30代は頭皮と髪の曲がり角?

30代の育毛ケア

男性型の脱毛症の症状があらわるのは40代、早い人で30代後半っていうのが一般的。もちろんもともと髪が細いとか髪の量が少ない人だったら、もっと前から始まることもあるかも。男性の脱毛症は遺伝的な体質が大きく関わってるけど、薄毛を誘発する原因はそれだけじゃない。

 

今回は30代の人にぜひ読んでもらいたい!薄毛の原因と対策のまとめ!仕事もプライベートもともに充実してる30代。髪の毛の状態に目立った変化のない人にとっては、育毛ケアっていってもまだそれほど切実に感じられないはず。40代、50代になると、薄毛の恐怖がリアルに感じられるようになるけど、30代ではまだそこまで心配する必要ないって、ほとんどの人はそう思ってるはず。

 

ただし、20代の薄毛人口に比べると、30代の薄毛人口は確実に多い。自分の周りにいる人見ても分かるけど、とくに30代の後半ともなると、頭頂部があやしかったり、M字に後退してる人も少なくない。そういう意味では30代は薄毛のプロローグといえる時期。

 

多くの人が髪のケアについて少しずつ感じ始める30代

30代の育毛ケア

これまで薄毛の兆候に薄々気付いてたけど、なんとなく無視してきた方、そんなあなたは今すぐに育毛ケアはじめるべき。まだ大丈夫、薄毛の兆候も抜け毛の症状も出てないという方、ほんとに大丈夫ですか?まだ大丈夫、いけてるって思ってるのは自分だけってことない?他のことはともあれ、髪の毛に関しては男は常にシビアな目を持つべき。

 

まだ大丈夫って思う人は、もう一度客観的に自分の髪と頭皮の状態を確認すること。どこからどう見ても、自分の髪の状態はベストにあると断言できる方、今はまだ大丈夫かもしれないけど、その状態がずっと続くって断言できますか?早い人では20代からしっかり育毛ケアを始めています。

 

30代で薄毛になるのを回避するには、まずどんなことに気をつけるべきか

30代の育毛ケア

 

30代で薄毛になる原因はさまざま。男性型脱毛症が進行してる場合もあれば、それに加えて生活習慣が乱れてて、ヘアサイクルが崩れてる場合も。30代にもなると、会社では上司と部下の板ばさみになり、何かとストレスが溜まりやすい時期。仕事関係の飲み会や付き合いも多く、疲れは溜まる一方。ストレス解消したくても、仕事が忙しすぎて、ろくに有給も取れない。こんな方も多いんじゃないかな。

 

ストレスが髪の発育に良くないっていうのは、周知の通り。間接的だけど、運動不足で体調を崩してるのも、髪の毛の状態に悪影響を与えてる。自分ではまだまだ若いつもりでも、加齢による体力の衰えも否定できないし。基礎代謝もどんどん落ちてきて、20代の頃と同じような生活・食習慣を続けていると、あっという間に不健康な体になってしまう。

 

そろそろ動き出す時かもね

育毛ケアを始めよう

というわけで、まだ30代なんだし、育毛ケアはじめるのはまだ早いと思ってる方、気をつけないと、目に見えないところでひそかに薄毛が進行してるかも。今大丈夫だからって、来年も大丈夫とは限らない!育毛ケアはやっぱり早めにはじめた人の勝ち。人よりも一歩先んじるには、まだ人がやってないうちに始めるのがいちばん。

 

30代におすすめの育毛ケアはっていうと、一つのものだけに頼るんじゃなくて、多角的に育毛ケアをしていくことかな。育毛剤を使うのももちろん効果的だけど、それだけじゃなくて、シャンプーも育毛系シャンプーにしてみるとか、髪の毛の生育を促す成分の含まれたサプリを服用してみるとか、とにかくいろいろな角度から育毛ケアに取り組むのがおすすめ。

 

抜け毛や薄毛が生じる背景には、遺伝的な要素だけでなく、生活習慣上のさまざまな要素が絡んでるわけだから、これを改善しようと思ったら、一つの方法に頼るだけじゃ無理。髪の毛と頭皮の状態をベストな状態に戻してやれるよう、いろいろな方向から合わせワザで育毛ケアを行うといいんじゃないかな!

→育毛シャンプーランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛グッズ総合人気ランキングランキング

ランキング一覧へ 育毛剤の基礎知識 育毛シャンプーの基礎知識 育毛サプリの基礎知識 女性用育毛剤の基礎知識