育毛剤や育毛サプリ、育毛シャンプーどれがいい?

どのタイプの育毛ケアグッズを使うのか?

タイプによって育毛剤は使い方が違うんだよね。それはそうだよね、内服タイプや外用タイプがあるんだから当たり前のことだね。簡単にタイプ別の説明をするんで自分の使う予定の育毛剤の使い方をチェックしてみてよ。

 

外用タイプ(いわゆる育毛剤)

 

外用タイプ

最もメジャーな、頭皮に振りかけたりスプレーするタイプの育毛剤だね。育毛剤と聞いたらみんなが思い浮かべるやつだよ。ミノキシジル配合の育毛剤などは副作用もあるので注意して使おう。

 

このタイプは直接頭皮に育毛剤を塗布するので、頭皮を育毛剤の成分が浸透しやすい状態にしてあげることが重要だね。入浴後に軽くマッサージをして使うとより効果的。付ける量は多く付ければ良いというものではなく、適量をしっかり浸透させることが大切だよ。

 

毛太は最初の頃祈るようにドバドバつけてたなあ、今考えればムダなことだったね。それぞれの育毛剤には用法用量がきっちり書かれているので守るようにしよう。いくらたくさんかけても頭皮に与える影響には限界があるしもったいないからね。朝晩の使用が基本となってるので、朝忙しいからといってつけ忘れしないようにね。会社に行く前などに使うので無香料のものがおすすめだよ。

 

外用タイプ使い方詳細へ

 

内服タイプ(医薬品や育毛サプリなど)

 

内服タイプ

医薬品育毛サプリメント、2つのタイプに分かれるんだ。医薬品は一日の服用量が決められているし、用法・用量・服用時期など必ずそれを守って服用しないと副作用もあるので注意してね。1錠の半分と指定されている場合は、ピルカッターなどでカットして服用。効果を急いで多めに取ることは厳禁だよ、育毛剤のつけすぎより危険度大だ。

 

サプリメントの場合は医薬品程厳しいルールはないけどが、基本的にはその商品の用法・用量に従って飲むようにしてね。多くとっても吸収されずに体外に出ちゃったりする成分とかはもったいないしね。

 

内用タイプ使い方詳細へ

 

シャンプータイプ(頭皮環境を整える)

 

シャンプータイプ

いわゆる育毛シャンプーだね。これは育毛剤ではないけど育毛ケアグッズとしてはまあまあメジャーだよね。昨今ノンシリコンシャンプーの人気が高まってるのでいろいろな商品が発売されているね。毛太的には、わざわざ育毛シャンプーを使わなくても市販のノンシリコンシャンプーとかでもいいと思うよ。ただし配合の成分だけはちゃんとチェックしなきゃダメだよ。市販のノンシリコンシャンプーでも髪に良くない成分を配合しているものも結構あるしね。成分多すぎてわかんねーや!って人は育毛シャンプーを選べば間違いないんで選ぶのが楽だよ。

 

育毛シャンプー使い方詳細へ

 

外用タイプの育毛剤を使いこなせ!

外用タイプは販売されている種類が多く、頭皮に直接塗布する育毛剤。外用タイプは頭皮に育毛成分を浸透させなければ意味が無いので、正しい使い方で商品の効果をフルに頭皮に伝えよう。外用タイプの育毛剤を使う順番やタイミングを知っておこう。

 

頭皮を綺麗にし外用タイプの育毛剤を浸透しやすい環境をつくろう

育毛剤を塗布するときには、まず頭皮をシャンプーできれいにすることが大事だよ。頭皮が汚れていればその汚れで育毛成分が毛穴の奥深くに浸透できないのてもったいない。頭皮の受け入れ環境を整えてから使うようにしようね。

 

育毛剤をつけるときには、髪の毛ではなく頭皮につけるように意識すること。あたりまえだよね、整髪料じゃないんんだから頭皮に付けないなんて論外だよ。ちなみに育毛剤によって、頭皮を乾かす前に塗布した方がいいものもあればしっかりと乾かす必要のある商品もあるので使っている育毛剤の使用法をチェックしてね。

 

シャンプーの際の注意点

シャンプーで頭皮をきれいにした後、すすぎも重点的にしないと逆効果になるので注意してね。時間にして1〜2分はすすぐようにしてね。シャンプー剤が残っていると頭皮が炎症を起こしたり毛穴が詰まったりと、育毛環境をかえって邪魔する恐れもあるんだよ。

 

外用タイプの育毛剤を塗布するのに適したタイミングは?

やっぱり夜がおすすめだね。特に夜の10時から深夜2時ごろまでは髪の毛が最も成長するゴールデンタイムなのでここを逃す手はないよ。この時間帯に突入する前に育毛剤を使用して、髪の毛の成長をを祈りまつ。ちょっと難しいけどでゴールデンタイムに育毛剤を使用して眠れたら最高だね。生活改善にもなるし髪にもいい早寝、毎日は無理でもだらだら起きているだけの日とかは思い切ってやってみては?

 

朝晩二回使用の育毛剤の場合はちょっと注意して。朝急いでシャンプーをするとすすぎが不十分でシャンプー剤が頭皮に残る恐れがあるのでしっかりすすぐことを心がけてね。朝は誰でもバタバタしていて忙しくなっちゃうから、育毛のためにいつもより5分早く起きてみようよ。

 

内服タイプの育毛剤・育毛サプリメントに含まれる成分

内服タイプの育毛剤「育毛サプリ」の使用法を紹介するね。一般的に育毛剤といえば頭皮に塗布するスタイルのものを思い浮かべるよね。しかしその他にも、育毛サプリメントが販売されていのを聞いたことがあるかな?他のサプリと同様、体内に摂取して育毛効果を引き出していくもなんだけど、育毛サプリメントには、髪の毛の成長に効果の期待できる成分がたくさん含まれているんだ。ではどのような成分が含まれているのでしょうか?

 

育毛サプリに含まれる代表的な育毛有効成分

大豆イソフラボン
文字通り大豆に含まれる栄養分。体にいいっていろいろな商品に配合され人気だよね。毛根にある毛母細胞の働きを活発にして、髪の毛の成長を促してくれるんだよ。

 

亜鉛
髪の毛の材料になるタンパク質の合成を促す働きがあって、食品からは十分に摂取できないことが多いからサプリメントで補うのが理想的だね。→さらに詳しく

 

L-リジン
必須アミノ酸の一つで、体の成長に欠かせない成分。育毛効果も期待できるので、あまり聞き慣れない成分だけど育毛にはかなり重要な成分だよ。

 

カプサイシン
唐辛子に含まれる辛味成分。唐辛子を食べると体が熱くなって、汗をかくよね?これはカプサイシンによって血行促進されている証拠なんだよ。頭皮に血液が多く流れれば、栄養分を受け取りやすくなり、育毛環境が整ってわけ。

 

ノコギリヤシ
育毛サプリの中でも最近注目されている成分。天然ハーブの一種で、男性脱毛症を抑制する効果が期待できる救世主。積極的に取りたい成分の一つだね。→さらに詳しく

サプリメントは医薬品ではないので、いつ飲まないといけないというルールはないよ。摂り方も推奨される摂取量を、水と一緒に飲めばいいだけなんで簡単。ただし残念なことに劇的に育毛効果が現れることはないんだなあ。毛太の考えでは育毛サプリは育毛剤の効果を引き立てる脇役だね。育毛サプリだけでの育毛ケアは物足りないかな。せっかく育毛サプリを使うなら育毛剤もセットで使ってみることをおすすめするよ。

 

→さらに詳しく育毛成分を知りたい方はこちら

 

AGAの外来も登場!医療機関でもらえる内服タイプの医薬品

医薬品の育毛剤

病院で処方される医薬品は大きく分けて2種類あるんだ。有名なミノキシジルとフィナステリド。テレビコマーシャルでAGAというのがしきりに宣伝されているよね。AGAっていうのは毛髪外来で専門の医師の治療が受けられる薄毛の原因のこと。毛髪外来が日本全国にあり、自分で育毛対策をしても思った効果の出ない人はAGAの可能性もあるので受信してみるのもいいと思うよ。

 

でもなかなか育毛のために通院ってハードル高いよね。どんな治療をおこなうのか簡単に。医療機関では問診と触診、そして投薬による治療が実施されるんだ。そこで登場するのが毛髪外来で治療を受けたときに処方される医薬品の育毛剤なんだ。代表的な育毛成分の効果もチェックしておこう!

 

注目の育毛成分

フィナステリド
まずはフィナステリドという内服薬。フィナステリドには、ジヒドロテストステロンという抜け毛の原因となるホルモンの生成を抑制する効果があるんだ。男性ホルモンの一種であるテストステロンと酵素の一種の5αリダクターゼが結合することで、ジヒドロテストステロンという物質が生まれる。このジヒドロテストステロンには、抜け毛を促し新しい毛の成長を邪魔するというおそろしい働きがあるんだ。困ったやつだよね。フィナステリドは、5αリダクターゼの活性を抑えることで、ジヒドロテストステロンの生成を抑制し育毛効果を得られるってわけ。

→フィナステリド詳細

 

ミノキシジル
もう一つは有名なミノキシジル。もともと高血圧用の薬として処方されていんだけど、体毛の濃くなる患者が続出したことで育毛薬として使われるように。血管を拡張することで頭皮の血流を良くし、栄養分を供給しやすくする効果があるので育毛には持ってこいだよね。みんなも聞いたことがあると思う育毛剤のリアップはミノキシジルを配合した外用タイプの育毛剤になるよ。

 

いずれも医薬品なので、基本的には医療機関を受診して、処方箋を書いてもらって購入しなくちゃいけない。でも、いちいち医療機関に行くのは勇気もいるし面倒だよね。そこで海外から個人輸入という形で購入する人が多いんだ。自分が使用する用途なら、一定量輸入しても法的には問題なし。

 

ただし海外には偽物も多く出回っていて、時には健康被害の生じるケースもあるので注意してね。個人輸入する場合は慎重に、自信のない人は個人輸入代行のサイトを利用するのがおすすめだね。それでも副作用とかのリスクもあるので慎重に使用するのを忘れずに。

 

→医薬品の育毛剤についてはこっちにまとめたよ

 

育毛剤の強力サポーター!育毛シャンプーを使って頭皮を健やかに

シャンプーで育毛剤の効果をアップ

市販のシャンプーでは危険?安心して、危険なものが普通に売られているわけがないよね。市販のシャンプーが危険で禿げちゃうならみんな大変だよ。即販売中止でシャンプーメーカーには訴訟の嵐だね。だからそこまでシャンプーに対して過剰な反応はしなくていいと思うよ。ただ髪や頭皮に良くない成分が含まれているのも知っておかなくちゃいけない。

 

育毛対策をするために、頭皮を清潔にすることは大事なんだ。シャンプーを毎日行って、頭皮の汚れを取り除くこともそれだけで立派な育毛対策だよ。

 

市販のシャンプーが薄毛に悩んでいる人におすすめできないのはなぜなのか?

市販のシャンプーは、洗浄力が強すぎるんだよね。汚れをしっかり取り除いてくれるのはいいんだけど、頭皮に必要な皮脂までも根こそぎ奪ってしまう傾向があるんだ。その結果、頭皮が乾燥してしまい、体が危機を感じて皮脂を過剰に分泌してギトギトの頭皮にしてしまうよくわからない状態になっちゃう人もいるんだ。頭皮の乾燥やオイリー状態は、頭皮には好ましくない環境で抜け毛を助長する要因になりかねないからさけたいところだよ。

 

毛太は普通の人は市販のシャンプーでいいと思うんだ。だってもう何年も使っているわけでしょ?大丈夫じゃない?
頭皮の弱い人や薄毛が気になる人には育毛シャンプーや市販のノンシリコンシャンプーの使用をおすすめするよ。いろいろな要因で髪や頭皮が弱ってきているんだからより髪に優しい成分の育毛シャンプーでいたわってあげなきゃね

 

→さぁ、もっと育毛シャンプーについて考えてみようよ

 

本当のところ育毛シャンプーの効果はどうなのよ?

市販のシャンプーは石油系の界面活性剤を使っているのに対し、育毛シャンプーはアミノ酸系を使っているのが大きな違いだね。育毛シャンプーの場合、頭皮の汚れをしっかりと取り除きつつ頭皮のバリア機能を担う皮脂は適度に残してくれるので頭皮の環境としてはバッチリ。
人間の体はタンパク質で大半が作られているよね。アミノ酸はタンパク質を細かく分解した状態なので、親和性が高いだよ。頭皮に余計な刺激を与えることなく洗浄できるのも、薄毛の人が育毛シャンプーを使った方がいい理由の一つ。

 

育毛シャンプーは、頭皮の育毛環境を整えるための商品でそのもの自体に育毛効果はないんだ。知ってたかな?時々育毛シャンプーで生えてくるというようなよくわからない紹介の育毛シャンプーサイトがあるけどそんなことはないよ。育毛シャンプーで洗って、育毛剤を使用すれば相乗効果で髪の毛の成長もさらに期待できるよ。

 

→どのタイプを使うかイメージついた?次は薄毛の原因について調べてみたよ

このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛グッズ総合人気ランキングランキング

ランキング一覧へ 育毛剤の基礎知識 育毛シャンプーの基礎知識 育毛サプリの基礎知識 女性用育毛剤の基礎知識