刺激の少ないシャンプーを選ぶポイントとは?

シャンプーの界面活性剤

 

育毛ケアとして有効なシャンプー選びとはどんなもの?よく聞くのは、シャンプーは刺激のないもの、頭皮に優しいもの、害のないものを選ぶようにしよう!ってこと。頭皮だって皮膚の一部、皮膚に悪いものは頭皮にだって良くないはず。ボディソープやシャンプーを選ぶ際、どんなことに注意してますか?

 

毛太が注意してるのは、頭皮に刺激があるものは避け、出来るだけ頭皮に優しいもの、そして不要なものが入ってないものを選ぶこと。頭皮に優しい、刺激の少ないものにしておいたほうが、気持ち的にも安心できるし、もちろん頭皮や髪の毛にもいい影響をもたらすはず。頭皮に優しく、添加物が配合されてないもの、こんなシャンプーが理想だが、実際には界面活性剤やシリコン、防腐剤、着色料、香料などの合成添加物が配合されてる製品も多い。今回は育毛ケアの一環としてのシャンプー選びに焦点を当てて考えてみよう!

 

界面活性剤って何?

オーガニックブーム到来とともに盛んに言われるようになったことに、界面活性剤の害毒がある。界面活性剤と聞いただけで、何かおそろしい化学薬品のようなものを思い浮かべる人も多いと思うが、そもそも界面活性剤ってどんなものか知ってますか?界面活性剤とは、分子内に水と油の二つになじみやすい性質を持つ物質を総称したもの。

 

界面活性剤と聞くと人工的に作り出された化学薬品のようなものをまず思い浮かべるかもしれない。これは合成界面活性剤をイメージしてるんじゃないかな。原材料は石油などで、いわゆる石油系界面活性剤もその中のひとつ。ただし界面活性剤のすべてが合成されてるわけじゃない。天然成分の中にも界面活性剤は存在していて、ペプチドやサポニンなどがこれに当たる。

 

洗剤やシャンプーに界面活性剤が配合される理由

界面活性剤のもっとも大きな特質は、水と油のようにそのままだと決して混じりあわない物質同士を混ざり合わせる力を持ってること。シャンプーや化粧品に界面活性剤を配合するのは、有効成分同士を混じり合わせ、均質化し、使用する部分に有効成分を浸透させるため。また雑菌などを殺菌する作用もあり、洗剤やシャンプー、化粧品をはじめ、界面活性剤は日常品の多くに使用されている。

 

界面活性剤は必要なんだけど…、

さっきも述べたけど、界面活性剤には石油などを原料とする合成物質もあれば、天然界に存在する物質もある。界面活性剤自体には非常に重要な役割があり、これなしにはスキンケア製品は作れない、といってもいいほど。ただし皮膚が敏感な方や刺激に弱い方が、石油系界面活性剤を利用した製品を長い間使っていると、肌荒れを起こしたり、皮膚トラブルにつながることもままある。

 

頭皮や皮膚に優しい製品を選びたかったら、石油系界面活性剤は出来るだけ控えたほうがいいだろう。シャンプーを選ぶ際には、表示書きに注意して、どんな界面活性剤が配合されてるのか、まずはチェックしてみては?以下に界面活性剤の種類について詳しく見ていこう!

 

界面活性剤の種類、いくつ言えますか?

界面活性剤は大きく分けて二つ。すなわち合成界面活性剤天然界面活性剤。これとは別に用いられた原料を基準にして考えると、天然由来と石油由来に分けることが出来る。石油由来のものとしては、上に上げた石油系、そして高級アルコール系と呼ばれるものの一部。それ以外はすべて天然由来タイプということになる。

 

天然由来タイプのものを細かく書いていくと、上に上げたサポニンやレチシンといった天然のもの、脂肪酸エステル系、石鹸系、アミノ酸系、そして高級アルコール系のうち脂肪酸を使用したもの。以上が天然由来の界面活性剤になる。というわけで、頭皮に優しいシャンプーを選ぶとしたら、まず避けるべきは石油系のもの。合成タイプのものに関してだが、それぞれに特色があり、いちがいにどれがだめというわけでは無い。

 

たとえば石鹸系や脂肪酸エステル系の製品も皮膚への刺激は少なく、使用したからといってとくに問題が発生するわけではなさそうだ。ただ強いて挙げるとすると、シャンプーはアミノ酸系がおすすめだ。アミノ酸は体に絶対不可欠な要素なので、アミノ酸系のシャンプーなら、髪や頭皮への刺激も弱く、安心して使えそうだ。

 

シリコン配合のシャンプーもだめ?

頭皮と髪に優しいシャンプーの代表といえば、ノンシリコンシャンプー。ノンシリコンシャンプーは女性向けのものに多いよね。シリコン配合シャンプーとノンシリコンシャンプー、この二つはどこがどのように違うのだろうか?

その答えは、なぜシャンプーにシリコンを配合するかを考えるとすぐに分かる。シリコンを配合するのは、洗い上がりの髪の毛を滑らかにするため。シリコンのはたらきは、髪の毛同士が摩擦することを防ぎ、髪の毛をコーティングすること。これにより、髪の毛に光沢が出て、つややかで滑らかな仕上がりになる。これはメリットだがシリコン配合のシャンプーにはデメリットも多い。

 

コーティング剤が毛穴をふさいでしまい、頭皮のべたつきの原因になることも。毛穴がふさがってしまうことで、髪が細くなったり、髪の成長が妨げられたりと、シリコンシャンプーはむしろ髪と頭皮に良くない効果をもたらすといえよう。というわけで、ノンシリコンシャンプーなら、髪を自然に健康な状態に保ってくれることが期待できる。シャンプーを選ぶ際にはシリコン配合かどうかにも注意しよう!

 

無添加がいいね!

界面活性剤、そしてシリコンについて詳しく見てきたが、シャンプー選びのポイントはまだ他にもある。添加物、これもまたシャンプー選びの重要なポイント。防腐剤や合成着色料、香料といった添加物が含まれてるかどうか、気になる人も多いんじゃないかな。頭皮につけるものだから、出来れば無添加なものにしたい。添加物の入ったものは、ちょっと使ってる分には支障ないかもしれないが、シャンプーというのは毎日毎日一生使い続けるもの。頭皮や髪の毛のことを考えると、出来るだけ刺激の少ないものを選ぶべきでは?

 

シャンプーと界面活性剤まとめ

まとめ

育毛活動に役立つシャンプー選びについて考えてみた今回。界面活性剤、シリコン、合成添加物とチェックしたい項目はいくつかある。普段なんとなくシャンプーを選んでる方は、これを機に自分の使ってるシャンプーをぜひ見直してみてもらいたい。上記に挙げたような基本中の基本について、これまでほとんど考えなかった、という方は、まずは配合成分に注意を払ってみよう。

 

もう一つのポイントは自分の体質や髪の状態に合うかどうか、とりあえず試してみること。シャンプーだってスキンケア製品の一つ。これならいけそう、という製品を見つけたとしても、とりあえず使ってみないことにはなんともいえない。自分の頭皮や髪の状態に合ってるかどうか、まずは試してみるようにしよう。育毛ケアとしてのシャンプー選び、これまでやってこなかった方は、ぜひこの機会にいつものシャンプーを見直してみては?

このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛グッズ総合人気ランキングランキング

ランキング一覧へ 育毛剤の基礎知識 育毛シャンプーの基礎知識 育毛サプリの基礎知識 女性用育毛剤の基礎知識