日本人にAGAは多い?AGAになりやすい年齢とは

AGAと年齢

 

今回のテーマはAGAと年齢の関係。男性の場合年齢が上がるにつれ、AGAになる確率はどんどん増えていく。自分の周りを見渡してみても、確かに年齢層が上がるのと比例するように薄毛人口は増えていく。60代の後半や70代になったらね、さすがに少々ハゲてても仕方ないかも知れない。でもそれまではなんとかAGAになるのを水際で防ぎたい!これが育毛活動のモチベーションだ。

 

実際のところ、AGAになりやすい年齢というのは何歳くらいだろうか?希望的観測としては60代、70代と言いたいところだが、まだ30代、40代なのに頭が薄い人も大勢いる。AGAになる平均年齢は何歳くらいか?どのくらいの割合でAGAになるのか?日本人は外国人に比べてAGAになりやすいのか?など、気になる点をいろいろまとめてみました!

 

日本人のハゲになる確率ってどのくらい?

 

薄毛人口の統計っていうのは難しい。どう難しいかというと、まず薄毛をどう定義するかによって、統計上の数字はまったく変わってくるから。生え際が多少薄いのは果たしてハゲなのかどうなのか?軽症のM字ハゲはハゲのうちに入るのか入らないのか?この疑問に客観的に答えるのはかなり難しい。これは自分の個人的な意見だけど、ハゲといった場合はM字よりももうちょっと進行してる感じかな?

 

生え際がM字になってる人はAGA。頭頂部が薄くなりかけてる人もAGA。ハゲというと、AGAの初期症状じゃなくて、もっと薄毛が進行して、脱毛部分が広く目立ってきた、そんな感じ?ハゲの定義はともかく、日本人のハゲてる人の割合って、世界的に見て多いのか?それとも少ないのか?他の国や地域と比べてもしょうがないけどね、でも気になったので調べてみました。

 

世界の成人男性の薄毛率について、アデランスが行った調査によると、日本の薄毛人口は世界第14位。予測は付くが上位にランクインしてるのはもちろんヨーロッパの国々。1位チェコ、2位ではスペイン、3位ドイツ、4位フランス、5位イギリスと軒並みヨーロッパの国が制覇。その後も欧米の国々が続き、13位のメキシコについで、日本はお隣の中国・韓国を押さえて14位にランクイン。

 

この順位は結構微妙。上位を占めるヨーロッパの国に比べると、ハゲになる割合は随分小さいが、でもアジア圏の中ではトップ。この結果、どうですか?結構微妙ですよね。上位にランクインしてるわけじゃないけど、でもアジアの中ではトップランナー。このマップを見ると、日本人の成人男性の2.7人に一人は薄毛という計算になる。AGAになる確率は成人男性の約3人に1人。これを脅威と言わずに何を脅威と言おう。日本の男性のAGA人口は12万人とも13万人ともいわれている。さらにAGAになる人の割合は年々確実に増加しているようだ。ここでもうひとつ気になる統計を見てみよう!

 

あなたは薄毛の進行を意識してますか?

 

これは毛髪クリニックリーブ21が2013年に実施した調査で、薄毛の悩みを抱える人の数を調査したもの。薄毛が進行していると思いますか?との質問に対して、「ひどく進んでいる」「進んでいる」「やや進んでいる」と答えた人の数はなんと4200万人!これは男女合わせての数字で、そのうち男性は約2400万人。

 

どうですか、この数字。多い、多いよね、男性の人口の約半数が薄毛が進行していると自覚してる、という計算になる。実際の薄毛の状況がどうあれ、とにかくAGAが進行している人と感じている人は予想をはるかに超えて多いことが分かる。AGA恐るべし。この数字はすでにハゲてる人とAGA発症者(進行中)の合計と思われる。ハゲと予備軍を合わせると実に男性人口の半数が、なんらかの形で薄毛を意識している、という恐るべき結果に!

 

AGAになりやすい年齢は何十代?

 

AGAになる確率は成人男性の約30%。これは成人男性全体の平均値で、当然だが年齢が高くなるにしたがって、AGAにかかっている人の割合は増える。一般的に言って、70代では約60%、60代では約50%、50代では約44%、そして40代では32%と、年代が上に行くほど、AGAを発症している人の割合は多い。30代および20代ではAGAにかかってる人の割合はがくっと減っているが、ここで注目してもらいたいのは、さきほど挙げた薄毛の進行の悩み調査。

 

薄毛の進行に対する悩みの割合は、各年代とも非常に高い!AGAの症状が軽症か重症かは別にして、みんな自分の薄毛の状況を敏感に察知してるな、と感じた。しかも薄毛は徐々に進行している、と感じている人が圧倒的に多い。このことからもAGAの進行性という特徴を思い知らされる。まだ20代や30代だからといって、うかうかしてAGAの兆候を見逃すと後々後悔するよ!髪にボリュームが無くなった、抜け毛が増えたなど、AGAの兆候に対しては普段から目を光らせておくようにしよう。

 

AGAになりやすい年齢についてはなんともいえないが、AGAになりやすい人は20代、30代のときから兆候があらわれるようだ。ここでどのような対策を取るかによって、40代以降のAGAの発症率が変わってくる。40代でAGAになる確率は約3割強。3人に1人はAGA発症ということで、ここでなんとか踏みとどまることが絶対に必要だ。AGA対策なんて50代になってから考えても十分間に合う、と考えるのは非常にリスキー。今日から出来る育毛活動を毎日コツコツ続けることこそ、AGA予防につながる!

 

AGAと年齢の関係まとめ

まとめ

 

「人生60年」と言われた時代はもはや過去のもの。現在の男性の平均寿命は80歳。ここから考えると60代はまだまだ現役だ。だから60代前半ですでに完璧にハゲあがってしまうというのは、ちょっとね、出来れば避けて通りたいものだ。

 

平均寿命のことを書いたのは、現在20代、30代、40代の方への警告の意味を込めてのこと。何もしないでいると、加齢とともにAGAになる確率は高まるばかり。その進行を少しでも遅らせることが育毛活動の精髄だ!AGAの発症には確かに遺伝的な要素も関わっているが、ちょっとした努力でAGAの早期発症を防ぐことも十分可能。遺伝だから、体質だから、どうしようもないと諦めるのはまだ早い!

このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛グッズ総合人気ランキングランキング

関連ページ

AGA(男性型脱毛症)
ハミルトン・ノーウッド分類
AGAでもかっこいいを手に入れる!AGAに似合う髪型教えます!
じわじわ進行していくAGAの怖さ!あれ?と思った瞬間に育毛対策を取ることが大切
AGAを克服したい方必読!AGAの治療にはどのくらいの時間がかかる?
AGAクリニックで処方される治療薬大全!AGAの治療薬に関して知っておきたいポイントのまとめ!
AGAとハゲに違いはあるのか?AGAについて知っておくべきポイント総まとめ
AGA治療はどこで受ける?皮膚科とAGA専門クリニックの違いとは?
男はどうして年を取るとハゲるのか?AGAの原因、徹底解明!
あなたはM字型?それともA字型?脱毛症のタイプと進行について知っておきたい豆知識!
グロースファクター注入で毛髪再生に挑む!グロースファクターについて知っておきたいポイント!
なってからじゃ遅過ぎる?AGAは予防が基本!AGA予防に必要なポイントのまとめ!
AGAの前兆、いくつ言える?AGA予防はAGAの前兆を知ることから始まる!
AGAのセルフチェックの出来るサイトが便利!AGA予防も兼ねて、AGAのセルフチェックをやってみよう!
もしかしてAGAかも?AGAの血液検査について知っておきたいポイントはここ!
AGA治療は副作用がこわい?AGA治療を受ける前に知っておきたいAGA治療のリスクとは?
教えます!AGAの治療法について知っておきたいポイント!AGAの治療法と治療薬のあれこれ!
AGAは早期発見が大切!セルフチェックで薄毛の兆候をキャッチしよう!
AGAの初期脱毛、徹底解説!治療してるのに脱毛が増える理由とは?
AGAは治る?なおらない?どっちがほんとなの?
AGA治療は保険の適用外!保険が使えないのですべて自費になります!

ランキング一覧へ 育毛剤の基礎知識 育毛シャンプーの基礎知識 育毛サプリの基礎知識 女性用育毛剤の基礎知識