AGAは男性の薄毛の代名詞?ハゲとの違いは?

AGAとハゲの違い

 

AGAはもはや男のハゲの代名詞。AGA治療に、AGAクリニックと、薄毛が気になる人だったら、嫌でも毎日目にしてしまう言葉。AGAという用語が定着する前は、男性の脱毛症は単なる「薄毛」「ハゲ」と一まとめにされて終わっていたけどね。今では、男性の脱毛症=AGA、そんな定義が成立したような?ハゲとAGAって同じなの?と聞かれることあるけど、みなさんならどう答えますか?

 

育毛やってる人ならもう当然分かってると思うけど、答え:ハゲとAGAはイコールじゃありません!方程式であらわすと、ハゲ>AGA。ハゲの人全員がAGAっていうわけじゃない。自分のハゲがAGAかどうか知りたい方は、まずAGAとは何なのか?この点をきちんと理解しないとね!

 

というわけで、今回のテーマは「AGA」。AGAのことなんて、今さら人に聞くのも恥ずかしい…という方必読!知ってるようで、実は知らないことも多いAGAの全貌に迫ってみよう!

 

育毛界を席巻したAGA

 

AGAなんていう言葉のなかった時代もあったのに、今では薄毛の治療というと真っ先にAGA治療を思い浮かべるくらい、AGAは世間一般に浸透。薄毛や育毛の話をするときにも、AGAの説明は欠かせない。AGA治療を行う専門クリニックの数も増加する一方で、AGA治療は、全国津々浦々どこにいても受けられるまでに成長。

 

そもそもAGAが一般に広く知られるようにきっかけは、テレビコマーシャル。テレビコマーシャルって、見る気のない人でもついつい見てしまうし、短い時間内に伝えたい内容が凝縮されてるから、インパクトがすごい。テレビコマーシャルの内容って、覚えるつもりないのになんとなく覚えてしまってるときあるよね。

 

AGAについてもそんな感じで、なんとなく中途半端な知識はいっぱいあるんだけど、だから改めてAGAって何?と言われるとはっきりとは答えられない…そんな方も多いと思うんで、今回はAGAとは何か?AGAの定義を詳しく説明してみます!

 

AGAとは?

 

Androgenetic Alopecia、略してエージーエー。Androgenetic は男性ホルモン、Alopeciaは脱毛症。というわけで、言葉の意味だけで言うと、男性ホルモンが関わっている脱毛症のこと。要するに男性型脱毛症のことだ。なーんだ、やっぱり男の薄毛のことじゃないか?と思った方も当然いるだろう。しかしさっきから言ってるように、AGA=ハゲじゃない。円形脱毛症や子供の脱毛症、皮膚病による脱毛症などは、AGAの範疇外。薄毛は薄毛でも、年齢とともに進行していくもの、男性ホルモンと密接に関わっているもの、これがAGAだ!

 

AGAの特徴とは?

 

ここでAGAの特徴をおさらいしておこう!当たり前のようなことだが、一応念のため。AGAの特徴その@は、そのままにしておくと進行していくこと。つまりいったん始まるとどんどん状況が厳しくなるってこと。もうひとつの特徴は薄毛の始まりが思春期以降にあらわれること(特徴A)。20代や30代の薄毛はこれまで単なる「若ハゲ」と呼ばれ、中高年のハゲと区別されてきた。

 

しかしAGAの概念では若ハゲも中高年以降のハゲもまったく一緒。AGAの定義では、薄毛の始まる時期は思春期以降。若ハゲでも中高年でも、とにかく思春期以降にあらわれて、特徴@と次に挙げる特徴Bを備えたものはAGAの可能性が高い、と覚えておこう。

 

特徴Bは抜け始める場所。AGAの大きな特徴は、額の生え際と頭頂部、この二つの部分から抜け始めることだ。抜け始めるパターンは両方一緒にハゲることもあれば、片方から始まって、どんどん他の部分を侵食していく場合もある。M字はげ、O字はげというのは、まさにAGAの典型的なパターンなわけ。

 

AGAの場合、薄毛の始まりは髪の一部分から起こるから、ここが女性に多いびまん性脱毛症とのいちばんの違う点になります!びまん性脱毛症は、髪の毛全体のボリュームが感じられなくなる症状だが、AGAの場合は最初は額の生え際・頭頂部から薄くなっていく…AGAの三大特徴はこんな感じだ!書いていても思うけど、まさにこれぞ男の薄毛。この三つの特徴に思い当たる方は、AGAのセルフチェックに進んでみよう!

 

20代でも安心できない?!AGAセルフチェックで早期発見!

 

放置しておくと、どんどん薄毛化が進行していくAGA。これだけ医学や医療技術が発達してるんだから、治療だけじゃなく、予防も可能にしてもらいたい!と思うが、医学に基づいた100%確実な予防法というのは、今のところない。AGAの原因のひとつは遺伝的な要因にあるから、やっぱりAGAが発症しないように完全に阻止するというのは現段階では難しい…

 

だからといって何もしないでいるのも不安。なんでもそうだが、早期発見したほうが対策や処置も取りやすい。まだ20代だからといって油断していると、水面下で薄毛がじわじわ進行する羽目に!抜け毛や細毛は薄毛の前兆。抜け毛や細毛が気になる人は、今すぐセルフチェックで自分の現状を把握しておこう!

 

  • 抜け毛が最近増えた
  • 髪が細く、柔らかくなった
  • 額が広くなった(生え際の後退)
  • 頭頂部のボリュームがない(頭頂部の薄毛化)
  • 父方・母方の祖父母がはげていた

 

こんな項目に心当たりのある方は、今からでも遅くない!髪の毛と頭皮に良いこと始めてみよう!

 

AGAの原因は男性ホルモン?

 

年齢とともにじわじわ進行していくAGA。いったん始まるとなし崩し的にどんどん薄くなっていくのが悲しいところ。だけど、AGAって、みんながみんななるわけじゃない。AGAになる人とならない人がいるのはなぜなのか?AGAが始まる時期が人それぞれ違うのはなぜなのか?AGAは予防できるのか?など、AGAについてはまだ分からないことも多い。

 

男性ホルモンと遺伝的要因、この二つが関わってるのははっきりしてるけどね。髪の毛の成長を妨げる仕組みについては分かってて、外用薬と内服薬を用いた治療法もすでに確立されてる。予算さえなんとかなれば、AGA治療を受けてみたい気もするけど、専門クリニックでのAGA治療はお金も時間もかかりそうだ…

 

AGAとハゲに違いはあるのか?まとめ

まとめ

AGAとは何か?とまとめにはならないんだけどね、知り合いに一人面白い人がいて。頭はもうかなりハゲてるんだけど、育毛にはまったく興味なし。年齢は50代半ば。まあハゲてても仕方ない年齢といえばそうなんだけど、ここまでさっぱり思い切ってる人も珍しい。髪型に気を使うわけでもなし。男はハゲてて当たり前、俺のハゲはAGAなんだから、とのこと。なんかかっこいいけど、でもちょっとここまで思い切るのは覚悟がいる。

 

こんなに男気があるのは、ある意味羨ましいとも言えるけど…タレントや有名人ならまだしも、一般人でハゲてるのはよほどのことがないと、ポジティブには評価されない。ハゲてても堂々としてられる、その根性がすごいと思い、「そうですよね、ちょっとくらい薄かったって、別に支障ないですよね。」と言うと、「そうだな、まあ、それはそうだが、でもやっぱりハゲてるよりはハゲてないほうが良いだろう。」とのお答え。なんだ、やっぱりハゲてないほうがいいんだ…としみじみ感じた瞬間だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛グッズ総合人気ランキングランキング

関連ページ

AGA(男性型脱毛症)
ハミルトン・ノーウッド分類
AGAでもかっこいいを手に入れる!AGAに似合う髪型教えます!
じわじわ進行していくAGAの怖さ!あれ?と思った瞬間に育毛対策を取ることが大切
AGAを克服したい方必読!AGAの治療にはどのくらいの時間がかかる?
AGAクリニックで処方される治療薬大全!AGAの治療薬に関して知っておきたいポイントのまとめ!
AGAと年齢の関係について知っておきたいポイントのまとめ
AGA治療はどこで受ける?皮膚科とAGA専門クリニックの違いとは?
男はどうして年を取るとハゲるのか?AGAの原因、徹底解明!
あなたはM字型?それともA字型?脱毛症のタイプと進行について知っておきたい豆知識!
グロースファクター注入で毛髪再生に挑む!グロースファクターについて知っておきたいポイント!
なってからじゃ遅過ぎる?AGAは予防が基本!AGA予防に必要なポイントのまとめ!
AGAの前兆、いくつ言える?AGA予防はAGAの前兆を知ることから始まる!
AGAのセルフチェックの出来るサイトが便利!AGA予防も兼ねて、AGAのセルフチェックをやってみよう!
もしかしてAGAかも?AGAの血液検査について知っておきたいポイントはここ!
AGA治療は副作用がこわい?AGA治療を受ける前に知っておきたいAGA治療のリスクとは?
教えます!AGAの治療法について知っておきたいポイント!AGAの治療法と治療薬のあれこれ!
AGAは早期発見が大切!セルフチェックで薄毛の兆候をキャッチしよう!
AGAの初期脱毛、徹底解説!治療してるのに脱毛が増える理由とは?
AGAは治る?なおらない?どっちがほんとなの?
AGA治療は保険の適用外!保険が使えないのですべて自費になります!

ランキング一覧へ 育毛剤の基礎知識 育毛シャンプーの基礎知識 育毛サプリの基礎知識 女性用育毛剤の基礎知識