たんぱく質は髪の主成分。美髪のために良質のたんぱく質をたっぷり摂取しよう!

タンパク質は魚から

 

たんぱく質。今回のコラムのテーマは薄毛とたんぱく質の関係。たんぱく質は人間が生命を維持していくのに必要不可欠な三大栄養素のひとつ。ちなみに他のふたつは炭水化物と脂質。この三つの栄養素が不足すると、体にいろんな支障が出てくるのは当たり前だ。

 

 

タンパク質は三大栄養素の一つ 髪の毛の健康維持に重要

今回取り上げるたんぱく質は、毛髪・爪・皮膚・内臓・筋肉の主成分。この一文を読んだだけで、すでにたんぱく質と薄毛の関連性が分かってもらえたと思う。そう、たんぱく質は大事な育毛成分のひとつなのだ!

 

たんぱく質が髪をはじめ、体のいろんな器官にとって大事なのは分かるけど、でも肉の摂り過ぎは肥満やメタボにつながるから、それはそれで育毛に悪そうな気もする。育毛成分と呼ばれてる割には、食べ方に注意しないと薄毛につながりそうな流れもあるし、たんぱく質の摂り方は意外に難しそうだ。今回はたんぱく質を上手に取って、育毛に役立てる方法について詳しく見ていこう!

 

たんぱく質は髪の主成分

 

髪の毛はたんぱく質からできているといっても過言じゃない。毛髪の主成分はケラチンというたんぱく質で、その割合は全体の80%から85%をしめる。たんぱく質以外の残りは、メラニン、水分、脂質といった成分で占められる。たんぱく質はケラチンたんぱくと非ケラチンたんぱくに分けられるが、非ケラチンたんぱく質の占める割合は少ない。

 

ケラチンとはたくさんの種類のアミノ酸が結合して出来た物質。これが毛髪の大雑把な成り立ちだ。これを読んでも分かるとおり、髪の毛の主成分はたんぱく質。次に食事としてたんぱく質を摂取すると、どうして髪に良い影響を与えるのか、その理由を見てみよう。

 

動物性と植物性の2つのタンパク質

タンパク質は動物性の他にも植物性のものもあるんだ。特に有名なのは、大豆製品や豆類にはタンパク質が多く含まれている。だから育毛対策の食生活を検討するのであれば、大豆のような豆をマメに食べることも重要。

 

大豆はそのまま食べてもおいしいけれども、大豆を加工した食品も日本人にはなじみがあるよね。納豆とか豆腐、みそ汁といったところ。このような大豆の含まれる食品を毎日食べて、ケラチンを生み出しやすい環境を作ることが、丈夫でたくましい髪の毛を伸ばすために必要なことだよ。

 

たんぱく質が不足すると、髪の質が落ちますよ

 

たんぱく質は毛髪や爪、皮膚といったパーツの成分というだけでなく、生命の維持に直接関わりのある内臓や筋肉のもとにもなってる。体内に取り込まれたたんぱく質は、まず最初に筋肉や内臓といった最重要パーツに配分されていく。髪や爪はどちらかというと後回しになってしまう形だ。だから摂取するたんぱく質の量が不足すると、髪がぱさぱさとかさついたり、枝毛や切れ毛、細毛といった髪のトラブルが生じてしまう。なるほどね、たんぱく質が育毛成分といわれるのはもっともだ。

 

たんぱく質が不足すると他にもこんなことが

 

髪質が落ちるだけでなく、たんぱく質の不足は他にもいろんな問題の原因に!たんぱく質=プロテインということで、筋肉量を増やしたい方はプロテインサプリを服用したり、摂取するたんぱく質の量を増やしたりする。

 

その理由は、たんぱく質が筋肉を作る原料だから。筋肉量を維持していくには良質のたんぱく質を常に摂取していく必要があるというわけだ。体重が気になる方やダイエットをしてる方は、痩せようとするあまり食事の量を減らしてしまうことがあるが、実はこれは逆効果で、かえって基礎代謝が低下してしまい、太りやすい体質を作ってしまう。たんぱく質の不足が基礎代謝の低下につながる、その仕組みについて説明してみよう。

 

摂取カロリーの不足が招く太りやすい体型とは?

 

たんぱく質って言うのは、ほとんどのすべての食材に含まれるってご存知ですか?たんぱく質というと肉や魚、あとは卵、大豆製品、牛乳などが思い浮かぶが、たんぱく質は実は穀物にも結構たくさん含まれてます。だから自分では必要な栄養素を満遍なく摂ってるつもりでも、食事の量自体が減ると知らず知らずにたんぱく質不足に陥ってしまう。

 

摂取カロリーがあまりにも少ないと、体は生命を維持するのに必要なエネルギーを筋肉を分解することから得ようとする。だから筋肉量が落ち、基礎代謝が下がってしまう。これでは一体なんのために食事制限してるんだか、意味ないような気がするよね。

 

たんぱく質の上手な摂り方とは?

 

摂り方。たんぱく質が髪にも体にも非常に重要なことはわかったけど、でもだからといって、量に限度をつけずにどんどん肉ばかり食べるのは、やっぱりNG。肉のたんぱく質は良質で栄養価が高いが、そのかわり脂肪も多い。たんぱく質摂取のために肉を食べるのは効率は良いが、量の調整と調理法に工夫を凝らすことが必要だ。

 

栄養価の高いたんぱく質は肉以外の食材にも含まれている。卵、魚、牛乳、乳製品、大豆、穀物、じゃがいもなどの野菜、いちごやパイナップルなどの果物など、たんぱく質を豊富に含む食材は多い。

 

上手にたんぱく質を取るようにするには、脂肪の多い肉ばかりじゃなく、幅広くいろんな食材を少しずつ食べるようにすることがポイントかな。体が必要とするだけのたんぱく質は摂りながら、尚且つ脂肪の摂りすぎを防ぐためには、肉、魚、卵に、カロリー低めの食材を組み合わせるようにしよう!

 

アミノ酸スコアって何?

 

アミノ酸スコアという言葉をご存知ですか?アミノ酸スコアというのは、たんぱく質の栄養価を簡略化した数値にあらわしたもので、豚肉や牛肉のロース、鶏肉ならムネ肉は100。魚ではあじ、いわし、鮭、さんまなんかも100。他にも納豆、卵、牛乳も100。

 

野菜で指数の高いのがじゃがいもや生しいたけ、果物ならいちごやパイナップル、りんごなどが数値が比較的高い。白米のスコアは61。アミノ酸スコアを頭に入れておくと、食事メニューを考える上でヒントになる。

 

面倒だからと、単品からまとめてたんぱく質を摂ろうとすると、カロリーや栄養価が偏ってしまう。とくに肉料理だけをたくさん食べるのは、肥満につながるので育毛やってる方には絶対勧められない。

 

ひとつの食材だけからたんぱく質を摂取するのではなく、複数の食材を一緒に食べることにより、トータルでスコアを100にしていく、これがたんぱく質の上手な摂り方だ!

 

たんぱく質の髪への影響まとめ

 

「育毛剤付けてるだけじゃ、だめなんだよな、と思いつつも、毎日の忙しさにかまけて、他に特に何にもやってないんですけど、これってやっぱりまずいですか?」先日薄毛暦2年の知り合いから、こういう質問をもらったんですけど、みなさんはどう思いますか?まずいといわれるとまずいような気もするけどね。でも育毛剤は始めてるんだから、その点は評価したい。

 

でも本気で薄毛改善を目指したい場合には、育毛剤頼みはちょっとリスキー。育毛剤の効果を最大にするには、毎日の食事を見直すことも大事。三大栄養素のひとつたんぱく質は、髪の主成分。たんぱく質不足はそのまま髪質の低下を招くので、食事を抜いたり、ダイエットをしてる方はくれぐれもたんぱく質が不足しないよう注意しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛グッズ総合人気ランキングランキング

関連ページ

センブリエキス
ノコギリヤシ
亜鉛
イソフラボン
カプサイシン
M-034
塩化カルプロニウム
ビタミン類
アミノ酸
プラセンタ
コラーゲン
ヒオウギエキス
グリチルリチン酸ジカリウム
ビワ葉エキス
オウゴンエキス
ニンジンエキス
ジフェンヒドラミンHC
キャピキシル
バイオポリリン酸
L-リジン
アルギニン
ピディオキシジル
cPA(環状ホスファチジン酸)
フィーバーフュー(パルテノライド)
レシチン
L-システイン
ミレットエキス
ヒアルロン酸
フコイダン
馬油
酵素
ローマカミツレエキス
クロレラエキス
アルニカエキス
オドリコソウエキス
オランダカラシエキス
アデノシン
アロエエキス
ユーカリ油
エビネ抽出エキス
酢酸トコフェロール
センキュウエキス
ソウハクヒ
ベンジルアミノプリン
塩酸ピリドキシン
エストラジオール
キナノキ樹皮エキス
サンショウエキス
ホップエキス
オオバクエキス
リンゴタンニン
ボタンエキス
ショウブ根エキス
シナノキエキス
ヒキオコシエキス
シモツケソウ
フラーレン
アカツメクサ花エキス
アセチルテトラペプチド-3
モウソウチクたけのこ皮エキス
アマモエキス
褐藻エキス
バナナ抽出成分シクロユーカレノン
ガニアシ
葉酸
セレン
イチョウ葉
臨床試験中の新成分セチピプラントとは?セチピプラントの育毛メカニズムに迫る!

ランキング一覧へ 育毛剤の基礎知識 育毛シャンプーの基礎知識 育毛サプリの基礎知識 女性用育毛剤の基礎知識