髪についての知識を養い育毛活動に役立てよう

髪の超基礎知識

 

髪の毛のことって、当然知ってるつもりで、結構知らないことが意外にたくさんある。たとえばキューティクル。キューティクルってよく聞く言葉だけど、キューティクルって一体何?ちゃんと答えられる方、いますか?キューティクルねー、キューティクルがあると、髪の毛がつやつやして、手触りがいい、そんなイメージがあるけど、実際キューティクルが何を指してるのかは、いまいち不明。

 

そんな方にぜひ読んでもらいたい今回のまとめ。普段はあまり考えることのない髪の毛に関する基本的な知識、髪の毛の構造、成分、機能に加えて、髪の毛にまつわる雑学まで、髪の毛に関して知りたいことを網羅してみました。これを読めば、あなたも今日から髪の大家、髪の毛に関する知識を備え、育毛活動に役立てよう!

 

キューティクルの正体とは?

 

まずはキューティクルについて。根拠はとくにないが、キューティクルと聞くと髪の表面上のコーティングに関係あるような?そんななんとなく漠然としたイメージしか沸いてこなかったので、髪の構造自体から調べなおしてみました!ちょっと面倒かもしれないが、良い機会だから髪の構造をしっかり覚えておくようにしよう!

 

髪の三層構造について

 

髪の毛は三層の基本構造から成り立っていて、キューティクルはそのうちもっとも外側にある。キューティクルの内側にあるのがコルテックス。さらにコルテックスの内側にあるのがメデュラ。これが髪の三層構造で、それぞれ別々の機能を果たしていると覚えておこう!

 

髪の毛はちょうど巻き寿司のように、中心からメデュラ・コルテックス・キューティクルと並んでいる。メデュラは髪の芯に当たる部分で、髪の細い人の中にはメデュラがない人もいるそうだ。メデュラの特徴は柔らかいタンパク質で出来ていることで、外部からの刺激を受けると空洞が出来やすい。次のコルテックスだが、これは髪の約8割5分から9割を占める、髪のメインパーツ。コルテックスは繊維状になったタンパク質から出来ていて、この部分の水分保持量や柔らかさによって、髪質自体に違いがあらわれる。最後にキューティクルだが、これは髪を外側から保護する膜で、魚の鱗のようにびっしりとコルテックスの外側を取り囲んでいる。

 

キューティクルの特徴とは?

 

キューティクルはケラチンと呼ばれるタンパク質から成る。通常、キューティクルは4枚から10枚程度が重なっていて、外部からの刺激からコルテックスを保護している。また一枚のキューティクルは8層に細かく分かれている。一枚一枚のキューティクルの最上部には脂質があり、水分や汚れなどをはじく。この脂質は18-メチルエイコサン酸と呼ばれていて、髪のつややかさや手触りの良さはこの脂質の特性による。

 

18-メチルエイコサン酸は、髪染めやパーマ、そして紫外線などの刺激によりダメージを受けやすいのが特徴。髪のしっとり感やまとまりのよさをキープしたいなら、ブリーチやパーマに加えて、熱風ドライヤーなども出来るだけ避けたほうがいい。キューティクルの脂質をキープするには、上質なトリートメントやコンディショナーでダメージを受けたキューティクルを補修してやることが大切だ!

 

髪の水分量、多いほうがいい?それとも少ないほうがいい?

 

髪の構造についてはある程度把握できたので、今度は髪の保湿性について考えてみよう。髪の水分は果たして多いほうがいいのか、それとも少ないほうがいいのか?適切な水分の割合とはどの程度なのか?この点について詳しく調べてみました。

 

髪に含まれる水分の割合だが、健康的な髪の場合11%から13%程度。これよりも水分量が少ないと、髪がぱさぱさと乾燥してしまう。髪が乾燥すると、髪の毛をコーティングしている油脂分が剥がれてしまい、髪がダメージを受けやすくなり。切れ毛や枝毛の原因に!キューティクルも剥がれ落ち、髪本来のつやや輝きが失われる。ぱさぱさしているので、髪が広がりやすく、スタイリングもいまいち決まらない。

 

また反対に水分量が多すぎるもやっぱりだめ。水分量が多いと、髪が切れやすく、水分量不足同様、外部からの刺激に対してダメージを受けやすくなる。髪の水分量は多くても、少なすぎても理想的とはいえない。水分量と髪質についてもう少し詳しく調べてみよう!

 

毛髪の疎水性・親水性とは!

 

毛髪の疎水性・親水性という言葉を聞いたことがありますか?これは髪の毛の特性をあらわすもので、健康な髪は疎水性を持つのに対して、キューティクルの剥がれた髪の毛は親水性を備える。疎水性というのは、ある物質が水と混じりにくい、溶けにくいことをあらわしている。つまり疎水性のある髪の毛には、適度な油脂が備わっていて、キューティクル表面をしっかりコーティング。余分な水分を撥ねのけると同時に、髪の内側の水分を逃がさないから、髪はしっとりとしたまま。

 

これに対して親水性のある髪の毛は、キューティクルがダメージを受けているせいで、水分が髪の内部に浸透しやすく、髪の根元が常に湿ったような感じになる。髪が常にべたっとしていて、スタイリングもうまくいかない。髪が親水性を持ってしまうのは、パーマやブリーチなどを繰り返したせい。キューティクルがはがれていて、髪の内部を保護しきれていない。髪質を良くしたいなら、髪に負担がかかるパーマやブリーチなどは出来るだけ控えないと。

 

髪から有害物質が排出される?髪のデトックス効果について

 

髪の役割とは、人間の頭を外部からの刺激から保護することだが、もちろん他に機能も担っている。そのひとつが体内の毒素や老廃物を排出すること。体に害を及ぼすおそれのある物質、たとえばヒ素や水銀、鉛、カドミウムなどを髪の毛の組織の中に取り込み、最終的に抜け毛として排出させること、これもまた髪の毛の大切な役割のひとつだ。ヒ素や水銀なんて、そんな物騒なもの、どうしたら体内に入り込んでしまうのかと訝る方もいると思うが、これらの有害物質は食べ物や日用品、大気などを通して体内に少しずつ入り込み、蓄積されてしまう。体内に蓄積された有害物質を体外に排出させる、すなわち髪には天然のデトックス機能が備わっているということになる。

 

髪が伸びるとはそもそもどういうこと?

 

今さらとは思うが、ここでもう一度髪が伸びるとはどういうことを意味しているか、おさらいしてみよう。髪が生まれるのは頭皮の毛根の奥。毛根の奥には毛乳頭と毛母細胞があり、それぞれ別の機能を担っている。毛乳頭の役割はというと、毛細血管から血液中の酸素や養分を受け取り、毛母細胞に対して髪を生成するよう、指令を出すこと。毛母細胞の役割は、毛乳頭からの指令を受け、毛根の奥で無数の細胞分裂を繰り返していくこと。だから、薄毛になるのは、この毛乳頭と毛母細胞のはたらきに問題が生じているわけだ。

 

爪と同じように、髪の毛の細胞は「角化」したもの。角化とは細胞が固くなり、死んでいる状態。皮膚などにはたとえ損傷を受けても、治癒していける自己修復能力が備わっているが、髪の毛や爪には自己修復機能はなく、一度ダメージを受けてしまうとそのまま、元の状態に戻る力はない。髪が伸びるというと、髪の毛先からどんどん体の外に押し出ていくイメージがあるが、これはまったく反対。髪が伸びるとは、毛根の奥で毛母細胞が増殖していくことによる起こる。髪の毛先は角化して押しだされていく、いわば「死んだ」組織なのだ!

 

毛髪から醤油?

 

毛髪から醤油を作る、こんなニュースが巷を賑わしたことがあったの、覚えてますか?これは中国での事件で、大豆などの原材料のコストを削減するために、なんと人間の毛髪を醤油の原材料にしてたって話。毛髪から醤油なんて、そんなことがほんとうにできるのか?と思うが、どうやらこれは本当らしい。確かに毛髪はタンパク質からできてるわけだから、加工したらアミノ酸にはなると思うが、しかしだからといってこれを醤油の原料にするというのはまったくとんでもない話。毛髪は各地の美容院や病院などから集められるという。まったく背筋が寒くなるような話だよね。

 

各地で集めた毛髪を塩酸などを使ってアミノ酸溶液にし、出来上がったアミノ酸溶液をさらに転売。これをもとに醤油を作るという聞くだけで、げんなりしてくる、、。出来上がった醤油には発ガン性物質も含まれているということで、政府としては生産禁止令を出しているようだが、いまだに流通しているという話もある…毛髪から醤油なんて、そんなもの絶対要らない…

 

髪?髪の毛?毛髪?頭髪?どこが違う?

 

髪、髪の毛、毛髪、この三種類、使い分けできますか?どうだろう、どれも意味は結局同じなわけだけど、使い方というか、ニュアンスはちょっとずつ違う。この中でいちばん正式なというか、硬そうな言い方が毛髪。毛髪を含む言葉というと、「毛髪力」「毛髪再生」「毛髪診断士」など。

 

ちなみに「毛髪力」を他の三つの言葉で入れ替えてみると、「髪力」「髪の毛力」「頭髪力」。どうですか?どれもちょっと違う、しっくりこない感じですよね。髪の毛をあらわす言葉としての「毛髪」は、正式名称っぽい感じがする。頭髪はというと、毛髪同様、髪や髪の毛よりもちょっと硬い感じがして、しかも頭皮込みで考えてるような、そんなイメージがある。

 

髪と髪の毛だが、これは髪全体(頭皮も含めた)を指す場合には髪、髪全体ではなく、一本一本にクローズアップしたいときには髪の毛、と言ってるような気がする。一例を挙げてみると、「髪を乾かす。」「髪の毛を乾かす。」髪の毛を乾かすのほうは、あくまでも髪の毛を乾かす、ということに重点を置いてるような感じを与えるが、髪を乾かすというと、頭を含めた髪全体を指してる気がする。

 

もうひとつ、これはどうですか?「髪が長い。」「髪の毛が長い。」うーん、これはほとんど意味合いが変わらないような。しいて言うと、髪が長いよりも、髪の毛が長いというほうが、髪の長さが長いような?でもこれはなんとなくそう感じた、というだけで、文脈によってはまた違ったニュアンスを持ってくるかも?ともかく、髪、髪の毛、頭髪、毛髪、と髪にはいろんな表現法がある…

 

キューティクルまとめ

薄毛や育毛についてはよく考えるけど、でも髪の毛そのものについては、普段はあまり考える機会がないから、良い機会だったんじゃないかな?髪の毛の構造やはたらき、成長の仕組みについて、おおよそのことは把握できたと思う。髪に良いことをしたいと思っても、肝心の髪についての知識がお粗末では、かえって逆効果なことばかりしてしまう恐れも!これを機会にぜひ髪の毛について、正確な知識を備えて、育毛活動に役立てるようにしよう!

 

→髪の毛についてもっと詳しく知るなら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛グッズ総合人気ランキングランキング

関連ページ

神様に髪のことをお願い!
20代若者の髪離れが深刻化
育毛に適した髪型はある?
育毛剤の匂い
薄毛でもかっこよく見せるファッション
ホームレスにハゲはいないのか?
iPS細胞による再生医療
何歳ぐらいからハゲてくる?
デコの広さのボーダーは?
かっこいいモテはげ
かつらor増毛
髪のなぞに答える
ハゲという言葉
ハゲの多い国
フィンジア、BOSTONスカルプエッセンス、Deeper3D徹底比較
薄毛隠しパウダーの秘密
ハゲ頭のパラドックス
毛髪川柳(ハゲ川柳)
性格と薄毛は関係は?
毛髪ダイヤモンド
頭皮の硬さとあのCM
頭皮の臭いをなんとかしたい
女性の薄毛の原因
ハゲは母方からの遺伝
相撲取りは禿げたら引退?
頭は冷水?温水どっちがいいんだろ?
薄毛に関わる協会
AGA診断遺伝子検査
パワーストーン、風水や気功で薄毛対策
薄毛の天敵は雨風?
はげは転職不利?
髪毛黒生駅
はげがいいと思う理由
抜け毛の秋あなたはどうする?
側頭部はげの原因
冬の育毛ケア対策
労災として認められる?
適度な運動には育毛効果
筋トレするとハゲる?
東京医科歯科大グループの薄毛研究
ゆったり温泉で育毛
牛の唾液で薄毛改善?
ウォッカで育毛?
肉と薄毛の関係
ヨーグルトで育毛?
耳たぶ回しマッサージで育毛?
育毛カウンセラー
卵かけごはんはハゲる?
ウーロン茶に育毛効果?
横浜国立大学の毛包実験
夏の育毛対策
化粧水の保湿力が頭皮にいい
はげを克服した有名人
育毛剤がドーピング!?
ルイボスティーが髪に与える影響
ごぼう茶の効果
新モテはげトレンディエンジェル
大豆イソフラボン特集
白髪ハゲる?ハゲない?
ブロッコリースプラウトが育毛にいい?
毛髪太さ
煙草は髪の毛に良くないよ!人気の電子タバコで禁煙に挑む!
芸能人に学びたい育毛法!薄毛を克服した芸能人の実践した育毛法に迫る!
アンファーのAGA MEN'S PROTEIN DRINKはコンビニ限定販売!
ハゲは恋愛対象になる?ならない?教えます!ハゲのコンプレックスを克服する方法!
ハロウィンの仮装を楽しもう!
ヘアタトゥー
帽子と薄毛の関係を科学的に証明してくれる「帽子内環境研究会」のすべて!
今流行りのまつ毛美容液!まつ毛を長く、丈夫にしてくれるということは、頭に使っても大丈夫?
体毛と毛髪の関係
育毛とホルモンの関係に迫る!男性ホルモンと女性ホルモンのはたらきとは?
ピーナッツで育毛活動
糖尿病になるとハゲるというのは本当?サイレントキラー糖尿病の正体と予防法!
漢方で育毛は可能か?漢方の力で体質改善に励んでみる?
やっぱり汗かきはハゲやすいのか?汗と薄毛の関係に迫る!
教えます!話題の毛髪再生リボーンカクテルのすべて!成長因子複合体のパワーで即効育毛効果があらわれる?
ハゲのカリスマと呼ばれる女性に肉薄!ハゲのカリスマの提唱する育毛法とはどんなもの?
有効成分を頭皮に直接浸透させるメソセラピー育毛
円形脱毛症の原因から治療法まで、すべて教えます!
針に頭皮マッサージ?独自の育毛法で頑張る芸能人の育毛活動!
眉毛の育毛
薄毛に逆効果
ハゲ芸人の活躍に面目躍如?!ハゲ漫才にハゲトーク、ハゲ芸人の活躍に迫る!
枕なし睡眠は育毛にも効果あり?!枕なし睡眠のメリット・デメリット
究極の健康法「逆立ち」!逆立ちには育毛効果もあるってほんとう?
髪にまつわる記念日、いくつ知ってますか?知っておこう!髪の記念日いろいろ
水濡れ対策
ロッチ中岡愛用の高級シャンプーって何?高すぎる?超高級シャンプーは育毛に使えるのか?
職場での言ってはいけないハゲ界のNGワードとは?ハゲの上司・部下を気持ちを傷つけないで!
頭皮のかゆみは寄生虫のせい?あなたの頭にもいるかもしれないシラミのなぞに迫る!
ヘアカラーはハゲる?ハゲずにヘアカラーすることは果たして可能か?
リンス・コンディショナー・トリートメントの三つ巴?!シャンプー後のヘアケアの方法教えます!
ヘッドスパで至福の時を過ごす!育毛効果もありのヘッドスパの全容に迫る!
コンビニ飯で育毛?
プラズマクラスターで育毛?プラズマクラスター搭載ドライヤーのついて知っておきたいポイントとは?
頭蓋骨矯正に育毛効果があるってほんと?頭蓋骨矯正について知っておきたいことまとめてみました!
30代は育毛の始め時!不安を感じたら早く始めて周囲に差を付けよう!薄毛予防は30代から!
オフィスワークは薄毛につながる?オフィスワークで疲れた目を癒す方法教えます!
PGD2ってなにもの?薄毛の原因PGD2の全貌に迫ってみました!
えっ!?虫歯と薄毛に関係あり?あなたの薄毛、金属アレルギーが原因かも?
大検証!薄毛だと心臓病や癌にかかりやすいのか?薄毛と病気の関係について知っておきたい知識のまとめ!
スキンヘッドにしたほうが潔くていい?スキンヘッドにすると髪質が良くなるという噂はほんとうか?
日光に当たるとハゲる?ハゲない?髪と頭皮を守る紫外線対策の重要性
髪をボリュームアップさせるコツ
こんなに怖い、髪の毛の老化現象!髪の毛の老化は生活習慣だけでは予防できない?
風と雨は薄毛の天敵?!教えて!風に吹かれて乱れない髪のセット法
酸性雨でハゲるのうわさに迫る!酸性雨について知っておくべきポイントとは?
風呂に入らないとハゲる?
電磁波で抜け毛?電磁波が体に与える影響とは?
育毛界にまたひとつ新しい治療法が!赤色LEDに発毛効果あり?
サッカー選手には薄毛が多い理由とは?ヘディングばかりするとハゲるの?
税金で薄毛治療を行った大統領とは?フランス大統領の薄毛治療スキャンダルの全貌に迫る!
緊急発売延期!メディカルミノキ5について知っておきたいポイントのまとめ
食事制限に増毛効果あり?カロリー摂取の増減と髪の成長の関係とは?
ハゲやすい髪型ってあるの?ハゲをうまくカバーしながら、なおかつハゲにくい髪型探してます!
勉強しすぎと薄毛
寝癖はハゲの指標?寝癖がつかないのはハゲの前兆?寝癖について知っておきたいポイントとは?
髪のボリュームアップに効果的?評判のマーロシャンプーの特徴を調べてみました!
貧血から抜け毛になるってほんと?貧血と抜け毛の関係について知っておきたいポイントのまとめ
今一番かっこいいハゲバイきんぐ小峠さん
ハゲるなら海外でハゲたかった
定番プレゼントはもう飽きた!今年の父の日は育毛剤のプレゼントにしよう!
酵素の力で育毛効果は得られるのか?酵素ドリンクから酵素風呂まで、酵素について知っておきたいポイントとは?
カルヴォ
キムチ納豆で育毛は可能か?キムチと納豆が薄毛対策に効果的というセオリーに迫る!
ハゲは性欲が強い?男性ホルモンが多いとハゲやすくなる?って本当?
冬に抜け毛がひどい理由とは?冬の抜け毛は冬バテのひとつ?
ラーメン食べるとハゲる?

ランキング一覧へ 育毛剤の基礎知識 育毛シャンプーの基礎知識 育毛サプリの基礎知識 女性用育毛剤の基礎知識