育毛剤の効果が現れるのって差があるよね

育毛剤の効果

 

抜け毛や生え際の後退が気になり始めたら、育毛剤の始め時ですよね。抜け毛や細毛をそのままにしておくと、どんどん薄毛が進んでしまいそうで怖い!だから今のうちになんとか薄毛を食い止めたい。

 

こんな悩みに応えてくれるのが育毛剤。でも育毛剤には、ネガティブな口コミもある…。

 

  • 育毛剤で効果を発揮できない
  • 育毛剤では毛は生えない

 

こんな口コミやレビューを読むと、育毛剤の効果についての疑問がふつふつと沸いてくる。育毛剤を使うと本当に毛が生えるのか?今回はそのへんの真相を調査してみたよ。これから育毛剤始めたい方はぜひ参考にしてね!

 

そもそも育毛剤とは?

 

育毛剤とは読んで字の如し、「毛」を「育」てるもの。つまり「毛を生やす」発毛剤とは、目的も配合成分も違っているわけだ。

 

「毛を育てる」も「毛も生やす」も言葉のニュアンスが違うだけで、どっちも同じようなものなんじゃない?と考えるのは大間違い。

 

つまり、わかりやすく説明すると、毛を育るもの・生やすものは以下のように分けられる。

  • 毛を生やすが「発毛剤」
  • 毛を育てるのが「育毛剤」

育毛剤と発毛剤は似ているようで、まったく別もの。使い方を間違えると効果が上がるどころか、かえって良くない結果に終わることも…。

 

毛を生やす発毛剤とは?

まず発毛剤の効果は、ずばり毛を生やすこと。発毛効果のある有効成分が配合されていて、分類は医薬品。これに対して毛を育てる育毛剤の分類は医薬部外品。発毛剤には強い成分が含まれてることもあり、副作用のリスクがあるのがデメリット。

 

毛を育てる育毛剤とは?

育毛剤はというと、育毛剤のはたらきは発毛促進効果にある。

 

その働きは、

  1. いま生えている毛を丈夫に育てること
  2. 頭皮環境を改善し、太く濃い髪の毛が根付きやすくしてくれる
  3. 抜け毛を予防してくれること

この3つが育毛剤の効果なんだ。

 

育毛剤の効果には個人差がある!

育毛剤の効果が「ある・ない」については、正直なところ個人差があるんだ。同じ育毛剤を使っていても、すごく効果を感じる人、そうでない人がいる。

 

そのため効果を感じる育毛剤選ぶためには、自分の体質に合っている物を厳選することが大切なんだ。

 

そのほかにも、育毛剤の効果に個人差がある理由には以下のようなものがある。

 

症状や成分によって効果の現れ方も異なる!

はじめに育毛剤って、どんなタイプのハゲにも効果あると思う?実はハゲのタイプによって、効果を発揮しないこともある…。

 

ハゲの中にも、生え際がちょっと後退しているM字ハゲ、後頭部と側頭部のみを残して完全にハゲあがったAGA(男性型脱毛症)など。

 

抜け毛や生え際の後退が気になる程度なら、育毛剤でも十分効果はあるんだ。でも完全にハゲちらかしているAGAの場合は、育毛剤を使っても思うような効果を発揮できないんだ。

 

どんなハゲに効果があるの?

 

育毛剤がもっとも効果をあげるのは、ハゲの兆候が見え始めたとき。

  • 抜け毛が増えた
  • 髪の毛が細くなった
  • 髪にボリュームがなくなった
  • 髪に張り、ツヤがなくなった
  • スタイリングしてもまとまらない
  • 髪がべたつく

こんな症状に思い当たったら、育毛剤の始めどき。「まだ人からハゲといわれるほどじゃないけど、でもそのままにしておくとハゲになりそうという」という初期ハゲの人は、育毛剤の効果をもっとも強く実感できる!

 

育毛剤はハゲてしまってからじゃなく、ハゲる予兆が来たときに始めよう。

 

育毛剤の成分によっても効果の出方は違う!

市販の育毛剤にもいろいろな種類があって、配合成分も多種多様。そこで育毛剤の成分に含まれる有効成分の働きを3つ紹介するよ。

 

男性ホルモンを抑制する

男性ホルモンの影響を抑制する成分は、ジヒドロテストステロンの生成に関わる5αリダクターゼの作用を抑制する。

 

血行促進して髪に栄養を運ぶ

血行促進作用のある成分は、毛根の奥まで髪の毛の成長に必要な養分を運び、皮脂の過剰な分泌を抑えてくれる。頭皮の血行を促進することにより、頭皮環境を改善してくれるよ。

 

そして市販の育毛剤に含まれている主な成分の働きは、以下のものになる。

  • 毛母細胞の活性化に働きかける成分
  • 頭皮の雑菌を綺麗にして髪の成長を促す成分
  • 血行を良くして髪の毛を正常な状態に整える成分

このように育毛剤は配合成分の違いによって、どんなはたらきが期待できるか全然違ってくる。

 

育毛剤の効果はへアサイクルも大きく関係している!

使う人のヘアサイクルによっても、その効果は違ってくる。髪の毛は一定の周期で成長を繰り返すから、健康な人でもある程度の抜け毛は自然に発生するんだ。抜け毛の本数が100本くらいまでならば正常だから大丈夫。

 

そもそもヘアサイクルとは、髪の毛が生まれてから抜け落ち、そして次の髪の毛が生まれるまでの周期のこと。

 

まずヘアサイクルの周期は成長期、退行期、休止期の三つで成り立ってる。一周期は大体、3年間から6年間。しかしこの周期には個人差があって、長い人もいれば短い人もいるよ。

 

このヘアサイクルを細かく見ていくと、

  • 成長期…髪の毛が伸びる時期、ヘアサイクルの9割近くを占める
  • 退行期…数週間、休止期は数ヵ月続く

その後、再び新しいサイクルが始まるという流れ。

 

そこで薄毛になるのはヘアサイクルが乱れるせいなんだ。育毛剤は乱れたヘアサイクルを正常化。短くなった成長期を伸ばし、休止期を早く終わらせて成長期に戻してくれるよ。

 

ただしヘアサイクルの正常化を実感するには、最低でも半年は育毛剤を使わないとね。

 

髪質でも効果の出方が違う!

そして育毛剤の効果の現れ方を左右するのは、髪の毛の太さもそのひとつ。

 

髪の太さと育毛剤の効果の出方には密接な関係があるんだ。育毛剤の効果の出方は、髪の毛の太い人よりも、髪の細い人のほうが大きい。

 

育毛剤は発毛を促すだけでなく、髪の毛を昔のように太く、しっかりしてくれるはたらきもあるよ。

 

育毛剤の効果が出ない5つの原因について考えてみよう!

 

効果がなかなか感じられないという人の場合には、育毛剤そのものよりも使う人に原因があるのかもしれないね。

 

どの育毛剤を使ってもダメって人の場合は、次の5つの原因についてじっくりと考えてみようね。

 

頭皮環境が悪化しているのかも?

頭皮は髪の毛を育てる畑のようなもの。そのため健康な髪の毛を育てるためにも、頭皮環境が整っていることは欠かせない。そこで頭皮に問題があると、効果を感じづらい原因にも…。

 

特に炎症やかぶれがあると、育毛剤の刺激で頭皮を痛めてしまうこともあるんだ。頭皮に異常がある人は、刺激の強い育毛剤の使用は避けるようにしよう。

 

こうした人は天然成分由来のる育毛剤を選ぼう。頭皮への刺激を押さえながら、効果的な育毛を促せるよ。たとえば「M-1毛髪ミスト」などの製品ならば、100%天然成分から作られているので安心だね。

 

育毛剤の成分が症状に合っていないのかも?

合わない育毛剤もあるよ。育毛剤ごとに、その目的とする効果やその成分が違うんだ。自分の薄毛の症状にあったものを選ばなければ、十分な効果は期待できない。

 

まずは自分の薄毛の症状やその原因などをしっかりと分析して、それに合わせた働きが期待できる育毛剤を選んでみよう。

 

シャンプー選びに問題があるのかも?

シャンプーの影響も考えられるよ。

 

大体の人が毎日シャンプーをしてるけど、肌の弱い人の場合だと、そのシャンプーで必要な脂分も洗い流してしまうことがある。こうすると頭皮が乾燥してしまうんだ。

 

またシャンプーには刺激が強い「合成界面活性剤」という成分が含まれていることもある。肌が弱い人がこれを使用すると、頭皮を痛めたり炎症やかゆみの原因になるんだ。

 

こうした頭皮環境の悪化で、育毛剤の効果が半減してしまうんだね。だからシャンプー選びも自分の頭皮に合わせて選ぶのが大事!そこで「アミノ酸系シャンプー」を使うのがおすすめだよ。肌への刺激が少なく、余分な脂分だけを洗い流せるから試してみてね。

 

→薄毛の原因を考える

 

育毛剤の効果はじっくりと時間をかけて確認しよう!

育毛剤の効果キター

育毛剤を使い始めると、頭皮が柔らかくなったり、髪にコシやハリがでてくるよ。その後、抜け毛が減ったと感じるみたいだね。使い始めてすぐ効果を感じる人もいるけど、ほとんどの人はしばらくたって、その効果を感じることが多いみたいだよ。

 

育毛の効果を感じるためには、あせらずにじっくりと育毛に取り組むことが大切だってことだね。

 

実際に育毛剤を使った人の意見を聞いてみると、だいたい半年〜1年程度継続することで効果を感じる場合が多いみたいなんだ。とりあえず最低でも半年は続けてみてね。

 

育毛剤の効果発揮は、最低でも6ヶ月使用が必須

育毛剤は発毛剤じゃないから、即効性を期待するのは間違。頭皮にじわじわ働きかけることで、ヘアサイクルを整えるシステムになってるよ。

 

そして、はじめに変化があらわれるのが頭皮環境や髪質。育毛剤を使い始めて2、3ヶ月目に入ると、髪にコシや張りが出てきて、頭皮のべたつきや乾燥が改善されてくる。

 

その次に、やっと発毛の効果がみえてくる。産毛が生えてきた!と感じるのは、最低でも4、5ヶ月後だね。

 

ヘアサイクルが正常化するのは、休止期にある毛根が目覚め、新しい毛髪が生えるようになってから。育毛剤の効果を実感するには、最低でも6ヵ月は継続して使うようにしよう。

 

 

効果を実感するために!自分に合った育毛剤を選ぶコツ!

 

育毛剤を使う前に予備知識として知っておきたいのが、育毛剤の有効成分。配合されている有効成分の特徴を知り、どんなハゲに適しているか把握することが失敗しない育毛剤選びのコツなんだ。

 

AGAの症状が出てる人

AGAの人には、 5αリダクターゼを阻害する成分がおすすめ。これは主に、キャピキシルやフィナステリドなど。オウゴンエキスやノコギシヤシにも効果があるといわれている。

 

抜け毛や髪質改善

頭皮の血行を促進する成分がおすすめ。主にセンブリエキス、ピディオキシジルやM-134など。生活習慣の乱れや運動不足によって、抜け毛や髪質が低下している人に適してるよ。

頭皮の皮脂の分泌が過剰/過少になってる人

頭皮環境を整えてくれる成分を使おう。主に抗菌・殺菌作用のある成分や海藻エキス、保湿成分がこれに相当する。

 

髪にボリュームが感じられない方や抜け毛が増えた人

髪の毛に必要な補給してくれる成分が入っている物を選ぶのがベストだよ。

 

自己判断で育毛剤を併用するのはNG!

育毛剤選びに迷った結果「同時に2つの育毛剤を併用しよう!」と考えている人もいるよね。しかし実際のところ、育毛剤を自己判断で併用することはNG。

 

併用することで育毛効果をアップできるどころか、頭皮トラブルが起こる可能性もあるよ。

 

そもそも育毛剤は別の育毛剤と併用して使用することを想定して作られてない。だから併用したとき、どんなトラブルや副作用が生じるかは誰にも予測できないんだ。

 

育毛剤を併用してトラブルが発生しても、それは自己責任になるから注意しよう。

 

育毛剤の効果を最大限にするワザ!

 

効果的な育毛剤の使い方。育毛剤は買ったものの、使い方についていまいちよく分からないっていう人、意外に多いみたいだね。

 

そこで、ここで育毛剤の効果を最大減に活かすためのポイントを紹介していくよ!しっかりとチェックしていこう。

 

育毛剤を使う時は髪の毛を乾かしたあと

育毛剤を使用するタイミングとしては入浴後が最適なんだけど、このとき頭皮が生乾きの状態で育毛剤をつけるのはNGだよ。

 

頭皮に水分が残ってる状態で使用すると、育毛剤の浸透度が悪くなる…。また育毛剤の使用量も判断しにくくなるんだ。育毛剤を付ける前には必ず頭皮をよく乾かすようにしよう

 

髪の毛は短くしておくのがおすすめ

育毛剤を始めたら、できれば髪の毛は短めに切っておこう。髪の毛が無駄に長いと、育毛剤を付けるときに邪魔だし、育毛剤の効果にも気づきにくい。

 

夜更かしは育毛剤の効果を逃してしまうので注意!

夜間10時から深夜2時までは、睡眠のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯。この時間帯に熟睡すると、成長ホルモンのはたらきによって疲労回復や免疫力の向上が見込めるよ。

 

毛髪の健やかな成長に、成長ホルモンは欠かせない。育毛剤を付ける際はこのようなポイントに注意すると、効果を実感しやすくなるんだ。

 

生活習慣を改善して育毛剤の効果を高めよう!

育毛剤を使うからには、なんとしてでも効果を実感したいよね。その効果を発揮するためには、これまでと同じ生活を続けていてもダメ!その効果を高めるにも、生活習慣や食生活を見直すことが大事なんだ。

 

実は薄毛の原因って男性ホルモンだけはなく、生活習慣も大きく関係している。たとえば以下のようなことも、薄毛になる原因のひとつ。

  • ストレスや間違ったヘアケア法
  • 運動不足
  • 冷え性やむくみ
  • 血行不良
  • 加齢

そこで育毛剤効果を上るためにも、生活習慣もきちんと整えていこう。

 

食事は頭皮に良い食べ物を摂取する!

まず外食が多い方は栄養バランスに注意し、髪の毛や頭皮によい食べ物を積極的に取り入れる。

 

運動不足解消で血行を良くしよう!

運動不足が続くと肥満になりやすいだけでなく、高血圧や血行不良の原因にも。激しい運動は必要ないけど、適度な運動を定期的に行うことが必要だ。

 

さらに一日中エアコンの効いた部屋でデスクワークの方は、運動不足に加えて、冷え性になってることもあるよ。

 

半身浴で体を温めたら血流も良くなる!

入浴はシャワーだけで済ませず、半身浴で浴槽にじっくり浸かり、体と頭皮をぽかぽか温めよう。

 

どれもたいしたことじゃないけど、ちょっとした努力を毎日積み重ねることによって、頭皮環境と髪質がじわじわと改善されていくよ。

 

育毛剤を使用する正しいタイミングもチェック!

そして育毛剤の効果促進には使用のタイミングも大事。そこで最適なのは、半身浴で体を温めた後。シャンプーで丁寧に頭皮を洗浄して、汚れや汗をきちんと落としておこう。

 

育毛剤を使う前に体を温めることで、頭皮の血行も良くなり毛穴が開くから、育毛剤が必要な部分にしっかり浸透するよ。

 

そして育毛剤を付けたら、頭皮に成分を浸透させるつもりで、優しく頭皮マッサージを行うようにしよう。一日一回使用の場合のベストタイミングは入浴後と覚えておくといいよ。

 

育毛剤によっては一日2回の使用が推奨されてるものもあるが、この場合は入浴後に一回、そして起床時に一回使うことが効果的。

 

あまり時間を置かずに使っても、効果がアップすることはないよ。付けすぎても効果はアップしないから、説明書をよく読んで指示に従うことが大切だ。

 

育毛剤の使用方法について、もう一度おさらい

最後に育毛剤の使用方法について、もう一度下記の表でおさらいしていこう。

 

まずは育毛剤をつけるときは、薄毛や抜け毛が気になるところから順番に頭皮全体につけていくように。全体に付け終わったら成分が頭皮に浸透するように、両手の指の腹でしっかり頭皮マッサージ。

 

育毛方法 ポイント
手順@ シャンプー

・頭皮の汚れ・皮脂をとる
・頭皮へ刺激が少ない物

手順A 頭皮を乾燥

・育毛剤の浸透を促進
・ドライヤーの冷風で乾かす

手順B 育毛剤を付ける

・頭皮全体にまんべんなく塗る
・気になる箇所は念入りに

手順C 頭皮マッサージ

・指の腹で優しく
・血行促進を意識する

手順D

育毛剤で髪が濡れたら
再度、乾かす

・髪が短い人は必要なし

 

 

これで育毛剤の付け方は万全、最後にもう一つ、髪の毛が長い人で、頭皮に育毛剤を付けてるうちに髪の毛にも育毛剤が付いてしまい、濡れてしまった場合は、再びドライヤーの出番。今度は髪先を乾かすようにドライヤーを使って、今日の育毛活動は終了。

 

育毛剤買っただけで満足してないで、どうやったらもっと成分を浸透させられるか、効果あげられるか、日々精進すべし!

 

→育毛剤の副作用についても知っておこう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛グッズ総合人気ランキングランキング

ランキング一覧へ 育毛剤の基礎知識 育毛シャンプーの基礎知識 育毛サプリの基礎知識 女性用育毛剤の基礎知識