたくさんの食材を少しずつ食べる習慣を付けること。食材をたくさん使った食事は、必然的に栄養バランスが良く、カロリー的にも低くおさまるから、髪の毛に良いだけじゃなく、健康的でもある。

 

生活習慣も改善しちゃおう

食生活の見直しをしたら、今度は生活習慣の見直しも行うようにしよう。仕事柄ストレスが溜まりやすく、残業で過労気味、仕事関係の付き合いで飲み会が多い、こんな生活を続けてると、抜け毛は増える一方。栄養の偏った食習慣だけでなく、ストレスや過労もまた、ダイレクトに抜け毛に悪影響を及ぼすことになる。イライラすることが多いと、血管が収縮しやすくなり、頭皮の血行も滞りやすい。
食生活と生活習慣の見直しは簡単なようだけど、でも実際に行うとなるとなかなか難しい。食生活の改善っていっても、料理が得意じゃない人はやっぱり外食やコンビニフードに頼ることになるだろうし、ストレスの緩和っていっても、仕事上のことは自分の力ではどうしようもないし。だから食生活や生活習慣の見直し・改善だけに任せてると、その効果はなかなか期待できないかも。

 

抜け毛の症状 危険度
ストレス 3
食生活の乱れ 3
冷え性 3
運動不足 1
睡眠不足 2
アルコール及びたばこ 3
ヘア製品の付け過ぎ 2

 

育毛剤を使いはじめる時かも

抜け毛増え始めたってことは、今までのような生半可な薄毛予防じゃだめってこと。抜け毛の本数が半端じゃなくなったら、そろそろ育毛剤をはじめる時が来た!と受け止めるべき。育毛剤を選ぶ際には、髪の毛と頭皮の状態に合ったものを選ぶようにしよう。育毛剤を使い始めたら途中でやめないこと。育毛剤に即効性を求めてしまう気持ちは分かるけど、使い始めて即効果が期待できるとは限らない。育毛剤に配合されている有効成分の性質上、ほとんどの育毛剤は、ある程度継続して使ってはじめて最大の効果を発揮するように出来てる。だからいったん使い始めたら覚悟を決めて、使用上の注意書きとおり、継続して使うべき。頭皮環境を改善し、ヘアサイクルを整えてくれる育毛剤で、抜け毛対策と薄毛予防に励みたい!

 

→抜け毛予防を本格的に

 

抜け毛が怖くてシャンプー出来ない!シャンプーと抜け毛の関係!

シャンプーと抜け毛

シャンプー時の抜け毛が気になる方、今が育毛活動の始め時!シャンプーするたびにごっそり抜け落ちる髪の毛。浴室の排水口を見るだけで、げんなりする…。

抜け毛が怖くてシャンプーするのが億劫。シャンプーしたあとに、手に付いた抜け毛の数が半端じゃないし、シャンプー後、髪の毛を乾かしててもさらに抜け毛が!ちょっと前まではこんなに抜けることなかったのに、なぜ急に抜け毛が増えた?こんなに抜け毛があるって自分だけ?それともこれくらいの抜け毛って普通なの?こんなに抜け毛があるのに、シャンプーするのって大丈夫?この抜け毛、なんとかしないと!と、抜け毛に関する悩みは次から次へと沸いてくる。抜け毛や薄毛を防ぐには、頭皮の状態を良くしないといけない。そのためには毎日きちんとシャンプーをすべき。それなのに、シャンプーをするたびに、大量に髪の毛が抜けてしまう。抜け毛が心配で、シャンプーするのも怖いっていう人は、こんなジレンマに襲われてるはず。

 

そもそも毎日シャンプーをする目的とは、頭皮を清潔に保ち、髪と頭皮から余分な皮脂分を取り除くこと。だからシャンプーは定期的にきちんと行うことが基本。だから抜け毛を見るのが憂鬱で、シャンプーするのが怖いからっていって、毎日シャンプーしてたのを、二日に一回、三日に一回に減らす人もいるようだけど、これは間違った解決法。頭皮の毛根に汚れや皮脂が詰まってしまうことも、抜け毛の原因の主原因の一つだから、毎日一回正しいやり方でシャンプーするっていうのは絶対に遵守すべき。
でもシャンプーすると抜け毛がひどい、という方、どんなに優しく洗っても、抜けるものは抜けると悟るべきでしょう。つまりシャンプー時に抜ける髪の毛のほとんどは、何もしなくてもそのうち抜けるべき運命にあるってこと。頭皮の毛根の状態が良くなかったり、髪の毛に栄養が行き渡らなかったりすると、髪の毛は正常なライフサイクルを全うできず、短いまま毛根から抜け落ちてしまう。これが抜け毛の基本原理。

 

だから抜け毛は、誰にも防ぐことの出来ない、必然的な出来事といって差し支えない。シャンプーすると抜け毛がひどい。これは正しいようで、間違いでもある。というのは抜け毛はシャンプーしてるときだけにあるわけじゃない。昼間仕事をしてるときも、道を歩いてるときも、何もしないでいるときも、髪の毛は毛根から抜け落ちてる。毛根から抜け落ちてはいるけど、でも他の髪の毛と絡み合ってて、完全に頭部から落ちたわけじゃない状態。こういう中途半端な状態の抜け毛は、いよいよシャンプーのときにいっせいに頭部から落ちてしまう。だからシャンプーすると抜け毛がものすごい!って感じやすいのかも。もちろん昼間抜け落ちてる髪の毛もあるわけだけど、シャンプー時みたいに、頭の全部の抜け毛が一斉に落ちるわけじゃないから、気がつきにくいってのもある。シャンプーのときに抜け毛がひどく感じられるのは、濡れて目立ちやすくなった髪の毛が浴室のタイルによく映える(!?)から。 シャンプーのときの抜け毛の本数が気になり始めたら、本格的に育毛対策をはじめるべき。これまでなんとなく適当なシャンプー使ってきた、って人は、まずシャンプーを見直すことからはじめてみよう。市販のシャンプーには洗浄力の高い有効成分が含まれてて、そのせいで頭皮の皮脂分を必要以上に取り除いてしまう。抜け毛が気になる人は、シャンプーは出来るだけ頭皮に優しい、刺激の少ないものを選ぶようにしたい!

 

正しいシャンプーの方法 間違ったシャンプーの方法
ゆるま湯で頭全体を濡らす いきなり冷水を頭にかける
シャンプーを適量手に取りよく泡立てる シャンプーの原液を頭皮につける
手指の腹で頭皮を優しく洗う 爪で頭皮にダメージを与える
すすぎを入念に行う ざっとシャワーで流す

 

→育毛シャンプーで抜け毛対策

 

抜け毛に関するまとめ

まとめ

ストレスは抜け毛の原因の一つ、ってよく聞く話。ストレスを感じる→自律神経のバランスが崩れる→血管が収縮する→頭皮の血管に養分が行き渡らない、これがストレスによる抜け毛発生の仕組み。だからストレスを避けることは、すなわち抜け毛予防・改善に役立つはず。ストレスは抜け毛に良くないって分かってはいるけど、でも抜け毛を見るたびに激しいストレスに襲われる、っていう悪循環を繰り返してませんか?
毎朝起きるたびに枕の上に広がる抜け毛。シャンプーするたびに抜け落ちる抜け毛。ブラシについた短い抜け毛。ストレスは抜け毛に良くない、そうなんだけど、でも抜け毛を見ると不安になるという方!人間の髪の毛は生える、成長する、抜け落ちるというサイクルを繰り返してるわけだから、多少の抜け毛があるのは当たり前。でもあまりにも抜け毛の本数が多いのは、このまま放置しとくと薄毛になりますよ!っていうサインだから、見逃さないよう注意しよう!

 

抜け毛の原因にはいろんなものがあるから、まずは自分の抜け毛の原因について考えてみるのが先決。抜け毛の原因はストレスだけじゃない。食生活の乱れや睡眠不足、間違った髪の洗い方やシャンプー選び、過度なアルコール摂取や喫煙など。抜け毛を促進する要素はたくさん、だからストレスの少ない生活をしているからって安心は出来ない。
育毛剤や育毛シャンプーももちろん大切だけど、それだけじゃなく、髪に良い生活習慣・食生活を心がけるようにすると、相乗的に育毛剤の効果も上がる!

このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛グッズ総合人気ランキングランキング

ランキング一覧へ 育毛剤の基礎知識 育毛シャンプーの基礎知識 育毛サプリの基礎知識 女性用育毛剤の基礎知識