ハーブの一種ナツシロギクに含まれる成分

フィーバーフュー(夏白菊)

 

フィーバーフューが薄毛業界で注目の成分と言われて話題になっているけど、聞いたことはあるかな?一部雑誌でも紹介されていたんだけど、ハーブの一種のナツシロギクの葉っぱに含まれる成分のことでパルテノライドとも言われているんだ。欧米では昔から偏頭痛とか発熱、めまい、リウマチに効果があるハーブとして利用されていたみたい。

 

アメリカでまず乳がんの転移を抑制する働きがあると論文が発表されたんだ。それを大阪大学の医学部がマウス実験で確認をした。この時リウマチの炎症を抑える効果があることもわかって、今度は人間に飲ませたところ、髪の毛の薄くなっている所から産毛が生えたんだ。そこでフィーバーフューには育毛効果があるんじゃないかっていう話になって注目されているわけ。

 

大阪大学医学部のナツシロギクに関する研究詳細

このナツシロギクに注目が集まるきっかけになったのは、大阪大学医学部のナツシロギクに含まれる成分フィーバーフュー(パルテノライド)に関する研究。

 

そもそもはフィーバーフュー(パルテノライド)にはリウマチの炎症を抑える効果があるのでは?ということで研究が進められていたが、その過程でなんと育毛効果もあるらしいとの発表があり、にわかに育毛業界の注目の的に!偏頭痛やリウマチに対する効用の他、育毛効果もあげられるということで、フィーバーフュー(パルテノライド)のサプリメントなども続々発売されるようになった。今回はそんなナツシロギクの効用などについてまとめてみました!

 

フィーバーフュー(パルテノライド)の効果

 

大阪大学医学部はナツシロギクに含まれるフィーバーフュー(パルテノライド)の効果に注目、研究およびマウス実験の結果、フィーバーフュー(パルテノライド)にはリウマチの炎症を鎮める効果があることを発表した。フィーバーフュー(パルテノライド)の具体的な働きとは、たんぱく質の一種であるNFカッパーBという物質を制御すること。

 

NFカッパーBとは転写因子と呼ばれる作用を持つたんぱく質の複合体で、がん細胞を活性化させてしまう物質。パルテノライドはこのNFカッパーBを抑制するはたらきがあるということで、炎症化作用を抑えるはたらきが期待されるとのこと。炎症の改善と予防がフィーバーフュー(パルテノライド)の効能といえそうだ。

 

フィーバーフュー(パルテノライド)には育毛効果あり?

 

リウマチなどの関節炎の治療に有効かどうかについての研究を進めるうちに、患者さんの中に産毛が生えてきて、薄毛が改善されたとの報告があったことから発覚したのが、フィーバーフュー(パルテノライド)の育毛効果。実際にどの程度の効果があったのか、非常に気になりますよね。

 

いろいろ調べてみましたが、どのくらいの人数の方に効果があったのか、どの程度薄毛が改善されたのか、はっきりした数字を見つけることが出来ませんでした。ただ大阪大学医学部では、日本抗加齢学会において、このフィーバーフュー(パルテノライド)の効能に関する研究の成果を発表したことがあるので、フィーバーフュー(パルテノライド)に一定の効能が認められたのは確か。ただし現段階では、パルテノライドに一定の育毛効果があると、はっきり医学的に確証されたわけではない。パルテノライドサプリのみで育毛をやるのはちょっと無理があるかも知れない。

 

脱毛症に対してどの程度の効果があるか、どの程度の量を服用すると効果が得られるのか、副作用はあるのか、どんな脱毛症に対して利用できるのかなど、フィーバーフュー(パルテノライド)の育毛効果に関しては、いまだに医学的な検証が完全に得られたわけではない。

 

今後の研究開発を期待して待ってみたいと思う。実はこの大阪大学医学部の研究、研究結果が発表されたのは、今から10年前の2007年。当時は育毛に利用できる新成分発見か!と大注目されたもの、以後これといった進展がないようなので、どうでしょう?パルテノライドの研究は、今でも進められてるんだろうか?

 

フィーバーフュー(パルテノライド)には血管収縮を抑える効果もあるらしい

 

育毛効果についてはともかく、ナツシロギクはヨーロッパでは昔から痛み止めに効果があるとして利用されてきたという話だ。ハーブは人によって体質に合う・合わないがあるので、誰にでもおすすめというわけにはいかないが、とりあえず知識として、フィーバーフュー(パルテノライド)にはどんな効能があるとされるのか、一応押さえておきたい。フィーバーフュー(パルテノライド)が、NFカッパーBというたんぱく質複合体を抑えることについては上に挙げたとおり。

 

他にどんな効能が挙げられるかというと、血管収縮を抑える効果。偏頭痛などの痛みを和らげてくれるのは、これが理由になっているようだ。血管の収縮を抑えるということはすなわち、血管の拡張を促進することになるのでは?血管が拡張し、血流が良くなると、頭皮の血行も促進されるから、育毛に良い影響をもたらしてくれるのではないだろうか?

 

フィーバーフュー(パルテノライド)はどうやって摂る?

 

古代においてはナツシロギクは生の葉のまま噛んで食べたり、葉を煎じて飲んでいたようですが、これはちょっとどうでしょう?大体生のナツシロギクなんて、あまり手に入らないようだし、現在のところ、ナツシロギクの摂取方法はサプリメントが主流。

 

サプリメントなら手軽に飲めるので、試してみたい方はサプリから始めるのがもっとも簡単な方法といえそうだ。サプリを選ぶ際には、パルテノライドの含有率や生産地など、詳しいことをチェックしたほうが安心できる。パルテノライドサプリと謳っていても、含有率がきわめて低いものもあるので、購入前にきちんと確認するようにしよう。

 

市販のサプリのクオリティは千差万別。良質なものもあれば、粗悪品もあるので、パルテノライドサプリに限らず、サプリを購入する際には安全性や品質が確かなものを選ぶようにしよう。服用に際しての注意や副作用についての説明書きもじっくり読むことが重要だ。

 

サプリ以外にはハーブティーとして飲むという方法もあるが、これは好き嫌いが分かれそうだ。ハーブティーがお好きな方は抵抗なく飲めるかも知れない。ここで注意していただきたいのは副作用のこと。ハーブは種類によっては、薬を服用している方や妊娠中の方、持病のある方は服用することが出来ないので、気になる方はかかりつけの医師に必ず相談するようにしよう。

 

フィーバーフュー(パルテノライド)の育毛効果まとめ

 

薄毛治療に有効な成分は偶然に発見されることが多い。AGA治療薬のミノキシジルやプロペシアは、今では薄毛治療の代表的な薬として幅広く利用されているが、これらはもともとは他の疾病の治療薬として開発・研究されていたもの。それが服用されているうちに、多毛症などの副作用があらわれるようになり、これはもしかして脱毛症治療にも効果があるのでは?という流れになり、あとはみなさんもご存知のとおり。

 

脱毛症は別にそのままにしておいても命に別状はないため、研究開発が後手後手になってしまうが、それでも偶然の賜物ですごい育毛成分が発見されることも多い。今回のナツシロギクもそんな成分のひとつ。まだまだ分からないことの多い天然ハーブナツシロギクの育毛効果。今後のさらなる研究に期待したい!

 

フィーバーフュー配合の育毛サプリ

モサイン

スペックモサイン スペックモサイン

公式サイトへ毛太の解説をチェック

成分
バナナ抽出物(マルトデキストリン、バナナ抽出物)、ゼラチン、ミレットエキス(ミレットエキス、マルトデキストリン)、ガニアシ粉末、酵母(亜鉛含有)、ナツシロギク粉末、大豆抽出物、イチョウ葉抽出物、粉末セルロース、ステアリン酸Ca、ナイアシン、カラメル色素、パントテン酸Ca、V.B6、V.B2、V.B1、スパイス、葉酸、V.B12
このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛グッズ総合人気ランキングランキング

関連ページ

たんぱく質
センブリエキス
ノコギリヤシ
亜鉛
イソフラボン
カプサイシン
M-034
塩化カルプロニウム
ビタミン類
アミノ酸
プラセンタ
コラーゲン
ヒオウギエキス
グリチルリチン酸ジカリウム
ビワ葉エキス
オウゴンエキス
ニンジンエキス
ジフェンヒドラミンHC
キャピキシル
バイオポリリン酸
L-リジン
アルギニン
ピディオキシジル
cPA(環状ホスファチジン酸)
レシチン
L-システイン
ミレットエキス
ヒアルロン酸
フコイダン
馬油
酵素
ローマカミツレエキス
クロレラエキス
アルニカエキス
オドリコソウエキス
オランダカラシエキス
アデノシン
アロエエキス
ユーカリ油
エビネ抽出エキス
酢酸トコフェロール
センキュウエキス
ソウハクヒ
ベンジルアミノプリン
塩酸ピリドキシン
エストラジオール
キナノキ樹皮エキス
サンショウエキス
ホップエキス
オオバクエキス
リンゴタンニン
ボタンエキス
ショウブ根エキス
シナノキエキス
ヒキオコシエキス
シモツケソウ
フラーレン
アカツメクサ花エキス
アセチルテトラペプチド-3
モウソウチクたけのこ皮エキス
アマモエキス
褐藻エキス
バナナ抽出成分シクロユーカレノン
ガニアシ
葉酸
セレン
イチョウ葉
臨床試験中の新成分セチピプラントとは?セチピプラントの育毛メカニズムに迫る!

ランキング一覧へ 育毛剤の基礎知識 育毛シャンプーの基礎知識 育毛サプリの基礎知識 女性用育毛剤の基礎知識