塩化カルプロニウムはミノキシジルと似ている?

塩化カルプロニウム

塩化カルプロニウムって知ってますか?あまり聞き覚えのない名前だな、と思った方、では、カロヤンはどうですか?カロヤンといえば、「抜け始めて分かる、髪は長いお友達。」というフレーズで一世を風靡した発毛促進剤。元祖カロヤンは今はもう発売されてないけど、カロヤンSは現在でも発売中のロングセラー。カロヤンシリーズの現在の主力はカロヤンプログレ。

 

前置きが長くなったが、塩化カルプロニウムはこのカロヤンに配合されてる有効成分だ。カロヤンが初めて発売されたのはなんと今から45年前。当時は育毛剤・発毛促進剤の種類もまだ少なかったから、薄毛に悩む人にとっては救世的存在だったらしい。そんなカロヤンに配合されているのが、今回取り上げる育毛成分塩化カルプロニウム。フィナステリドやミノキシジルだけじゃない、育毛に効果的な成分は他にもまだある!

 

カロヤンって昔からあるよね

 

1970年代の終わりから1980年代頃放映されてた第一製薬のカロヤンのコマーシャル、もう40年以上昔のことだから、見たことも聞いたこともない人のほうが多いと思う。50代以上の人だって、カロヤンのコマーシャルを見たのは子供の頃だから、それ以下の年齢の人が知らないのは当たり前だよね。

 

「抜け始めて分かる、髪は長い友だち」、このキャッチフレーズ、今聞いてもしみじみ心に染み入ってくる。薄毛の悩みは昔も今もまったく変わってないことを実感させられ名フレーズだ。カロヤンのコマーシャルでは、このフレーズ以外にも「あなたの髪の運命はあなた次第。」なんていう、ドキっとさせられるフレーズもあった!

 

薄毛治療は日々進化してきたものの、ハゲの悩みは尽きない。現在では発毛促進剤や育毛剤・養毛剤の種類は数え切れないほど増え、AGA治療に効果的とされる成分も次から次へと研究開発されてきた。AGA治療に使用されている成分というと、フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルなどがとくにクローズアップされるが、塩化カルプロニウムだって育毛に効果ある成分のひとつなのだ!

 

塩化カルプロニウムって何?

 

塩化カルプロニウムとは血管拡張作用のある成分で、脱毛症の外用薬として用いられている。あまり聞きなれない名前なので知らなかった、という人も多いが、塩化カルプロニウムは厚生労働省から発毛促進効果があると認められた成分なのだ。厚生労働省によると、塩化カルプロウムの効果とは、局所血管拡張作用により、円形脱毛症をはじめとする各種脱毛症に対して脱毛防止、発毛促進を行うこと。また機能が低下している毛嚢に対してはたらきかけ、発毛促進を行ってくれる。乾性脂漏や尋常性白斑の治療にも有効だ。(参照@)

 

塩化カルプロニウムはAGA治療に効果あり?

 

厚生労働省からも認められたその効能。脱毛症一般に対して有効ということは、もちろんAGA治療に対しても有効なはず、と思うよね。フィナステリドやミノキシジルは、AGA以外の脱毛症に対しては効き目がないが、塩化カルプロニウムに関しては円形脱毛症をはじめ、各種脱毛症に対して効果的とされている。ということは、AGAの治療にも当然使えるはずなんだけど、どうだろう?フィナステリドやミノキシジルはAGAに対してのみ有効な成分なワケだが、脱毛症全般に効果がある塩化カルプロニウムの場合、AGAにも使っていいと考えていいはずでは?

 

日本皮膚科学界によるガイドライン

 

日本皮膚科学界ではAGAに対する診療のガイドラインを発表している。これはAGA治療を受けたい人が、正しいデータや治療薬・治療法に対する知識を得られるようにするためで、薄毛治療に使用される成分をそれぞれランク付けしている。この日本皮膚科学学界のガイドラインでは、塩化カルプロニウムはどのように評価されているのか、当然気になってきますよね。塩化カルプロニウムだけでなく、フィナステリドやミノキシジルの評価についても合わせて調べてみました!

 

ミノキシジルとフィナステリドに関してはランクはA。これは最高ランクで推奨度合いは、「行うことが強く勧められる」カテゴリーに分類される。そして気になる塩化カルプロニウムだが、これはCT。推奨度合いは、行うことを考慮してもよいが十分な根拠はない(エビデンスレベルがT・Uまで至っていない)とされている。

 

ただし、塩化カルプロニウムは生薬(カシュウチンキやチクセツニンジンチンキなど)やヒノキチオールと一緒に使用することにより、発毛促進効果がアップすることが示されているとのこと。つまり塩化カルプロニウムを単独で使用するのではなく、生薬と組み合わせることがポイント。現在発売されているカロヤンシリーズのカロヤンアポジカ、カロヤンプログレ、カロヤンガッシュなどには、塩化カルプロニウムに加えて、ここに挙げられている生薬やヒノキチオールが配合されている。ダブル配合されていることで複合的な効果を得ることがその目的だ!

 

塩化カルプロニウムの副作用ってどんなもの?

 

塩化カルプロニウムについて見てきましたが、今度は副作用について。ミノキシジルやフィナステリド同様、塩化カルプロニウムにも副作用があるのか?ないのか?この点について調べてみました。

 

塩化カルプロニウムの副作用として挙げられているのが、全身の発汗やそれに伴う悪寒、嘔吐、吐き気など。他にも皮膚の赤みや痒みなどが生じるおそれもあるので、少しでも異常を感じたら早めに皮膚科で診察を受けたほうがいい。ミノキシジルやフィナステリドのような重篤な副作用があるわけじゃないが、まったく副作用がないわけでもないので、用法や用量を遵守することが大切だ。塩化カルプロニウムだけでなく、AGAの治療薬はどれも用法・用量を正確に守らないと、副作用のリスクが高まってしまうので十分注意しよう。

 

塩化カルプロニウムで薄毛改善は可能か?塩化カルプロニウムの特徴

 

AGAだけじゃなく、円形脱毛症やその他の脱毛症にも効果がある塩化カルプロニウムについてまとめてみましたが、いかがでしたか?AGAの薬というと、ミノキシジルやプロペシアばかりが思い浮かびますが、この塩化カルプロニウムはなんと1970代後半から、発毛促進剤として使われてきた由緒(?)ある外用薬。

 

カロヤンシリーズって、今でもガッシュとかアポジカが人気だけど、配合成分についてはあまり考えたことがなかったので、今回は良い勉強になりました。厚生労働省からも認められた塩化カルプロニウムの発毛促進効果。単独で配合するのではなく、生薬と一緒に使うことで、発毛促進効果がアップするとのこと。AGAだけじゃなく、他の脱毛症にも有効ということで、幅広い人に使用してもらえることがポイントだ。

 

塩化カルプロニウム4配合おすすめ育毛剤

NFカロヤンガッシュ 240ml 第一三共ヘルスケア

NFカロヤンガッシュ 成分
カルプロニウム塩化物水和物、カシュウチンキ、チクセツニンジンチンキ、ヒノキチオール、パントテニールエチルエーテル、l-メントール…
価格 分類
\5,500前後 第3類医薬品
このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛グッズ総合人気ランキングランキング

関連ページ

たんぱく質
センブリエキス
ノコギリヤシ
亜鉛
イソフラボン
カプサイシン
M-034
ビタミン類
アミノ酸
プラセンタ
コラーゲン
ヒオウギエキス
グリチルリチン酸ジカリウム
ビワ葉エキス
オウゴンエキス
ニンジンエキス
ジフェンヒドラミンHC
キャピキシル
バイオポリリン酸
L-リジン
アルギニン
ピディオキシジル
cPA(環状ホスファチジン酸)
フィーバーフュー(パルテノライド)
レシチン
L-システイン
ミレットエキス
ヒアルロン酸
フコイダン
馬油
酵素
ローマカミツレエキス
クロレラエキス
アルニカエキス
オドリコソウエキス
オランダカラシエキス
アデノシン
アロエエキス
ユーカリ油
エビネ抽出エキス
酢酸トコフェロール
センキュウエキス
ソウハクヒ
ベンジルアミノプリン
塩酸ピリドキシン
エストラジオール
キナノキ樹皮エキス
サンショウエキス
ホップエキス
オオバクエキス
リンゴタンニン
ボタンエキス
ショウブ根エキス
シナノキエキス
ヒキオコシエキス
シモツケソウ
フラーレン
アカツメクサ花エキス
アセチルテトラペプチド-3
モウソウチクたけのこ皮エキス
アマモエキス
褐藻エキス
バナナ抽出成分シクロユーカレノン
ガニアシ
葉酸
セレン
イチョウ葉
臨床試験中の新成分セチピプラントとは?セチピプラントの育毛メカニズムに迫る!

ランキング一覧へ 育毛剤の基礎知識 育毛シャンプーの基礎知識 育毛サプリの基礎知識 女性用育毛剤の基礎知識