育毛シャンプーは本当に毛が生えるのか?

育毛シャンプーで髪の毛は生える?生えない?シャンプーで育毛したい方必読!シャンプーの役割と育毛シャンプーの関係とは?

 

育毛シャンプーと普通のシャンプー、みなさんはどっちを使ってますか?抜け毛や薄毛対策には育毛シャンプーのほうが良さそうですが、でも育毛シャンプーって、普通のシャンプーよりも値段が少し高めですよね。育毛シャンプーっていわれるくらいだから、育毛に有効な成分がいろいろ配合されてるはず。

 

でも口コミで育毛シャンプーはほんとうは効かない、っていう話もあって、結局育毛シャンプーは使ったほうがいいのか?使わなくてもいいのか?どっちなのか迷ってしまいます。

 

今回は育毛シャンプーはほんとに効くのか?という疑問に答えてみました。シャンプー選びに迷ってる方、育毛シャンプーに替えようか迷っている方にぜひ参考にしてもらいたい情報満載です!

 

シャンプーは目的別に選ぶ時代

 

育毛シャンプーは今まさに全盛期。薄毛人口の増加に伴い、育毛剤だけでなく、ヘアケア全体を見直す必要性が指摘され、シャンプー選びにこだわるユーザーも激増。家族の買い置きシャンプーを適当に使ってた時代はもはや過去のもの。

 

シャンプー選びにこだわる人が増えた背景には、薄毛の悩みだけでなく、体に良いもの、オーガニックなものへの関心が高まったこともある。シャンプーの品質や効能に対して、あらためて厳しい視線を注ぐようになった人が増えたということだ。

 

シャンプーも頭皮の状態や髪質に応じて選ぶ時代。髪のボリュームをアップさせたい、太く濃い髪にしたい、脂性頭皮から脱却したい、フケ・かゆみをなおしたい、など、髪の頭皮の悩みは人それぞれ。そんな髪の毛と頭皮の悩みにきめ細かく、ピンポイント的にこたえてくれる、そんな目的別・用途別シャンプー・コンディショナーが人気だ。

 

育毛シャンプーもそんな特化型シャンプーのひとつ。薄毛や抜け毛に悩む方におすすめだ。

 

育毛シャンプーの口コミいろいろ

 

育毛シャンプーに関する口コミやレビュー読むと、正反対の評価があって、結局どっちが正解なんだ?と悩む方も多いようだ。確かに育毛シャンプーに対する評価はさまざま。育毛シャンプー使いはじめて、明らかに髪質が良くなりました!髪がボリュームアップした気がする、抜け毛が減った、など高評価がある一方で、思ったような効果はありませんでした、といったレビューを残す人もいる。

 

口コミやレビューっていうのは、いろんな評価があって当たり前だけど、効果ある、効果ない、とという正反対の評価を読むと、購入すべきかどうか、やっぱりちょっと迷ってしまう。製品販売本数○○万本という話を聞くと、それほど売れてるんだったら、それなりの効果はあがるんじゃないの?と思う一方で、シャンプーするだけで育毛できるなんて、薄毛はそんなに簡単なものじゃないとも思う。だいたいシャンプーが育毛剤の代わりになるんだったら、ハゲに悩む人なんかひとりもいなくなるはず。

 

どんなに優れた育毛成分が配合されてても、髪が生えてくるわけじゃないだろう。でも育毛シャンプーで薄毛がなおった!そんな口コミやレビューを目にする機会も多いし、結局、育毛シャンプーは効くの?効かないの?どっちなんだ?

 

シャンプーでは髪は生えてきませんので念のため

 

育毛シャンプーに対する評価が真っ二つに分かれている理由について、ちょっと考えてみました。評価が決定的に分かれてしまう原因は、育毛シャンプーに期待することが違うせいかもしれない。

 

育毛シャンプーを使う目的は何か?育毛シャンプーに対する満足度はこの点に大きく左右されるような気がする。育毛シャンプーにずばり発毛効果を求めてる方と、髪質および頭皮環境の改善を求めている方とでは、当然育毛シャンプーに期待することが違う。

 

最近ちょっと抜け毛が気になる、髪にコシやハリが感じられなくなった。これを改善するために育毛シャンプーを利用している方もいるだろう。まだ育毛剤を使うほどではないけれど、今のうちに頭皮と髪の状態を整えておきたい場合は、育毛シャンプを使うことで髪質改善が十分可能かもしれない。このように頭皮ケアの一環として育毛シャンプーを使う方もいれば、髪が生えることを期待して育毛シャンプーを使ってる方もいるだろう。

 

どんなにすごい有効成分が配合されているとしても、シャンプーはシャンプー。シャンプーにはシャンプーの役割があるわけで、育毛剤代わりにはならない。薬用シャンプーにしろ、育毛シャンプーにしろ、発毛効果があるわけではない。シャンプーにずばり発毛効果を求めても、思うような効果は実感できないはずだ。

 

育毛シャンプーや薬用シャンプーは、頭皮および髪質改善を目的にしたときに、ユーザーの満足度が高くなる。消費者に対して上手にアピールするには、製品に付加価値をつけることが欠かせない。シャンプーだって同じことで、育毛シャンプーも薬用シャンプーも付加価値が付けられたシャンプーと考えると分かりやすい。

 

あらためて考える、シャンプーの役割とはいったい何?

 

育毛シャンプーには頭皮環境を改善する成分が配合されているが、だからといってこれを育毛剤代わりに使うわけにはいかない。シャンプーの役割とは、頭皮の髪の毛に付着した汚れや老廃物、汗をきれいに落とし、清潔な状態に保つこと。これがシャンプーに与えられた役割だ。

 

薬用シャンプーや育毛シャンプーには、この基本の役割に加えて、それ以外の効能も得られるよう、有効成分が配合されている。育毛シャンプーの場合は、髪の毛が根付きやすい頭皮環境に整える効果が期待できる。薬用シャンプーの場合は、抗炎症成分が配合され、頭皮のかゆみや炎症を抑え、すこやかに保つ。スカルプケアシャンプーはその名のとおり、頭皮ケアを行う有効成分が配合されている。シャンプーをしながら、同時に頭皮環境を良くしていく、これが育毛シャンプーや薬用シャンプーの目的だ。

 

育毛シャンプーで髪の生えてきやすい頭皮を目指す!

 

頭皮に良さそうな成分が配合されている育毛シャンプーですが、だからといって髪がいきなり生えてくるわけじゃありません。でも育毛シャンプーは一般的なシャンプーに比べると頭皮にかかる負担が少なく、頭皮ケアにはぴったり。

 

毎日シャンプーするだけで、髪の毛が根付き、成長しやすい頭皮に整えてくれる。頭皮の汚れと余分な皮脂はしっかり落としながら、抜け毛が起こりにくく、髪の毛が生えてきやすい頭皮環境を目指したい方におすすめ。

 

抜け毛が増えてきた、髪の毛が以前に比べると細くなった、髪にボリュームが感じられない、スタイリングしても髪がぺたんこになる、髪の毛にコシやハリがなくなった。このような薄毛予備軍の悩みに応えてくれるのが育毛シャンプーや薬用シャンプーといえるだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛グッズ総合人気ランキングランキング

ランキング一覧へ 育毛剤の基礎知識 育毛シャンプーの基礎知識 育毛サプリの基礎知識 女性用育毛剤の基礎知識