育毛剤は医薬部外品や化粧品などに分類される

育毛剤と薬事法

薬事法って何?って改まって聞くと、ちゃんと答えられる人少ないんじゃないかな?薬事法っていうのは、以前の呼び方で、現在では正式な法律名は、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」ってことになってる。

 

これだけ聞いても漠然としてて分かりにくいけど、簡単にいうと、医薬品、医薬部外品、医療機器の品質や効能、安全性などが一定の基準に達しているかどうかを、管理、監督、指示していくっていうのが、改正薬事法の趣旨。薬事法なんて、育毛剤とどんな関係あるの?って思った?ちょっと面倒かもしけないけど、薬事法についての知識があると、育毛剤選ぶときにすごく役に立つから。

 

育毛剤の安全に関わる薬事法

今日は薬事法と育毛剤との関わりについてまとめてみよう。薬事法が大事なのは、この法律がなければ、安全性や効能に問題のある製品がたくさん市場に出回るようになり、消費者にとっては不利だったり、場合によっては健康上のリスクが生じることもある。

 

薬事法があるメリットは、消費者にとって非常に大きい。薬事法があるせいで、専門的な知識のない自分たちのような消費者にも、どの製品にどんな有効成分が含まれてるか、っていうことが、一目瞭然で分かる。

 

育毛剤は大きく分けると3つに分類

ここで育毛剤を薬事法による区分けごとに見ていこう。まずは医薬品から、医薬品は大きく分けて、1、医療医薬品、2、一般医薬品の二種類に分けられる。医療医薬品は効き目が強く、症状の改善に即つながりやすいけれども、副作用などのリスクがあり、医師の処方箋がなければ服用できないもの。

 

それに対して一般医薬品はいわゆる市販の薬で、風邪薬とか便秘薬とかみたいに、医師の処方箋が無くても近所のドラッグストアで買える。ただし第一類医薬品を販売するには、薬剤師の立会いが必要。

 

医薬品の目的とは、病気や怪我に対する処置として、回復するまであくまでも一時的に用いること。体を元の健康な状態に戻すのが目的。場合によっては副作用が生じることも。効き目が強いだけに、医薬品を期限なしで、日常的に用いることにはだからそれなりのリスクがあるっていうことになる。使用に関しては、常に医師の判断を仰ぎながらっていうのが、正しい態度。

 

次が医薬部外品、これはずばり医薬品と化粧品の間にある中間的存在。つまりある症状に対して改善が期待できるだけの効能はあるけれども、効き目はやや緩やか。これが医薬部外品の定義。予防効果や症状の軽減には役に立つけれども、即効で強い効果を上げる医薬品とは明らかに違う。

 

→厚生労働省認可の育毛剤?

 

最後に化粧品、薬事法での化粧品の定義は、体を清潔にしたり、見た目をよくしたりするために使用されるもので、人体に対する効き目がごく緩やかなもの。ただし医薬部外品として認定されているものは、化粧品のカテゴリからは除外されることになってる。

 

医療医薬品

育毛剤 効果 安全性 価格 手軽さ
プロペシア ×

 

一般医薬品

育毛剤 効果 安全性 価格 手軽さ
リアップ

 

医薬部外品

育毛剤 効果 安全性 価格 手軽さ
チャップアップ
濃密育毛剤BUBKA
ポリピュア

 

それぞれの育毛剤の特徴を知っておこう

まとめ

以上が、医薬品、医薬部外品、化粧品を薬事法の観点からまとめたもの。これまでなんとなく使用してたものも、よく見てみると成分表示の欄にはっきりと、医薬品、医薬部外品、化粧品と記載されてるから。たとえば歯磨きなんかだと、薬用歯磨きだったら医薬部外品、それ以外は化粧品ってぐあい。

 

育毛剤に関しても、医薬品、医薬部外品、化粧品と3タイプに分かれてる。男性用の育毛剤に関しては、医薬品及び医薬部外品が中心かな。女性用の場合は化粧品タイプも多いみたいだね。

 

医薬品の育毛剤として有名なのはそう、リアップ。リアップに配合されてる有効成分はミノキシジル、ミノキシジルについてはみんなもう十分詳しいと思うけど。ミノキシジルが配合されてる育毛剤を使用する際には、副作用とかによく注意するっというのが常識。

 

ミノキシジルとかはちょっと、っていう場合はやっぱり医薬部外品の育毛剤がおすすめ。医薬品に付き物の副作用とかに心配する必要ないし、毎日使い続けることで、抜け毛・薄毛改善だけじゃなく、頭皮環境改善につながる!

このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛グッズ総合人気ランキングランキング

ランキング一覧へ 育毛剤の基礎知識 育毛シャンプーの基礎知識 育毛サプリの基礎知識 女性用育毛剤の基礎知識