育毛シャンプーの種類は大きく分けて3つ

育毛シャンプーランキング

おすすめプレミアムブラックシャンプー おすすめモンゴ流シャンプーEX おすすめアルガンK2シャンプー

プレミアムブラックシャンプー

モンゴ流シャンプーEX

アルガンK2シャンプー

単品 5,184円 単品 4,980円 単品 3,980円
1本使用 2ヶ月分 1本使用 3ヶ月〜4ヶ月 1本使用 1ヶ月半〜2ヶ月
最安1本 \3,888 最安1本 4,480円 最安1本 3,383円
最安コース 3本セット 最安コース 定期コース 最安コース 3本セット
公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ

 

↓口コミもいっぱいあるよ↓

もっと詳しくランキングをチェック

 

育毛シャンプー

ドラッグストアに行けばホントたくさんの種類のシャンプーが並んでいるよね。シャンプーには香りや洗いあがり以外にもいろいろな違いがあるのを知っているかな?今回はシャンプーについて解説していくね。

市販されているシャンプーは大きく3つに分けることができるんだよ。高級アルコールシャンプー、石けん系シャンプー、アミノ酸系シャンプーの3種類だね。この中で販売量が最も多いのは高級アルコールシャンプーなんだ。低価格で泡立ちや香りがよいことが特徴になっているんだけど果たして髪や頭皮にはどうなんだろう?それぞれのシャンプーの特徴を見ていこう!

 

高級アルコール系シャンプー

ラウリル硫酸やラウレス硫酸などといった洗浄成分が使われていることが高級アルコール系シャンプーの特徴だよ。これらの成分は洗浄力だけでなく刺激も強いので、人によっては肌を痛めてしまう可能性があるんだね。さらにこれらの刺激が薄毛や抜け毛の原因になってしまう場合もあるから、育毛に取り組んでいる人は高級アルコール系シャンプーの使用は控えた方が良いかもしれないね。

 

→高級アルコール系シャンプー詳細

 

石けん系シャンプー

高級アルコールシャンプーよりも低刺激で安心して使えることが石けん系シャンプーの特徴だよ。洗浄力は十分だから頭皮や毛穴の汚れをしっかりと洗い流すことができるんだけれど、洗い上がりの感じがイマイチだと感じる人もいるみたいだね。石けん系シャンプーの主成分はアルカリ性なので、髪のキューティクルが毛羽立ちを起こして洗った後できしみやごわつきを起こしてしまう場合があるんだよ。髪の触り心地などを優先して高級アルコールシャンプーに変えるという人も多いみたいだね。

 

→石けん系シャンプー詳細

 

アミノ酸系シャンプー

最近育毛に取り組んでいる人たちの間で注目を集めているのがアミノ酸系シャンプーだよ。アミノ酸系シャンプーで使われている植物性アミノ酸による洗浄成分は髪を構成する主成分であるアミノ酸と基本的に同じものだから、髪や頭皮などに過剰な刺激を与えてしまうことがないんだね。洗浄力にも優れているから頭皮や毛穴などを清潔に保つことができるんだよ。アミノ酸系シャンプーには痛んだ髪や頭皮などを健康な状態へと戻す働きもあるから、髪や頭皮の状態がイマイチな人には最適なんだね。薄毛や抜け毛に悩んでいる人にはアミノ酸系シャンプーをおすすめするよ。

 

→アミノ酸系シャンプー詳細

 

頭皮のタイプに合わせた育毛シャンプーを選んでね

効果的な育毛のためには頭皮を健康な状態に保つということが大切なんだよ。頭皮の状態に問題があると健康な髪を育てることが難しくなるから、まずは毎日のシャンプーで頭皮環境をしっかりと整えることを目指してみてね。頭皮環境を整えるためには使う人の頭皮のタイプに合わせたシャンプーを選ぶことが重要だよ。

 

頭皮には乾燥タイプ、脂性タイプ、普通タイプの3種類があるんだ。頭皮の皮脂分泌が少なめの人は頭皮が乾燥しがちな乾燥タイプだよ。このタイプの人は外部からのダメージを受けやすいので、頭皮トラブルに要注意だね。逆に頭皮の皮脂分泌が多めの人は頭皮がベタベタしやすい脂性タイプだよ。このタイプの人は過剰に分泌された皮脂が酸化しがちなので、頭皮の炎症や毛穴の詰まりに注意が必要なんだね。

 

またこれらのどちらにも該当しない中間的な人が普通タイプだね。それぞれの頭皮のタイプに合わせた最適な育毛シャンプーを選ぶことで効果的な育毛が実現できるはずだよ。

 

 

ちょっと高級なノンシリコンシャンプーは何がいいの?

頭皮の健康を損なわないためにはノンシリコンシャンプーがおすすめ。 最近のシャンプーの中には、ノンシリコンシャンプーと言ってシリコンが入っていないことを売りにしている商品って結構多いよね?なんでシリコンの入っていないシャンプーがいいかというと、頭皮の健康を損なわないからなんだ。

 

シリコンの入っているシャンプーの場合、髪の毛をシリコンでコーティングしちゃう。その結果、髪の毛につやを与えるし手触りも指通りもかなり良い感じになる。その一方で、頭皮にシリコンがついてしまうとなかなか厄介なんだ。シリコンが頭皮に付着すると、毛穴に詰まりを起こしかねない。すると頭皮に炎症が起きたり、髪の毛が健康に成長しなかったりになっちゃう。しっかりとすすぎをすればいいのでは、と思う人もいるかもしれないよね。確かにきちんとすすぎをすれば取り除けることは取り除ける。

 

ただシリコンはもともと肌に吸着しやすい性質があるんだ。だから自分ではしっかりすすいだと思っていても、案外まだ頭皮に残っているかも?ノンシリコンシャンプーは、シリコンが入っていないから頭皮トラブルの心配をする必要がない。頭皮にトラブルを抱えている、近頃抜け毛の量が増えて心配している人はノンシリコンシャンプーの方が安心して洗髪できるかもよ。

 

ノンシリコンシャンプーの場合、髪の毛のツヤがなくなって、きしむような感じがする、指で髪の毛をかき分けたときに引っ掛かりが起きることはあるかもしれない。確かにこの部分はデメリットかもしれないけど、最近のノンシリコンシャンプーはそのへんも改善されてきているので大丈夫。頭皮を健康にしたいのなら、やっぱりノンシリコンシャンプーの方がおすすめだよね。

 

通販などで注目!育毛シャンプーの効果って?

育毛シャンプーだけでは効果は期待できない? 育毛シャンプーは通販サイトを中心として、いろいろ販売されているよね。「育毛」シャンプーなんだから、これを使って髪の毛を洗っていればあら不思議、髪の毛がある日突然生えていることに気づく、こんなイメージを持つ人もいるかもしれない。そんな人にはあらかじめ言っておくけど、「育毛シャンプーを使っただけで髪の毛は生えてこない!」んだ。

 

じゃあ、育毛シャンプーは買うだけ無駄かっていうとそうでもない。育毛シャンプーと言われると髪の毛が生えてくるようなイメージがあるが、厳密にいうと「髪の毛の生えやすい環境を整えるためのシャンプー」なんだ。つまり育毛シャンプーを使うことは全くの無駄じゃない。
ドラッグストアでシャンプーが安い値段で販売されているよね。あのシャンプー、薄毛に悩んでいる人はあまり使わない方がいいんだ。なぜかっていうと、あまりにも洗浄力が強いから。

 

洗浄力が強いシャンプーは、頭皮への刺激も大きい。だから頭皮に肌トラブルが起こりやすいんだ。しかも皮脂を根こそぎ取っちゃう。皮脂は薄毛の大敵だから、いいことだと思っちゃうかもしれない。

 

皮脂は過剰に分泌されるのがいけないことであって、適量なら頭皮を守るバリアの役割があるんだ。そのバリアの皮脂もとっちゃうから頭皮が乾燥する、「危ない」と思ってどんどん皮脂を分泌してギトギトの頭皮になっちゃう。いずれにせよ、頭皮にとってはよくないよね。
育毛シャンプーは、皮脂を適度に残しながら汚れをしっかりと取ってくれるシャンプーなんだ。だから頭皮を健康的な環境にできるわけ。育毛シャンプーを使いながら育毛剤もセットで使用すると、育毛効果はかなり期待できると思うよ。

 

育毛シャンプーの泡立ちや洗いあがりが気になる人へ

育毛シャンプーに変えて泡立ちが悪くなって洗い上がりに不安がある…そんな人は下準備をしっかりと。抜け毛が気になるから心機一転、育毛シャンプーに変えてみよう、こう思った人もいるかもしれない。毛太も前にそう思った一人だけれども、初めて使った時にはちょっと戸惑いを覚えるかもしれないね。

 

今まで使っていたシャンプーと比較して、泡立ちがあまり良くないんだ。「本当に大丈夫か?」毛太も正直こう思ったもの。
市販のシャンプーを使うと、モコモコの泡ができるよね。でもあればビジュアル的に髪の毛の汚れをさっぱり落とすための演出なんだ。もしかすると泡立ての成分の中に、人工的な成分が混ざっているかもしれない。育毛シャンプーの泡立ちの悪いのは、むしろ余計な成分が入っていないことの裏返しとも言える。

 

泡立ちをアップするための方法って何?

そうはいっても泡立ちが悪いと、洗いあがりも心配になるっていう人は多いだろうね。そんな人におすすめなのは、いきなり洗髪するんじゃなくて、下準備する習慣をつけること。
まずお風呂に入る前に、ブラシを使って髪の毛のほつれをなくそう。この時髪の毛に付着したホコリやごみのほとんどは取れちゃうんだ。そしてシャンプーをつける前に、お湯を使ってしっかりとすすぎをすること。これだけでも頭皮に付着している汚れや余分な皮脂の7割程度は取れるらしい。
ある程度汚れを取り除き、頭皮をしっかりと濡らしておけば、育毛シャンプーでもかなり泡立ちはよくなると思うよ。泡立ちが悪いから洗いあがりが不安と言って、1日に何度も育毛シャンプーを使用しないように。1日1回の洗髪だけで充分なんだ。最初は慣れないかもしれないけれど、長く使っているとあまり気にならなくなると思うから最初の内は我慢だね。

 

3大シャンプーの特徴をまとめてみたよ

高級アルコール系シャンプーの特徴

アルコール系

 

スーパーやコンビニなどで販売されている一般的なシャンプーのほとんどは「高級アルコール系シャンプー」に該当するんだよ。名前に「高級」とついているから値段が高いような気がするんだけど、この「高級」というのはシャンプーに含まれる炭素数の等級(6以上)を意味しているんだ。

 

高級アルコール系シャンプーは工業製品として大量生産ができるから、むしろ安価で気軽に購入できることが特徴なんだよ。高級アルコール系シャンプーは洗浄力に優れていて泡立ちが良く、配合された香料による微香が魅力的であることなどから、特に女性の間では人気が高いんだね。ただし高級アルコール系シャンプーには「育毛」の視点からは様々な問題があるので注意が必要だよ。

 

高級アルコールシャンプーのデメリットは?

高級アルコールシャンプーには界面活性剤であるラウレス硫酸やラウリル硫酸などが使われているんだ。これらは法律により成分表に表示することが義務付けられている有刺激性成分なんだけど、頭皮などに対する刺激が強いためアレルギー反応を引き起こしてしまう可能性があるんだね。

 

肌が弱い人の場合にはかぶれや湿疹などの原因となることもあるから注意が必要だよ。また洗浄力が強すぎて頭皮に必要な皮脂成分までを洗い流してしまう場合などもあるんだ。余分な皮脂成分については毎日の洗髪で洗い流すことが好ましいんだけど、頭皮を保護するために必要な皮脂成分までを洗い流してしまうと皮脂の過剰分泌の原因になってしまうんだよ。過剰に分泌された皮脂は毛穴のつまりなどを起こしてしまうから、薄毛や抜け毛が気になるという人は気をつけてね。

 

コーティング剤の影響は?

高級アルコール系シャンプーにはコーティング剤としてシリコンなどの成分が使われているよ。シャンプーの使い心地を高めるために洗髪後の髪の艶を高める効果があるコーティング剤を配合しているんだね。ただし洗髪の頻度が多いと髪にコーティング剤が蓄積してしまうから、コーティング剤が何層も重なることで髪の表面が凸凹になってしまうんだ。

 

髪質を改善することがコーティング剤の目的なんだけど、使い方によってはかえって髪を傷めてしまう場合があるんだよ。高級アルコール系シャンプーは安価で洗浄力に優れていて使いやすいことが特徴なんだけど、育毛に取り組んでいる人にとってはデメリットも多いから注意が必要なんだね。頭皮環境を整えるためには低刺激で優しい成分で構成された育毛シャンプーを購入することをおすすめするよ。

石けん系育毛シャンプーの特徴

 

石けん系

石けんの成分を界面活性剤として用いたシャンプーが「石鹸系育毛シャンプー」だよ。強い洗浄力がありながら低刺激であるため、育毛のために効果的なシャンプーとして注目を集めているんだ。石けん系育毛シャンプーには液体のタイプと固形のタイプの2種類があるよ。

 

石けんが主成分であるのが石けん系育毛シャンプーだから、低刺激でありながら髪や頭皮の汚れをしっかりと洗い流すことができるんだ。頭皮の皮脂分泌が多めの脂性タイプの人でもしっかりと毛穴の皮脂汚れなどを洗い流すことができるんだね。高級アルコール系シャンプーの刺激が強すぎるという人には石けん系育毛シャンプーを試してみることをおすすめするよ。また低価格で手に入れやすいことも石けん系育毛シャンプーのメリットだね。

 

石けん系育毛シャンプーの使用感は?

石けん系育毛シャンプーのほとんどはアルカリ性だから、髪を洗った直後にきしみやごわつきなどが気になる場合などもあるみたいだよ。これは弱酸性である髪のキューティクルが、アルカリ性シャンプーの影響で開いてしまうことが原因なんだね。

 

ただしキューティクルが開いてしまっても髪が乾けば弱酸性になって元の状態に戻るから、実際にはそれほど心配しなくても大丈夫なんだよ。石けん系シャンプーをある程度継続して使用すれば慣れて気にならなくなるはずだし、どうしても気になるという人は石けん系シャンプー専用のリンスやトリートメントなどを試してみてね。

石けん系育毛シャンプーの選び方は?

固形タイプの石けん系育毛シャンプーはすぐにわかるんだけど、液体タイプのものについてはパッケージに記載された成分表を確認しなければわからないかもしれないね。配合された濃度が高い順にパッケージの成分表に記載されているはずだから、上から順番にチェックすることでその製品の主な組成を確認することができるんだ。「カリ石けん素地」「脂肪酸ナトリウム」「脂肪酸カリウム」などが表示されていれば石けん系育毛シャンプーだと判断することができるよ。

アミノ酸系育毛シャンプーの特徴

アミノ系

アミノ酸系の成分を配合した育毛に特化したシャンプーが「アミノ酸系育毛シャンプー」だよ。アミノ酸系の成分を洗浄成分として活用しているので、肌に対する刺激が少なく誰でも安心して使えることが大きなメリットなんだね。

 

洗浄成分によってシャンプーはいくつかの種類に分けられるんだけど、特に髪や頭皮のために効果的だとされているのがアミノ酸系育毛シャンプーなんだよ。髪や肌は主にタンパク質によって作られるんだけど、そのタンパク質を構成している成分がアミノ酸なんだ。

 

髪や肌はアミノ酸でできているといえるんだね。アミノ酸系育毛シャンプーの洗浄成分は髪や肌と同じアミノ酸だから、刺激を与えることなく優しく洗うことができるんだよ。また一般的なシャンプー(高級アルコール系シャンプー)などに比べると洗浄力が強すぎないため、頭皮の保護のために必要な皮脂を残しながら汚れだけを洗い流すことができるんだね。

 

髪や頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーならば毛穴の詰まりや頭皮の炎症を防ぐことで髪のトラブルを予防することができるから、抜け毛や薄毛などで悩んでいる人にとっては最適なシャンプーだといえるんだよ。

 

アミノ酸系育毛シャンプーの見分け方は?

店頭などでアミノ酸系育毛シャンプーを見分けたい場合には、商品に記載された成分表示を参考にしてみてね。シャンプーの成分表示には薬事法の規定に従って配合濃度が高いものから順に記載されているんだ。

 

成分表示の上の方に記載されているのがそのシャンプーの主成分だよ。成分表示の上の方に「ココイル」「コカミド」などの表示があればアミノ酸系育毛シャンプーだと判断することができるんだね。ちなみにココイルやコカミドはヤシ油由来の天然成分なんだ。アミノ酸系育毛シャンプーには「ココイルグルタミン酸TEA」「コカミドDEA」などの成分が使われていることが多いんだよ。

 

またアミノ酸系の洗浄成分として「ラウロイルメチルアラニンNa」が配合されている場合もあるよね。高価なアミノ酸系シャンプーにはラウロイルメチルアラニンNaが配合されていることが多いみたいだよ。

アミノ酸系育毛シャンプーの種類は?

アミノ酸系育毛シャンプーという言葉はいわゆる通称だから具体的な規則や定義などは存在しないんだよ。アミノ酸系の成分が含まれていればアミノ酸系育毛シャンプーだと称することができるんだね。だから高級アルコール系シャンプーの中に少量のアミノ酸成分を混ぜることで、アミノ酸系育毛シャンプーとして販売されている製品などもあるんだよ。

 

このような製品はアミノ酸系育毛シャンプーであっても主な洗浄成分は石油系の界面活性剤だから、髪や頭皮を傷めてしまう可能性があるので注意が必要なんだね。健康な髪を育てるためにアミノ酸系育毛シャンプーを選びたいのであれば、洗浄成分が100%アミノ酸系である製品を選ぶことが大切なんだよ。

 

ノンシリコン?アミノ酸系?育毛?シャンプーがわからない…

まとめ

最初に「高級アルコール系シャンプー」「石けん系シャンプー」「アミノ酸系シャンプー」で分けてそのあとにノンシリコンと育毛シャンプーってよくわからない!そう思った人も多いんじゃないかな?ちょっと説明不足ですみません。シャンプーの種類としては最初に紹介した3つなんだけど、その中にノンシリコンシャンプーも育毛シャンプーも含まれるんだ。

 

ノンシリコンシャンプーは文字通りシリコンが入っていないシャンプーなので、石けん系シャンプーでもアミノ酸系シャンプーでもありえるわけ。育毛シャンプーもノンシリコンで石けん系だとかアミノ酸系ということもある。最近の育毛シャンプーはノンシリコンでアミノ酸系がほとんどだね。シャンプーの基本だから覚えておいてね。

 

もう一つ育毛シャンプーで重要な事なんだけど、育毛シャンプーって名前だけど実は髪が生えることはないんだ。それなら意味ないって思うだろうけど、育毛シャンプーの役目は髪が生えやすい環境を整えることになるんだ!だから育毛シャンプーだけでは髪は生えない。育毛シャンプーで頭皮環境を整えて育毛剤で育毛する。基本は2つを併用した育毛ケアのためのものだと知っておいてね。

 

育毛シャンプーランキング

界面活性剤は避けるべき?正しいシャンプー選びの秘訣教えます!

界面活性剤 育毛ケアとして有効なシャンプー選びとはどんなもの?よく聞くのは、シャンプーは刺激のないもの、頭皮に優しいもの、害のないものを選ぶようにしよう!ってこと。頭皮だって皮膚の一部、皮膚に悪いものは頭皮にだって良くないはず。ボディソープやシャンプーを選ぶ際、どんなことに注意してますか?毛太が注意してるのは、...

≫続きを読む

育毛剤もシャンプーもオーガニック系に統一したい

オーガニック育毛剤 オーガニックとエコっていうのが流行ったときがあった。限りある資源を大切にし、添加物とか合成着力料とか入ってないオーガニックなものを買う、っていう考え方。ちょうどヘルシーブームも重なってて、有機野菜や無農薬野菜、産地直送とか、無添加・無香料、っていう言葉が飛び交ってたな。食品やヘアケア製品などを扱うシ...

≫続きを読む

育毛シャンプーの効果を引き出す正しい使用法を身につけよう

育毛シャンプー効果 育毛シャンプーは、頭皮の汚れや余分な皮脂を取り除きながら、必要な皮脂は残すシャンプーのこと。だから頭皮を外部の刺激から守るバリア機能は温存されるわけで、頭皮のコンディション回復に高い効果が期待できる。しかも市販のシャンプーのように、頭皮への刺激の強い界面活性剤は使っていない。頭皮にやさしい成分を使っ...

≫続きを読む


ランキング一覧へ 育毛剤の基礎知識 育毛シャンプーの基礎知識 育毛サプリの基礎知識 女性用育毛剤の基礎知識