育毛剤は効かない!あなたはどう思う?

信じて使おう!血行促進で育毛効果

 

薄毛に悩みはじめると、「そろそろ育毛剤を使ってみようかな?」と考える男性は多い。

 

でも実際に使用を検討する人や、使用してみた人の中には

 

  • 育毛剤なんて気休めでしょ?
  • 口コミで「効かない」という情報を見て不安
  • 育毛剤を使っても毛が生えない!

 

といった意見があるのも事実。しかし育毛剤が効かない原因には、ちゃんとした理由があるよ。

 

そこで今回は、育毛剤を理解しながら、効かない原因を解説!育毛剤の目的・使用方法を改めて理解しながら、よりよい育毛ライフに繋げよう。

 

育毛剤を使っても髪の毛はフサフサにならない!!

育毛剤は薄毛対策に効果があるのに、ネットで見かける口コミの中には「効かない」といった意見もある。しかし、考えられる理由がいくつかあるよ。

 

その一つは、育毛剤の目的をはき違えてることが多い。

 

育毛剤で毛は生えない

 

育毛剤を使っても「毛が生えない、フサフサにならない」と嘆いてもダメ!そもそも育毛剤には、毛を生やす効果はないんだ。

 

  • 育毛剤…毛を育てる
  • 発毛剤…毛を生やす

 

「毛を育てる・毛を生やす」ことは、それぞれ目的が違う。だから育毛剤で毛が生えると思ってる人は、いくら使い続けても効果を感じれないよ。

 

実際に育毛剤の目的について、もう少しみていこう。

 

その目的は頭皮の環境改善と現状維持!

まず毛を育てるためには、土台となる頭皮が健康じゃないとダメ。そこで頭皮を健康にしながら、太くてしっかりした髪に戻すのが育毛剤の主な働き。

 

そして頭皮環境の悪化が原因となる、次の症状を

 

  • 抜け毛が増える
  • 髪の毛が細くなる
  • 髪がぱさつく
  • 髪のボリュームが少なくなる

 

育毛剤で正常な状態に整えていくんだ。

 

頭皮環境の改善って具体的にどんな効果があるの?

 

育毛剤の頭皮改善をもっと具体的に見ていくと、以下の働きかけをしてくれる。

 

  • ふけ・かゆみ予防
  • 過剰な皮脂を抑制
  • 頭皮の血行促進
  • 頭皮の正常化
  • 頭皮の保湿
  • 赤みや腫れの改善

 

育毛剤は毛を生やす効果はないけど、何よりも大事な毛を生やすための土台を整えてくれるんだ。

 

薄毛の症状によっては育毛剤が効ない!その頭皮状態を確認しよう

薄毛は症状によって対策方法も変わるので、育毛剤が効かない人もいる。

 

まずは表で、自分が育毛剤に向いている薄毛かどうか確認してみよう。

 

効果の期待が大きい 効果の期待が小さい
  • 髪全体が薄くなっている
  • 髪の分け目が薄い状態
  • 女性の薄毛(全般)
  • 完全にハゲてる人

 

この表を見てわかることは、薄毛初期段階の人こそ育毛剤を使うべき。

 

さらに育毛剤の「向き・不向き」をもっと簡単に説明すると

 

  • 薄毛の初期段階…育毛剤
  • すでに進行しきった薄毛…発毛剤

 

育毛剤・発毛剤は、自分の症状に合わせて使い分けることが大事!もし、すでに進行している人は育毛剤ではなく、もっと本格的な対策に挑んでみよう。

 

誤った育毛剤の使用方法では効果を実感できない!

育毛剤が効かない!と感じる人の多くは、使い方が間違ってることも。使い方を間違えると、かえって逆効果になることもあるんだ。

 

そこで使用時に注意したいポイントは、以下の4つ!

 

  1. 効かないので使用をすぐやめる
  2. たくさん付け過ぎる
  3. 生活習慣が乱れている
  4. 自分に合わない育毛剤の使用

 

これらの誤った使用方法を続けても、育毛剤本来の効果を発揮することはできないんだ。

 

効かないからってすぐ中断してない?まずは継続が大事!

 

「使い始めて1か月も経過してるけど、効かないし辞めてやる!」って息巻いてる人も多いんじゃない?

 

最低3ヶ月が原則

 

育毛剤はある程度継続しないと効果を発揮できない。できれば、半年〜1年がベスト。

 

もっと早く効果を!という人もいるけど、これには「ヘアサイクル」も大きく関係してるため、早まるのはNG。

 

育毛はサイクルを理解することが鉄則!

 

そもそも髪にはヘアサイクルがあって、次のような仕組みで行われているんだ。

 

初期 毛乳頭から新しい毛が生える
成長期 新しい毛が伸びる
退行期 髪の成長が止まる
休止期 髪が抜け、新しい髪に生え変わるまで

 

そして抜け毛の原因は、ヘアサイクルのリズムが狂うこと!健康な髪のヘアサイクルと比較して、薄毛の特徴を見てみよう。

 

  • 正常な髪…成長期が長い
  • 薄毛になる髪…成長期が短い

 

こう考えると、育毛家の目的って短くなった成長期をもとのリズムに戻すことなんだ。ここで育毛剤が力強い助っ人に!

 

しかし髪は他の部分より毛周期が長いから、ある程度の継続が必要になるので、半年〜1年は継続してみよう。

 

→長く続けるなら1ヶ月の価格が最安の育毛剤がおすすめ!

 

たくさん付けても意味なし!用法容量を守って使用する

抜け毛をなんとか阻止したい!という一心で、規定量を守らずたくさんつけてない?

 

育毛効果をあげるどころか、

 

頭皮のべた付き

 

頭皮を清潔にする効果もあるのに、付け過ぎてベタベタになったらその状態も保てなくなるよ。

 

早く薄毛を治したい気持ちは分かるけど、たくさん付けても逆効果。しかも頭皮に浸透しきれない量を付けたら、お金の無駄だよね。

 

せっかくの育毛効果を無駄にしないためにも、必ず用法・容量を守ることが大事!

 

育毛剤を使うだけではダメ!生活習慣も見なすことが重要

育毛剤の効果をあげるためにも、生活習慣の乱れを治すのは必須条件。育毛剤を塗ればいいや!と思う人がいるけど、乱れた生活習慣は効果半減に繋がるんだ。

 

ではなぜ、生活習慣改善が効果発揮に繋がるのか。

 

頭皮環境の変化

 

実は、生活習慣も頭皮状態を大きく左右する。そのため以下の生活を送る人は、薄毛に要注意。

 

  • 寝不足・夜更かし
  • 運動不足
  • 栄養に偏りある食事、暴飲暴食
  • ストレス過多
  • アルコールの飲みすぎ
  • タバコ

 

不摂生を繰り返すこと、頭皮状態も悪くなる一方なんだ。だから育毛剤を使っても、思うような効果は得られない!

 

本来の効果を失わないためにも、正しい生活習慣の改善を徹底していこう。

 

→自分の頭皮の特徴わかってる?

 

使用中の育毛剤は自分に合ってる?種類・タイプで使い分けないと効果なし!

 

評判だけに目が行って、手あたり次第育毛剤を使ってない?

 

育毛剤は頭皮の状態や薄毛によっても、その種類はさまざま。だから効果的な育毛剤選びで何より注目したいのは、

 

状態に合った種類

 

もし頭皮の特徴を無視して合わない育毛剤を使っても、思うように効果発揮できないんだ。

 

実際、育毛剤の種類では

 

  • 頭皮の血行を促進タイプ
  • 男性ホルモン抑制タイプ
  • 皮脂の過剰な分泌抑制タイプ
  • 毛母細胞を活性化タイプ
  • ぱさぱさの頭皮に潤いを与える保湿タイプ

 

など、頭皮の傾向に合わせてラインナップを用意してるよ。この特徴を活かして、自分に一番合っている育毛剤を選ぼう。

 

例えば…

 

皮脂の分泌を抑えるタイプ
シャンプー後、髪を乾かしても頭皮がべつく人におすすめ

 

頭皮に潤いを与える保湿タイプ
頭皮がパサついてフケが多い人におすすめ

 

といった感じで、症状に見合った育毛剤を選ぶことが失敗しないコツだね!

 

まずは育毛剤の理解して、正しい使用方法を再確認!

 

今回は「育毛剤が効かない」というイメージや不満を持った人に向けて、その真相を徹底解説してきたね。

 

最後に記事のおさらいとして、今回のポイントをチェックしていこう。

 

  • 育毛剤は毛生え薬じゃない
  • 育毛剤は頭皮環境を改善して育毛に導く
  • 誤った使用方法だと効果発揮できない
  • 頭皮状態にあった育毛剤の種類を選ぶ

 

基本的なことだけど、意外と知らない人も多かったりするよね。まずは育毛剤を理解して自分に合うものを選び、正しい使用方法で継続的に使い続けることが大切。

 

焦ったところで思うように効果は発揮できないので、きちんと下調べしながら時間をかけて続けていこう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛グッズ総合人気ランキングランキング

ランキング一覧へ 育毛剤の基礎知識 育毛シャンプーの基礎知識 育毛サプリの基礎知識 女性用育毛剤の基礎知識