60代からでも十分間に合うおすすめのケア

60代の育毛ケア

60代で薄毛になったら、それはもう仕方ない…。そんなふうに思ってませんか?60代だからもう仕方ないと諦める、そんな弱気なことでは薄毛に打ち勝てません!日本人男性の平均寿命が80歳を超えた今、60代ですでに髪の毛のこと諦めるなんて、勿体ない。

 

60代っていっても、まだ定年退職前で現役ばりばりに働いてる人もいるわけだし、60代=薄毛っていう括りは単なる固定観念に過ぎない。60代でもきちんと育毛ケアさえしてれば、薄毛になるのをくい留めること出来るはず。まずは60代だから薄毛になっても仕方ない、っていうそのネガティブな思考を手放さないと、効果的な育毛ケアは出来ない。髪の毛にボリュームがあるかどうかっていうのは、男の見た目を大きく左右する。

 

初対面の人に会ったときにぱっと目がいくのが頭の部分。顔の表情はもちろん明るくしたほうが好感度高いけど、髪の毛にボリュームがあると、見た目の年齢も断然若く見える。髪が薄いっていうのは、男性だけじゃなく、女性でも老けてみえる大きな原因。

 

男は中身で勝負、外見なんて関係ないって言いたいところだけどね、でも外見にあまりにも無頓着だと損をすることが多いのも現実だし。育毛ケアしないで薄毛をそのままにほっとくと、なんだかどんよりしたイメージを漂わせてしまうことがあるから注意。

 

いつまでも現役で溌剌としたイメージを目指すには、やっぱり育毛ケアが不可欠。せっかくこれまで頑張って髪の毛に良いこと続けてきたのに、60代に入った途端に、ひのき舞台から下りたみたいに、急に何もしなくなるっていうのは、絶対に勿体ない!育毛ケアは年代に関わらず行うべし。

 

60代からでも育毛ケアは遅くない

60代の育毛ケア

ある統計を見ると、60代で薄毛になる人の数は、薄毛になる人全体の約5割にも上るらしいことが分かる。だから50代まで大丈夫だからって無警戒に安心してると、60代になってから痛い思いをすることもあり。60代で急激に薄毛が進行するのはなぜかというと、男性型脱毛症と合わせて、老人性脱毛症も発症してることがあるせい。

 

「老人性脱毛症」とは60代以降の人に見られる脱毛症で、男性型脱毛症と異なる点は、髪の毛だけでなく体全体の体毛が薄くなるというもの。これは加齢によって生じる典型的な症状で、薄くなった皮膚は乾燥しやすく、抜け毛も当然増えてくる。エイジングは肌のバリア機能を低下させるから、乾燥した頭皮や皮膚は外部からの刺激に対して弱くなる。

 

頭皮をいたわるケアを中心に

育毛ケアを始めよう

というわけで、男性型脱毛症に加えて、エイジングの影響もあるせいで、他の世代に比べて薄毛になる人の割合が格段に増えるのが60代。60代の育毛ケアはそのへんのことを押えた上で行うようにしたい。まず注意してもらいたいのは、エイジング対策も合わせて行うこと。食事にも気をつけ、ヘルシー且つ滋養のあるものを摂るようにするといい。

 

皮膚が乾燥するのは、皮脂分の分泌が極端に少なくなるから。
頭皮が適度な保湿力を保てるように、シャンプーは出来るだけ肌に優しいものを使い、洗いすぎて皮脂を取り除きすぎないように気をつけること。熱すぎるお湯を頭から浴びるのも、頭皮を乾燥させる原因になるから要注意。育毛剤や育毛サプリに合わせて、このような点にも配慮していくと、60代の育毛ケアは万全に!

 

→栄養補給も兼ねて育毛サプリはいかがですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛グッズ総合人気ランキングランキング

ランキング一覧へ 育毛剤の基礎知識 育毛シャンプーの基礎知識 育毛サプリの基礎知識 女性用育毛剤の基礎知識