市販の育毛剤と通販専門の育毛剤おすすめは?

どこで育毛剤を買うのか?

育毛剤を購入しよう、使ってみよう、と一大決意したけど、一体どこで、どんな商品を買えばいいわけ?

 

育毛剤っていうからには、やっぱドラッグストアとか?育毛剤って大体医薬品?最初はよくわからないよね。育毛剤買うのって、みんなが思ってるよりちょっとめんどうなのが現実なんだ。育毛剤買うくらいで、何が難しいの?育毛剤なんてどこにでも売ってるんだし、良さそうなの見つけて買えばいいだけでしょ、と思った方、ごもっともな意見だけどちょっと想像してみてよ。ドラッグストアの育毛剤コーナーに立ったことある?大きなドラッグストアだと明るい店内に薬だけではなく食品なんかもおいてあって結構混んでたりするよね。わかりやすくシュミレーションしてみようか!

近所のドラッグストアに出かけてみよう!

 

風邪薬バージョン

「風邪薬コーナーどこですか?」
「喉と熱なんですけどどれがいいですかね?」
「あ、そうなんですか、それじゃあそれください。ついでにマスクもお願いします。」

 

育毛剤バージョン

「育毛剤コーナーどこですか?」
「M字ハゲと最近はてっぺんも気になるんですがどれがいいですかね?」
「あ、そうなんですか、それじゃあそれください。ついでに育毛シャンプーもお願いします。」

 

これはちょっと言いすぎだけど、店員さんに聞いたりしにくくないかな?毛太にもまだ聞きづらい気持ちがあるよ。初めて育毛剤を買う時なんて特に緊張するもんだよ。ドラッグストアって女性のお客さんが多いしやっぱり恥ずかしいと思うんだよね。明るい店内、化粧品やお菓子などのコーナがあり沢山の人であふれている…、その中で育毛剤コーナーで真剣に商品を見つめ悩みまくるちょっと薄毛な毛太。その場でしっかり成分表とか見れないよね。いきなり店舗に行くのではなく購入までには準備も必要なんだよね。

 

 

まずは育毛剤について色々下調べが必要!

 

配合成分や効果などで育毛剤って一口にいっても種類はさまざま。思い立ったからといって、いきなり出かけていって、そこにあるものの中で適当なものを選んでくる。

これは正しい育毛剤の選び方とは言えないな絶対に。あまりにもいい加減すぎるし、自分の髪の状態について真剣に考えてるんですか?って詰問したくなる。効果の期待できる育毛剤を選ぶには、ある程度自分で事前に予備知識を備えておかなきゃ。髪の毛の問題は人それぞれ、

 

頭皮の皮脂分をなんとかしたい 抜け毛を抑えたい 頭皮の血行促進
将来が不安だから予防に 細くなった髪をなんとかしたい 何がなんでも育毛

 

育毛剤に寄せる思いはさまざま。他にも配合されている成分や、医薬品や医薬部外品の区別とか、副作用のこととか、使用上の注意とか、これ全部をその場で立って考えるなんて、もう考えるだけで無理って分るよね。つまり、市販の育毛剤を買う前にももちろん下調べが必要で市販の育毛剤と通販の育毛剤についてそれぞれのメリットなんかを考えてみよう。「ブランドバリューのある市販品は安心感がある」って結構みんな思ってるよね。まずはドラッグストアで買える有名な育毛剤についてから!

 

ドラッグストアで買える大手メーカーの育毛剤はどうなんだろう?

 

育毛剤の購入は?

有名な大手メーカーの市販の育毛剤なら安心、効果も期待できそうって期待する人の気持ちはもちろん分かる。ちゃんとしてるっていうか、商品に対して責任持ってる感じってあるよね。ブランドバリューっていうの?

 

毛太もその昔は市販の育毛剤のほうがやっぱりいいかな、って思ってた時期ありました。知名度高いし、使用前・使用後を盛りいれたTVCMとか見ると、使う前からもう効いてきたような錯覚に襲われたりして。毛太は育活歴無駄に長いわけじゃないんで、もちろん市販品の育毛剤もいくつか使ってみた。で、効果かのほどはっていうと、うーん、育毛剤はやっぱり使う人との相性もあるしね、効果あったのもなかったのもいろいろかな。

 

大手メーカーの育毛剤から初めて見るのも悪くはないが

名の通った市販品だからっていって、薄毛の人みんなを救済できるっていうわけじゃない、ってこと、よく覚えておきましょう。「育毛剤選びで肝心なのは、自分の頭皮や髪の状態にぴったり合ったものを選び取ること」、これまでの育毛剤遍歴で、毛太が痛切に感じるのはこれ、いくらメジャーな市販品でも自分に合わなかったらそれまで。市販の育毛剤は広く万人に向けて販売されてるものだから、薄毛対策に真剣に取り組もうっていう人には、ちょっと物足りない感じは確かにある。

 

こうなんていうか、痒いところに手が届ききってないような。市販の育毛剤のメリットが、メジャーで安心感があることだとすると、デメリットはこの細かい薄毛対策に必ずしも特化してないってことかな。逆にネット通販の育毛剤は、薄毛に悩む自分たちのニーズに細かく対応できてることがメリット。初めての育毛剤チャレンジや早めの予防とかにはいいかもね。(リアップは医薬品なので使うときは気をつけてね)

 

今はなんでもネットで買えて便利だよね。ドラッグストアで買える育毛剤とかも簡単に買えるのでネットでじっくり選んで買うのがおすすめだね。まずはライトな感じで大手の育毛ケアグッズを試してみるか、本気で育毛ケア始めるならネット専門の育毛ケアグッズをを購入するかはあなた次第です!

 

ドラッグストアで買える代表的な育毛剤

 

リアップ×5 60mL 大正製薬

リアップX5 成分
ミノキシジル、1,3-ブチレングリコール、ジブチルヒドロキシトルエン、リン酸、エタノール…
価格 分類
7,000円前後 第1類医薬品

NFカロヤンガッシュ 240ml 第一三共ヘルスケア

NFカロヤンガッシュ 成分
カルプロニウム塩化物水和物、カシュウチンキ、チクセツニンジンチンキ、ヒノキチオール、パントテニールエチルエーテル、l-メントール…
価格 分類
\5,500前後 第3類医薬品

薬用アデノゲン EX 300ml 資生堂

薬用アデノゲン EX 300ml 成分
アデノシン、パントテニルエチルエーテル、β-グリチルレチン酸、クジン抽出液…
価格 分類
10,000円前後 医薬部外品

サクセス 薬用育毛トニック 180g 花王

サクセス 薬用育毛トニック 成分
トランス-3,4’-ジメチル-3-ヒドロキシフラバノン、ニコチン酸アミド、ピロクトン オラミン、エタノール、水、二酸化炭素、ユーカリエキス…
価格 分類
1,000円前後 医薬部外品

薬用毛髪力 イノベート 200ml ライオン

薬用毛髪力 イノベート 成分
ペンタデカン酸グリセリド、6−ベンジルアミノプリン、ビタミンE誘導体(酢酸トコフェロール)…
価格 分類
\2,500前後 医薬部外品

 

育毛剤について、ドラッグストア店員に訊いてみた!本当のとこは、どうなの?

ドラッグストア店員への育毛剤インタビュー

 

育毛商品やサイトの評判は、口コミで判りますが、一般ドラッグストアで売られている育毛商品は、どんな価格帯?ユーザーは?リアル店舗では、皆さんどうしているの?そんな疑問を今回は解決です。

 

ドラッグストアで見てみた「育毛商品」アレコレ

今回、商品をチェック&話を聞いてきたのは、地方の複合ショッピングモール内ストア、東京本社の全国に1000店舗以上を展開するチェーン店です。ここでは、第1種医薬品として有名な商品は扱っていない、とのこと。

 

まず商品価格帯ですが、解りやすい所にあるのが、500円〜1000円のトニック系、同価格帯のシャンプーもありますね。その棚の上に2000円〜1万円近い「育毛剤」が置かれています。ビギナーとベテランが選択しやすい並びです。その裏にシャンプー、こちらは1000円以上と、やや高め、ヘアスタイリング剤と一緒になっているため、両方を熱心に見比べる人あり。

 

ちなみに、この店舗の近所にある札幌本社のドラッグストアチェーン店は「第1種医薬品、育毛剤」がど〜ん!と置かれていました。
この「育毛界の目玉商品」食い争いにならないよう、片方にしか置かれていないのかもしれませんね。と納得してみる。

 

こちらは、その下にシャンプー、ボディソープなどがあり「メンズケア!」が解りやすいレイアウト、シャンプー、育毛用品などの細かい商品はレディスなどの向かいの棚に陳列、メンズスキンケアなどメンズアイテムがひとくくりに置かれているため、何を選んでいるのか、他人には解りにくいメリットあり。

 

メンズケアも当たり前‥と言いつつ、やはり多すぎるレディス商品に比べると狭い世界、「メンズということは解りやすく」となっています。
男の肩身はこんなもんだねぇ。

 

ちなみに、何となく商品の色が黒い、モノトーンだ。売り場全体が重いカラー、という意味でも解りやすいですね‥。パステルカラーとか出てくる時代になれば、男性のケア事情も変化するかも。りゅうちぇるに期待。

 

店員さんに訊いてみた「育毛商品の売れ筋、選び方」

たまたま捕まえた店員さん(服装から見て薬剤師)、運のいいことに?ちょうど2,30代、髪はオシャレ系、AGAの心配は今の所無いと思われる男性が質問に答えてくれました。

 

さて気になる年齢層は?

A「基本的に近所の人が多く、そういった人が一定年齢以上なので、単純に上の世代が多いですねぇ。
育毛商品となると、定番の育毛剤をリピートして買う人が、大半ではないかと思います。」

 

売れ筋商品は?

具体的なメーカー、商品名を訊くと「ああ、親父っぽい。老舗。」と思える育毛剤のラインアップ、既に「薄毛確定」した人が、習慣として買っているみたいです。
実店舗だとポイントも付くし、といった所でしょうか。本当にユーザーがいないのか、こっそりネットで買っているのか?は謎ですね。

 

A「予防意識のある人は、稀ですね。相談自体殆ど受けることがないです。」

 

‥ちょっと残念そう、薬剤扱い有資格者としては、やはりもう少し店員を活用してほしい、といった所でしょうか。
確かに、低価格帯のトニックなど、もう少し店員の記憶に残る売り方をされても良さそう。

 

薄毛予防については、どうお考えでしょう?

A「まず予防の意味で、育毛剤は買わないでください。薬と同じで「症状に対する効果」というための商品ですので。

 

また、買う際は「症状」を店員に告げるといいです。乾燥と皮脂過剰では商品も異なりますので。薄毛対策=恥ではないので、どんどん商品については普通にお聞きください。シャンプーなどを試されるのはいいと思います。」やはり「育毛剤=薬=安直に使うな」ということ。

 

AGA思い込み世代としては、客観的に意見を聞くという意味でも、店舗で薬剤師のアドバイス活用を考えてもいいかも。

 

若い世代への薄毛対策アドバイスは?

「何といっても価格が安いので、500円台のトニックなどから試されては?もちろん、シャンプー&トニックセットの方が効果は期待できると思います。」

 

‥あのぅ〜〜組み合わせとか商品の価格差って、どういう意味があるんでしょうか?

 

「‥う〜〜ん、はっきり言って個人差ですねぇ〜〜!大体の商品が1か月程度の使用量になっていると思われるので、“まあいいかな”と思ったら継続使用してみる、とかですね〜。数回で合う合わないを決めるのは無理ですね!」
ちなみに、売れ筋トニックは、ライン遣いでも有名なメーカーの想像通りの商品です。

 

効果もですが、使用方法、使用感などは、やはり使ってみないと合うものは解らない。とのことで、お手頃価格(2000¥以下)のアイテムは「好み」となりそうです。話を総合すると、まず「手頃なシャンプー&育毛トニック」を使うことから始めるといいですね。

 

この辺の商品は、店舗販売だと結構なお買い得、まず買うこと、使ってみることで「ケア習慣」を付けるといいかもしれない、と思った次第。30になったあたりで、スキンケアなんかも、楽なのを買ってみると「メンズケア」に慣れていいかもしれないです。

 

薄毛対策がこじれると、考えすぎて、手遅れ親父になり「いきなり育毛剤」で地肌が傷み、また悩んでネットを見る・・とかになりそうなので、やめた方がいいようです。

 

市販の育毛剤をドラッグストアの店員さんに聞いてみたおまけ

 

「薄毛誤魔化し用の地肌パウダーは、頭皮に悪くないのか?」
A「う〜ん、その前提で出しているのでいいとは思いますが‥メーカーに聞いてください!すみません。」

 

「男女別の商品は気にした方がいいのか?」
A「おそらく害はないと思いますが、せっかく性別分けで開発されているので、守らない意味がないです。」

 

なるほど〜のお答え、ありがとうございました!

 

 

プライバシーの面から考えてもネットでの購入がおすすめ

まとめ

そもそも育毛剤のような商品の購入は、ネット通販が主流っていう背景もあるし、とにかく自分のニーズに合わせて、たくさんある中から一つ選び出した、っていう満足感もあるしね。デメリットのほうはというと、あまり聞きなじみのない会社が販売してたりして、その点に気になる人もいるかもしれないけど、店頭販売している商品と違って、コストを出来るだけ抑えられるから、その分価格に還元できるっていう強みもある。通販の育毛剤は種類が豊富、自分の髪の状態や予算に応じて、上手に選ぶのが育毛活動のポイント!

 

じゃあ育毛剤はどうやって選べばいいんだろう?

このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛グッズ総合人気ランキングランキング

ランキング一覧へ 育毛剤の基礎知識 育毛シャンプーの基礎知識 育毛サプリの基礎知識 女性用育毛剤の基礎知識