50代の薄毛の特徴と対策法を考える!

50代の育毛ケア

毛太の職場の上司に40代までは髪ふさふさだった人がいます。「…だった。」と過去形であらわしたのはそう、その人なんと50代の半ばにして急に薄毛が進行しちゃったわけ。

 

40代まではほんとに髪ふさふさですごく若々しかったのに、50代の半ばになって急に頭頂部から薄くなったっていうパターン。本人もそれまで薄毛の人について、結構辛辣な発言繰り返してただけに、自分も薄毛の仲間入りをしちゃって、本当に周りから見ても気の毒なほど、一時は元気がなくなってた。で、それからどうなったというと、このままにしとくと駄目だと思ったみたいで、育毛ケアしてるっぽい。

 

どうして分かるかというと、最初に薄くなったな、と気付いたときから、もうすでに一年以上経過してるけど、薄毛の状態は進行してないし、ここ数ヶ月に至ってはなんとなく盛り返してきた感もある。

 

どんな育毛ケアしてるか聞いてみたいけど、上司だしね、育毛剤、何使ってますか?とかいきなり聞けないし。育毛活動のプロを自任する自分としては、この件ものすごく気になったので、社内の情報通に聞いてみたところ、育毛剤使ってるらしいことが確認できました!

 

薄毛により年齢より老けて見られることも

50代の育毛ケア

やっぱり薄毛をそのまま放置しておくのって、やばいよね。この上司もほんとうはもうちょっと早い時期から育毛ケア始めるべきだったと思うけど、これまでふさふさだったからたぶん油断してたんだと思う。薄毛が怖いなと思うのは、こんなふうに50代の半ばでもいきなり急にはじまっちゃうことかな。50代なんて、ある意味ハゲてて当たり前って思ってる人もいるかもしれない。

 

30代や40代で薄毛っていうのは、自分に対しても周囲に対しても言分けがつかないから、この時期に薄毛の兆候があるとちゃんと育毛ケアする人がほとんどだと思う。でも50代の薄毛はもうしょうがないじゃないか、とばかりに開き直ったり、下手に抵抗しても無駄、と諦めたりする人もいるけど、ちょって待って!ここで諦めるとこれから先の人生、ずっと「薄毛の人」として生きていく羽目になるから。

 

薄毛って言うのは確かに外見上のことに過ぎないけど、たったこれだけのことでなんとなくこれからの人生をたそがれて生きていくのは、損なのでは?50代で初めて薄毛になったという人も、なんとなくその兆候はその前にもあったという人も、50代だからと諦めず、積極的な育毛ケアで責めていきたい!

 

体をいたわりつつ育毛ケアも忘れずに

育毛ケアを始めよう

まだまだ若いとはいえ、そろそろ加齢による影響も体のいろんな部分に出てくる時期。会社で責任ある地位にある人は、当然ストレスも多いし、休みの日にも仕事しなきゃいけないほど多忙な毎日を送ってるはず。これまでと同じように体を酷使していると、頭皮や皮膚の状態も悪くなるのは当たり前。たまにはゆっくり体を休め、出来るだけ体に良いことを行うように努力しないと。

 

育毛ケアとして育毛剤を使うのはもちろん、疲労回復や精力増強に効くサプリなども併用するようにしたい!50代にもなると、これまで髪質が太くて固かった人も、だんだん細く柔らかくなりがち。頭皮の血行を促進させるタイプの育毛剤を選ぶようにすると、抜け毛防止だけでなく、髪質の改善にもつながる!

 

→50代におすすめの育毛剤はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛グッズ総合人気ランキングランキング

ランキング一覧へ 育毛剤の基礎知識 育毛シャンプーの基礎知識 育毛サプリの基礎知識 女性用育毛剤の基礎知識