頭皮は子供のような青い頭皮を目指せ!

子供の頭皮の色が理想

 

先日薄毛に悩む知人から、頭皮の色が赤いとハゲやすいってほんとうなの?と聞かれました!抜け毛や細毛が気になってる人は、頭皮の色にも神経質になりやすいみたいだね。頭皮の色もまた、頭皮の状態の良し悪しをはかるポイント。自分の頭皮は見慣れてるがゆえに、客観的に判断することが難しい。果たして自分の頭皮の色は、これでいいのか悪いのか?今回はこんな疑問を抱いたことのある人に送る「頭皮の色」のまとめ。

 

頭皮の皮脂分は厳密にチェックしてても、頭皮の色チェックは疎かにしてるって場合も多い。だけど、頭皮の色は健康のバロメーターとも呼ばれてるくらい。頭皮の状態の良し悪しが顕著にあらわれるのだ。頭皮の固さや柔軟性、皮脂分の割合に加えて、頭皮の色もチェックポイントに加えよう!

 

あらためて自分の頭皮の色をセルフチェック!

何色。あなたの頭皮の色は何色ですか?まずは鏡の前で自分の頭皮をよく観察してみよう。頭皮の色なんて、あらためていわれないと、なかなか気付きにくいもの。これを機会に自分の頭皮の色をじっくり観察してみよう。頭皮の色は人によって、白、青、赤、茶、黄色、とさまざま。

 

何色っていったって、もちん原色で赤ってことはない。「頭皮の色が赤」というのは、頭皮が赤みがかってるという意味。頭皮が赤いとハゲやすい、と聞いた!と焦ってる人も多いと思うが、まずは落ち着いてじっくり見極めよう。入浴後は頭皮も温まり、そのせいで赤みがかってることも多い。頭皮の色をチェックするのは、入浴後や運動後を避け、平常時に行うようにしよう。その際には、色だけじゃなく、フケやかぶれ、炎症などもないかどうか、念入りに観察しておくと、今後の育毛活動の指標になる。

 

頭皮が赤みがかってるとハゲやすい?

赤色。頭皮の色が赤、これは薄毛のシグナル。頭皮が赤みがかってくるのは、頭皮の毛細血管が充血しているせいかもしれない。他にも頭皮に合わないシャンプーやヘアケア製品を使ってるせいで、頭皮に炎症やかぶれが起きてる可能性も。

 

頭皮の赤みに加えて、べたべた皮脂があふれてるときは、皮膚炎を疑ったほうがいい。皮脂分が過剰になっているだけでなく、かゆみやフケ、そして頭皮のかぶれもある場合には、念のため皮膚科で診察を受けるようにしよう。

 

皮膚科系の炎症だけでなく、睡眠不足やアルコールやたばこの摂り過ぎ、栄養バランスの悪い食事により、頭皮の血管が収縮しているという恐れもある。赤いというよりも薄いピンク色をしている場合も注意。もしかしたら紫外線に当たりすぎて、頭皮が炎症を起こしているのかも。いつも同じ位置に分け目があると、その部分だけがとくに腫れやすいので注意しよう。

 

健康な頭皮の色は青。これと対極にあるのが赤い頭皮。頭皮が赤みを帯びていたからといって今すぐハゲるというわけではないが、でもこれは頭皮からの黄色シグナルだと受け取り、今まで以上に頭皮と髪の毛の健康に努めてもらいたい!

 

茶色?に変色してる頭皮

茶色。赤いというよりは、茶色に変色してるんですけど、これはどうなんですか?赤よりもいいの悪いの?という質問を受けたので、ここで答えたいと思います!

 

さっきも書いたけど、健康な頭皮の色は青。正確には青みがかった白という感じかも。赤みがかった頭皮は薄毛になりやすい、と書いたけど、赤以外の色だからって安心するのは無謀。基本的には青みがかった色以外すべて、なんらかの問題があると考えて間違いない。黄色や茶色っぽく変色している場合も要注意。茶色っぽい色の頭皮は、赤い頭皮がさらに退行し、かさぶたが出来たり、炎症が慢性的になってるせいかもしれない。

 

どちらにしても、理想的な青い頭皮からはかなり隔たってきてるので、そのまま放置しておくのは絶対に危険。赤い頭皮同様、頭皮の血行が悪く、皮膚の新陳代謝も悪い証拠。頭皮の変色のもう一つの原因は、ずばり日焼け。髪の毛が薄くまばら、しかも細くなってるために、紫外線をもろに浴びてしまい、頭皮自体が日焼けしてるのかも?黄色っぽい頭皮の場合は、皮脂が酸化しているせい。寝不足や不規則な食生活で体調が悪いときも、頭皮の色が変色しやすい。

 

頭皮環境を改善するには、生活習慣を整えることが重要なのだ。頭皮の皮脂分を落とすことだけに集中してると、逆に頭皮はドライになる。→乾燥しきった頭皮を潤そうと、皮脂腺から過剰な皮脂が分泌される。→頭皮の雑菌と化学反応を起こし、炎症やにきびが発生。→頭皮が微妙な色に変色。ということにならないよう、頭皮ケアはくれぐれも怠らないようにしよう!

 

健康な頭皮の色「青」を目指す!

健康な頭皮の色は青。一部分が青いっていうのはだめですから念のため。理想的な頭皮は、頭皮全体が青く、フケや吹き出物、ニキビなどがないこと。大部分は青白いけれども、ところどころ炎症やかぶれで赤い、あるいは、頭皮にかさぶたができていて、その周りが変色している。こんな場合はまだ改善の余地があると捉えよう。

 

では、頭皮の色を健康的な青に戻すにはどうすればいいのだろうか?ここで考えたいのは、子供の頭皮のこと。子供の頭皮はよほどのことがない限り、理想的な青色をしている。これは成長ホルモンが盛んに分泌されていて、新陳代謝が活発なせい。子供のような青い頭皮を目指すには、頭皮ケアだけでなく、体全体の新陳代謝を高め、体調を万全にしてやる必要がある。

 

不規則な睡眠時間や寝不足、タバコやアルコールの飲み過ぎ、そしてストレス、これらすべては血管を収縮させ、代謝機能を低下させ、新陳代謝の正常なリズムを崩すもと。いくら頭皮ケアに気を配っていても、高カロリー・高脂肪食を続けていると、頭皮の血行は悪化するし、頭皮は皮脂でべたべたに!子供のような健康的な青い頭皮を目指して、生活習慣の全般的な見直しを図ろう!

 

育毛に最適なの頭皮の色まとめ

まとめ

自分の頭皮の色、あらためて観察してみると、どうも色合いが微妙で、何色ともいえない…。こんな人もいるみたいだけど、これってどうですか?黄色っぽい部分もあるし、赤くはれてみえる部分もある。こんな場合は、頭皮トラブルが複数発生してる恐れがあるので、即刻対処法を考えたい。痒みがひどい。フケが大量に出てる。かさぶたがある。膿みが出る。こんな場合はすぐに皮膚科で診察してもらうように。

 

頭皮の色が青白く、健康的な人は今やってる頭皮ケアを維持していこう。赤、黄色、茶色に変色してる方は、生活習慣を見直すとともに、頭皮ケアに工夫を凝らすべき。シャンプーの仕方を見直すだけじゃなく、オイルマッサージや保湿ローションで頭皮に潤いを与えることも考えてみよう。時間のある方はヘッドスパで、頭皮をすっきりさせるのもいい。頭皮の色をチェックすることにより、自分の頭皮にもっとも合った頭皮ケアを見つけるようにしよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛グッズ総合人気ランキングランキング

ランキング一覧へ 育毛剤の基礎知識 育毛シャンプーの基礎知識 育毛サプリの基礎知識 女性用育毛剤の基礎知識