キャピキシルシャンプーっていったい何?

キャピキシルシャンプーって効果あり?キャピキシルシャンプーで育毛は可能?

 

日々研究が進む育毛業界。育毛に効くとされる新成分も続々と研究開発が進み、製品化されている。今回紹介するキャピキシルもそんな成分のひとつ。育毛に効くとされる植物由来成分で、育毛剤やシャンプーに配合され、すでにたくさんの製品が販売されている。

 

育毛に効く成分が育毛剤として売り出されるのは分かるが、シャンプーに配合されるっていうのは、果たして効果あるんだろうか?シャンプーなんだから、結局は洗い流してしまって、効果はないような気もする。

 

しかしキャピキシルの効果は、なんとあのミノキシジルの3倍ともいわれてほど、(ほんとなら)すごい成分。

 

天然植物由来成分ということで、ミノキシジルのようなリスクもない(あるいは少ないと思われる)。聞けば聞くほどすごい成分で、育毛効果がかなり期待できるが、キャピキシルシャンプーで育毛するのは、本当に可能なんだろうか?今回はキャピキシルシャンプーについていろいろ調べてみました!

 

育毛成分キャピキシルとは?

話題の育毛成分キャピキシル。あのミノキシジルの3倍の効能を持ち、しかも副作用などのリスクはないとのこと。そんなすごい成分があるなら、早速試してみたくなりますよね。

 

ミノキシジルと違い、キャピキシルは天然植物由来成分で、副作用のリスクや服用上の注意事項もない。ミノキシジルやプロペシアは副作用が気になって服用を控えていた、という方でも使用できることがポイントです。

 

ミノキシジルやプロペシアはもともと他の病気の治療薬として開発されてきた。実験途中で育毛効果があることが分かり、その後脱毛症の治療薬としてスイッチされたもの。これに対してキャピキシルはもともとは化粧品の成分として開発されてきたものだ。

 

キャピキシルは、フランスやカナダにセールス拠点を置く、化粧品やボディ・ヘアケア製品の成分を取り扱う会社「ルーカスマイヤーコスメティクス」の製品のひとつ。キャピキシルは、ビオカニンAを豊富に含むアカツメクサ(レッドクローバー)の抽出物および生体模倣機能ペプチドで構成されている。

 

アカツメクサに含まれるビオカニンAはイソフラボンの一種とされ、ジヒドロテストステロンの生成に欠かせない5αリダクダーゼを抑制するはたらきがある。生体模倣ペプチドとはアセチルテトラペプチド3と呼ばれるもので、抜け毛の原因となりうる炎症性サイトカインを抑える作用を備えている。

 

炎症性サイトカインとはあまり聞き覚えのない言葉だが、これはストレス、男性ホルモンの影響、自然環境による刺激、エイジングにより引き起こされる炎症性反応を指す。アセチルテトラペプチド3は毛包にはたらきかけ、活性力を高めるはたらきがあるとされている。アカツメクサとアセチルテトラペプチド3は、同時に用いることで相乗効果が上がる。

 

キャピキシル入りのシャンプーは効果あり?なし?

効能を聞く限りかなり効果がありそうな成分だが、これをシャンプーに配合するっていうのはどうなんだろうか?せっかくキャピキシルが配合されてるんだから、洗い流してしまうのはもったいないような?

 

でもシャンプーなんだから、きちんと洗い流さなければ、シャンプーの液剤が頭皮に残ってしまい、かゆみや炎症の原因になりかねない。

 

そもそもキャピキシル入りのシャンプーを使うことで、キャピキシルの効能は得られるんだろうか?シャンプーなんだから、結局は洗い流してしまうわけで、育毛剤として用いられるのと同じ効能が得られるかどうかは、ちょっと疑問だ。

 

キャピキシルの効能を最大限得たいからといって、シャンプーの液剤をきちんと洗い流さないのは絶対にダメ。水を使わないドライシャンプーならともかく、シャンプーあとのすすぎを丁寧に行うことは頭皮ケアにとって非常に重要だ。

 

結局洗い流してしまうシャンプーに、育毛成分は果たして必要なのか、どうなのか?意外に難しい問題だ。

 

育毛成分が配合されたシャンプーは育毛剤の代わりになるのか?

キャピキシル入りシャンプーもそうだが、育毛成分が配合されたシャンプーはたくさんある。洗い流すタイプのシャンプーに育毛成分を配合する意味はないような気もするが、でもキャピキシル入りシャンプーやその他の育毛シャンプーの人気はすごい。

 

有効成分配合シャンプーと謳っている以上、配合された成分が最大限効果を発揮するよう、配合量や配合率、他の成分との割合、頭皮への浸透性など、すべての要素を考慮した上で作られているはず。だから洗い流すからまったく意味がない、と断言することはできない。

 

ただしシャンプーに育毛成分が配合されているからといって、育毛剤はいらない、ということにはならないだろう。あくまでもシャンプーはシャンプー。育毛剤は育毛剤。

 

シャンプーにはシャンプーの役目があり、育毛剤には育毛剤の役目がある。育毛成分入りのシャンプーを育毛剤の代用品にすることは無理。育毛成分配合シャンプーと育毛剤を併用することにより相乗効果を狙う、これが正しい利用法だと思う。

 

人気のキャピキシルシャンプー

キャピキシル配合シャンプーの代表はフィンジアシャンプー。フィンジアはシャンプーだけでなく、サプリや育毛剤にもキャピキシルを配合。キャピキシル配合シャンプーの筆頭として多くのユーザーに支持されている。

 

フィンジアシャンプー

フィンジアシャンプーには、キャピキシルに加えて、ピディオキシジルや成長因子、センブリエキスやグリチルリチン酸2Kなど、頭皮を健やかに保つさまざまな成分が配合されている。

 

ディグニティプレミアムシャンプー

もうひとつの人気製品がスカルプDシリーズのディグニティプレミアムシャンプー。スカルプケアで有名なスカルプDブランドの中でも最高級グレードのシャンプーだ。徹底的にこだわって厳選した貴重な成分をたっぷり配合。

 

キャピキシルを始め、従来製品の十倍の濃度で配合されたノコギリヤシ、リンゴ果実培養細胞エキス、モウソウチクたけのこ皮エキス、ヒアルロン酸、コラーゲンなど、リッチな成分を高配合。

 

頭皮と髪から優しく汚れを落としてくれるのが、クリーミーな泡立ちのアミノ酸洗浄成分。とにかくこだわって贅沢に作られたスカルプDシリーズ最高峰のシャンプーだ。価格はちよっと高めだが、贅沢な気分で頭皮ケアできると大人気。

 

他にもキャピキシル配合シャンプーは種類も価格帯もいろいろ。どの程度の効果が得られるか、断言することは難しいが、副作用のリスクのない育毛成分ということで、一度試してみる価値はあると思う。

 

キャピキシルシャンプーで頭皮環境の改善を目指す

天然植物由来成分キャピキシル。ミノキシジルやフィナステリドといったAGAの薬と違い、キャピキシルは男女の別なく使用することができるので女性の方にもおすすめ。

 

育毛剤と同じくらいの効果が得られるかどうかは疑問だが、とりあえず頭皮との相性を試すならシャンプーから始めてみてもいいだろう。

 

年齢や性別に関わりなく、頭皮環境と髪質改善を同時に目指す方におすすめしたいキャピキシルシャンプー。育毛剤代わりになるわけじゃないが、まずはこれで頭皮の状態を整え、その上で育毛剤や育毛トニックと併用していくと育毛効果を実感できるはず。

 

髪質の低下や抜け毛に悩む方、元気でツヤのある髪の根付く頭皮を作りたい方、副作用のある成分は試したくない方、キャピキシルシャンプーで頭皮ケアから始めてみよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛グッズ総合人気ランキングランキング

ランキング一覧へ 育毛剤の基礎知識 育毛シャンプーの基礎知識 育毛サプリの基礎知識 女性用育毛剤の基礎知識